悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は変化する」40話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

冬の遠征に出かけたウィンターナイトの一行。封印の門に到着し、いよいよ冬を切り取る作業に入ります。エルザは魔法球に魔力を満たす役割を担うことに。その頃アルンデルの新しい主はロベリアへと向かい・・・。

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら

悪女は変化する40話の見どころ・考察予想

封印の門をくぐり、レンたちは冬の心臓のある場所まで進んでいきます。

冬の心臓が完全に再生する前に壊す必要があるからです。

 

その頃エルザは門の前で魔球に魔力を注入していました。

しばらくしてレンたちが戻り、無事に封印をすることができ、春を迎える準備ができたと喜ぶ一行。

 

エルザにとっても初めての遠征で、レンと一緒に迎える初めての春に心も躍るのでした。

 

ウィンターナイト城に戻ってきたエルザは、これまでのことを考えています。

 

ここに来たばかりのこと、それまでに背負ってきたもの、そしてレンと過ごす中で変わってきた自分の気持ち。

 

そしてエルザはアイラに新婚初夜に来ていたナイトウェアを用意するよう指示しました。その意味とは・・・?

悪女は変化する40話のネタバレ込みあらすじ

封印の門が開かれ強い吹雪の中レンたちが前へと進んでいきます。

中央には黒い塊があり、遠征が初めてであるエリーナにあれが冬の心臓だとレンが説明しました。

封印再び!レンとエルザ、二人で作った初めての春

冬の心臓が完全な姿になると冬の封印が解かれてしまい、それを阻止するのが冬の遠征の目的です。

レンが、自分が心臓を破壊するから道を作るようにエリーナたちに指示を出しました。

 

門の外ではエルザと魔球に魔力を込めるために残った騎士たちが、レンたちの帰りを待っています。

魔力を込めている間もレンを心配するエルザ。

そんなエルザに副団長が大公は誰よりも強いから心配はいらないと声をかけます。

 

そのとき、急に魔力の注入が楽になったとエルザは感じました。

中での任務がうまくいったようだと言われ、エルザはほっと胸を撫でおろします。

 

すると、門からレンたちの姿が。

門が再び閉められ一瞬で雪に覆われていた大地に草木が現れます。

 

本当に冬が終わったんだとエルザは実感しました。

春を迎える準備ができたのです。

 

岩の隙間から芽吹く小さな芽を見つけて、エルザはしゃがみこみました。

レンがやってきてウィンターデイの芽だと言ってエルザの横に並んでしゃがみます。

 

私たちが一緒に作った春なんですね、とレンとエルザは一緒に新芽を愛でるように包み込むのでした。

これが私のご主人様!ウキウキエリーナ

遠征隊は無事にウィンターナイト城に帰還しました。

みんな温かく迎え入れてくれます。

 

エリザはさっそく入浴をしますが、疲れているだろうエリーナが世話をしてくれるので休んで良いとエルザ。

自分のお世話をさせてくださいと言うエリーナに、ありがとうとエルザもにっこり微笑みました。

 

エリーナは遠征中のエルザの勇敢な姿を頭に描き、美しくて優しくて誰よりも強いエルザが自分の主人なんだと誇らしく思うのでした。

 

その日の香油にスノーウィングを選んだエルザ。

湯に浸かりながら、今日までのことを思い返していました。

初夜のナイトウェアに身を包むエルザ

リリエルの代わりにウィンターナイトに嫁ぐと言った日、顔も知らない人に嫁ぐなんて信じられないと言ったリリエル。

 

ロベリア皇帝に、この結婚は国益のために寄与できる機会だと言われたこと。

そして、初めてレンと会ったときのこと・・・。

 

今まで自分に向けたレンの言葉や表情を反芻するエルザ。

エルザは、結婚式の夜に来たナイトドレスを着たいとアイラに言いました。

 

ことを察したアイラは、興奮気味に「かしこまりました!万全の準備をいたします!」と張り切ります。

その横でエリーナはぽかーんと・・・。

 

その夜、寝室で変わらずエルザを労わってくれるレンの胸に、そっと顔をうずめるエルザ。

レンはエルザをぎゅっと抱きしめます。

 

エルザが、ウィンターナイトに来た日に「愛を捧げられない」と言ったことを持ち出し、人生で一番の大ウソだったと言いました。

 

レンも同意し、バカげていたと言います。

 

愛がこんなに心を満たしてくれるなんて知らなかった、とエルザが言い、このナイトドレスを覚えているかと尋ねました。

 

エルザは、今の気持ちのままでもう一度あの夜に戻りたいと頬を染めます。

愛らしいエルザの姿に胸が高鳴るレン。

 

エルザを抱きかかえベッドへ。

愛してるエルザと優しく囁きます。エルザも愛していると応えるのでした。

悪女は変化する40話の感想&次回41話の考察予想

冬の遠征は何事もなく無事終わりましたね。

アルンデルはまだ完全復活とはいかなかったようです。

 

ウィンターナイト城に戻ったエルザたちもしばしの休息です。

大公妃としての大仕事を終えたエルザは、改めて嫁いできた日からのことを思い返していました。

 

あの頃と自分の気持ちが大きく変わっていることは分かっているし、レンもまた同じだと知っています。

もう一度最初から、って考えるエルザ、すごく可愛いですね。

 

アルンデルとクロッカス家の関係など、気になることはありますが、少しの間は二人の穏やかな生活が続けばいいな、と思いました。

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』40話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『悪女は変化する』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!