ゴッド オブ ブラックフィールドネタバレ

漫画「ゴットオブブラックフィールド」は原作雲先生、漫画SIN先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ゴットオブブラックフィールド」45話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

恭弥は自分のまわりにいる人間、スミセン以外の人たちに脅迫メールが来ている事がわかります。

スミセンにシャフランの裏に誰がいたのか問いただすも、わかりません。

そんな時、神代の部下の五十嵐がやられて入院していることを知りました。

≫≫前話「ゴットオブブラックフィールド」44話はこちら

ゴットオブブラックフィールド45話の見どころ・考察予想

スミセンに脅迫メールがきていないという事はスミセンが絡んでいない山本組が恭弥たちを脅迫しているとしか

考えられません。

でも、山本組ではないような気がします。

別の何かがバックで動いているような。

 

山本組だったら神代たちが対処するでしょうし。

それ以外の可能性を恭弥が対処していくことになるでしょう。

 

まず恭弥1人で自分の周りみんなを守れないので護衛をつけるはず。

そして怪しいところには自分で飛び込んでいくのではないかと考えています。

ゴットオブブラックフィールド45話のネタバレ込みあらすじ

神代からの電話

神代の電話で五十嵐の怪我を知った恭弥。

神代が言うには山本組にやられたかもしれないとのことでした。

 

もし、山本組が恭弥たちに脅迫メールを送っているとしたら、スミセンに送られていない事も納得しました。

神代は五十嵐のやられ方があまりにも酷く、普通の構成員の仕業とは思えない事を知らせます。

 

そして恭弥が断ろうとも神代の部下を送ると言う神代。

あまりにも優しい行動に恭弥は自分たちに脅しのメールがきていることを話すのでした。

 

五十嵐は恭弥の話をきき、自分たちの問題であるので恭弥に手を出さないように指示しました。

恭弥は五十嵐が残っている山本組のメンバーを倒してくれることをありがたく感じます。

学校では...

次の日学校へ行くと、ダエルが大量の運動用具を購入していました。

ダエルは警察のサイバー犯罪課を使いメールのもとを調査してもらっていました。

 

が、そのそばで、ダエルの携帯が鳴りまた脅迫メールがきたのでした。

警護を依頼する恭弥

ダエルからの食事の誘いを断り恭弥が学校帰りにカフェにいました。

会ったのは先日、恭弥が周りの人間の警護を依頼した警備会社の社長だったのです。

 

警備会社の社長である京極と岩田という部下2人と会う恭弥。

高校生である恭弥を見て驚きながらもそれを表に出さずに話を進めて行く京極。

脅迫メールだけで依頼してくるとは何かあるのであれば話してほしいと恭弥に尋ねる京極。

 

恭弥は断定できないがもしかしたら暴力団の仕業かもしれないと話したのでした。

そして警護以外はいらないと言う恭弥に対して、部下の岩田が暴力団と知り合いがいるから全てを話すようにと

バカにするかのように言ったのです。

 

恭弥の雰囲気が一変しました。

その雰囲気に気づいた京極はすぐに岩田の愚行を止めて、謝罪をしました。

恭弥は送信元を調べる事、ダエルは特に気をつけて警護するよう依頼します。

 

恭弥が去ると京極が岩田を叱るようになぜ、恭弥の雰囲気に気づかないのかと。

恭弥はすでに人を殺したことのある雰囲気が出ていて、非武装王とよばれる者と同じであると。

フランス大使からの電話

家に戻った恭弥の携帯に見たことのない0が4つ並ぶ番号から電話がかかってきます。

知らない番号とはいえ電話に出る恭弥。

 

相手はフランス大使のラノックでした。

会いたいというラノックに恭弥は電話で済むと断ります。

ラノックはどうしても会いたいので会いたくなる一言をのべると言いました。

 

そしてシャフランが生きていると恭弥に伝えました。

恭弥はすぐにラノックに会いに行くのです。

ゴットオブブラックフィールド45話の感想&次回46話の考察予想

シャフランが生きている???まさかとは思いました。

恭弥の手で殺したのは間違いないです。

最後に生死確認も、あの恭弥ならするはずですよね。

 

してないのでしょうか??

それともシャフランも恭弥やダエルのように別の人間に変わったのかなとか色々想像してしまいます。

恭弥が急いでラノックに会いに行ったので、早く先が知りたいです。

 

さて、暴力団員なのにも関わらず恭弥の世話を焼きたがる神代。

なんか優しいし憎めないですね。

 

そして恭弥。

自分に関わる人間に全員守れないために警護をつけるところ責任感があってすごいなと感じてしまいます。

まとめ

今回は漫画『ゴットオブブラックフィールド』45話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

神代の部下の五十嵐がやられました。

で、脅迫メールを送ってきた相手が山本組かもしれないという説が出てきました。

そこで、恭弥は山本組の相手を神代にさせます。

恭弥は自分のまわりにいる人間を全員守れないので、優秀な警部会社に依頼するのでした。

そんなとき見知らぬ番号からの着信にでると、フランスの大使からでした。

シャフランが生きていると言われたのでした。

 

『ゴットオブブラックフィールド』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫次回「ゴットオブブラックフィールド」46話はこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!