公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピは原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」46話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ポートナム夫人の招待を受け、夫婦同伴で出かけたクロエ。久しぶりの外出で羽目を外し過ぎたクロエは酔っぱらってフリーハグを始めてしまいます。まだ帰りたくないと駄々をこねるクロエにアルフォンスはキスをして・・・。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ46話の見どころ・考察予想

酔っぱらったクロエを抱きかかえて屋敷に戻ったアルフォンス。

そのまま寝室まで運びました。

 

しどけない様子のクロエに欲情を覚えるアルフォンスですが、どこかにそんな自分を蔑む自分がいました。

そのまま寝室を出て行こうと思っていたアルフォンスを、クロエは引き寄せ・・・。

 

甘い夜を過ごしたはずなのに、朝起きるとアルフォンスの姿がなく、一人で目覚めたクロエ。

すぐ戻ってくると思っていたのにアルフォンスは外出してしまいます。

 

その上夕方帰宅してもそのまま執務室へ行ったと聞いて、クロエは自分から会いに行ってやる!と拗ねながらアルフォンスの元へ向かうのですが・・・。

 

拗ねたクロエがとても可愛い46話です。そしてアルフォンスからは嬉しい知らせも!

公爵夫人の50のお茶レシピ46話のネタバレ込みあらすじ

帰りの馬車の中で、クロエはまだ拗ねています。

衆目の面前でキスしたことを照れているのですが、もっと遊びたかったのに、と・・・。

酔ったクロエを寝室まで運ぶアルフォンス

いつまでも駄々をこねているクロエに、アルフォンスは口を塞ぐようにキスをしました。

 

そのとき、屋敷についてしまったのでポートナム邸がもっと遠ければよかったのに、と舌を鳴らすアルフォンス。

 

降りようとしてもクロエはアルフォンスの襟を掴んで離しません。

アルフォンスがクロエを抱きかかえて屋敷に入ってきました。

 

クロエが酔っていることは使用人には丸わかりですが、人を呼ばないで公爵自信が抱えてきたことに驚いています。

 

侍女がクロエの部屋に行った方がいいかキエルに耳打ちしました。

キエルはアルフォンスが出てくるまでは部屋に入らないように指示するのでした。

一人で目覚める朝、クロエは・・・!?

アルフォンスはクロエをベッドに降ろしその寝顔を見て苦悶していました。

自分の中に芽生えた欲望に戸惑っているのです。

愚かな感情に溺れてみっともないマネをしているとさえ感じていました。

 

クロエの唇に自分の指を這わせるアルフォンス。

クロエがぼんやりと目を開けました。

 

そのとき、アルフォンスの中に「醜悪だな」というもう一人の自分を感じ、お休みなさいとクロエの額にキスをして離れようと・・・。

 

するとクロエが手を伸ばしアルフォンスを引き寄せ、ベッドに押し倒すとキスをしました。

頬を染めてアルフォンスを見つめるクロエ・・・。

 

翌朝目が覚めたクロエは一人でベッドにいることに気づき、昨夜は夢だったのかと思います。

それにしてもリアルな・・・と体を起こした時全身に痛みが!

 

夢じゃなかったと実感するクロエ。

アルフォンスをもすぐ戻ってくるだろうと思っていました。

 

ところが、時間が経ってもアルフォンスは戻ってきません。

クロエはかなりむくれています。

 

夕刻になってようやくアルフォンスが戻ってきたと知らせを受けますが、そのまま執務室に行ってしまったと聞いたクロエ。

 

頭にきて、自分から会いに行こうとアルフォンスの執務室に向かいました。

拗ねるクロエにプレゼント?

執務室に入ったクロエを見るなりアルフォンスが、どうしてそんなに口をとがらせているのかと聞いてきました。

 

第一声がそれかと余計にクロエは頭に血が上ります。

 

ドスンとソファに腰を掛け、ずいぶん遅かったですねとクロエが言うと、お待たせして申し訳ありませんと言うものの、アルフォンスは明らかに目を合わせるのを避けています。

 

公爵様、とクロエはわざと他人行儀に呼び、あのようなことがあった後一人で目を覚ます朝は寂しくて不安だと胸の内を売り開けました。

 

公爵様と自分は夫婦なのだからこれからは何も言わず居なくなって遅く帰ってくることは止めて欲しいとクロエは努めて冷静に告げます。

 

アルフォンスは素直に一人にして申し訳ない、二度とこのようなことがないようにすると焦った様子。

しかし今日は遅くなった理由があると言って契約書をクロエに渡しました。

 

それは皇宮に茶葉を提供すること、そして皇宮の侍女に茶の淹れ方を教育するという内容が書かれています。

驚くクロエ。

 

気にって頂けるといいのですが、と言うアルフォンスにありがとう!とクロエが抱きつきました。

クロエを抱きしめたまま、気に入ってもらえて嬉しいですとアルフォンス。

 

そして、契約違反に関しては怒っていないようで安心しました、と耳元で囁くのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ46話の感想&次回47話の考察予想

お酒に酔って甘えるクロエ、可愛いです。それに積極的!

 

アルフォンスはいまだに過去のトラウマに囚われているような場面もありましたが、急いで出かけたのには理由があったんですね。

 

それにしてもメッセージのひとつくらい残してもよかったのに。

クロエのもやもやもわかります。

 

もうひとつの契約とは、結婚のときの「寝室を共にするのは月に1度」というアレですね。

お互い愛情たっぷりなのだから、もういいですよね。

 

クロエのためにアルフォンスはいろいろ動いてくれていて、理想の旦那様という感じになってきました。

ますますクロエが忙しくなってしまうと思うのですが、それでも喜ぶ顔が見たいのでしょう!

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』46話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『公爵夫人の50のお茶レシピ』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!