私を捨ててくださいネタバレ

漫画私を捨ててくださいは原作JAEUNHYANG先生、漫画chero先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「私を捨ててください」38話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

公爵家から連れ出しましたアデルを連れ出したヘクシオン。二人は大公家に向かう馬上で話を弾ませます。アデルの本名を知っているクァルンに嫉妬するヘクシオンとカレナの日記を見たことを告げた時のヘクシオンを思いやるアデル・・・。そしてアデルは大公家の門をくぐるのでした。

≫≫前話「私を捨ててください」37話はこちら

私を捨ててください38話の見どころ・考察予想

大公家にやってきたアデルを執事たちは温かく迎えます。

 

ヘクシオンが疲れたら自分のところに逃げ込んできてくださいと言った言葉は本当だったと、整えられた部屋を見てアデルは思いました。

 

執事のオーランドから、大公妃となるのだから使用人には気を遣わないようにと言われ、改めて自分で選んだ道なのだからとアデルは気を引き締めます。

 

家の中でも手袋を外さないヘクシオンに、不便ではないかと聞くアデルに、ヘクシオンは意外なことを言うのでした。

私を捨ててください38話のネタバレ込みあらすじ

ヘクシオンの屋敷に着いたアデル。

挙式の日付を話し合うと言って出て行ったのに美しいレディと共にお帰りになるとは、と執事が言いました。

 

事情により今日からここで過ごすと伝え、紹介しようとするヘクシオンですが名を告げることに躊躇します。

察したアデルが「カレナ・ビフタです」と自ら名乗りました。

アデル嬢と呼んでも・・・?

公爵邸を離れてもカレナと言う名前からは逃れられないのかとため息をつくアデル。

執事のオーランドは、そんなアデルの表情を読み取り、幼名があれば教えてほしいと言いました。

 

アデルと名乗ると、自分たちだけの時はそちらで呼ばせていただくと言います。

アデルは思いやりのある人だと感心し、素直にありがとうと言いました。

 

ヘクシオンに着替えが済んだらゆっくり休んでくださいと言われ、自分がパジャマ姿だったことに気がついたアデル。

 

さらに、お風呂に1週間入っていないことにも気づき大ショック!

馬上ではぴったりヘクシオンと密着していたからすごく恥ずかしくなりました。

 

すぐにオーランドに入浴の準備を頼むのでした。

アデルの為に用意された部屋

案内された部屋はきれいに整えられていて、すぐに使えるようになっていました。

 

大公がとても気を遣っていたと言われ、オーランドも私が来るのを前から知っていたのかとアデルが尋ねると、いつか疲れ果てた誰かが駆け込むかもしれないからしっかり管理しておくように命じられていたと言います。

 

ヘクシオンが本当に自分のために準備してくれていたのだと温かい気持ちになりました。

 

そして、その命令に真摯に従うオーランド、ヘクシオンの周りには素晴らしい人がいるんだと感じます。

 

退室する間際、オーランドはアデルに私共には気軽にお話しください、と言いました。

それは敬語を使うなという意味です。

 

慣れていないと正直に言うアデルに、ゆっくりでかまわないとオーランド。

しかし、大公妃になられるお方だと丁寧に諭しました。

 

アデルも、これからは偽の公女や操り人形ではなく、自分が選んだ人生を生きるんだと気を引き締めます。

オーランドに努力すると伝えました。

垣間見えるヘクシオンの心の闇

入浴を済ませやっとひと心地ついたアデル。

ここの侍女たちは親切過ぎてどう接すれば分からない、とちょっと戸惑っています。

 

するとヘクシオンが食事の準備ができたとアデルを呼びに来ました。

 

侍女に頼めば良いのにと、ヘクシオンが自ら呼びに来たことにアデルが恐縮すると、レディの傍に居るだけで体が楽になるからと笑顔を見せます。

 

この前みたく何かしたわけではないのに本当に?と不安そうにアデルが聞くと、本当に薬がなくても苦しくないとヘクシオンが言いました。

 

歩きながらアデルはヘクシオンに部屋はどこにあるのかと尋ねると1階だと答えるヘクシオン。

 

普通は主の部屋は2階にあるのにと不思議がるアデルに、夜になるとうるさいので・・・とヘクシオンが答えます。

 

どういうことだろうとさらに不思議に思うアデル・・・。

 

食卓には豪勢な料理が並んでいました。

食事中も手袋をしているヘクシオンに、家でもずっとしているのかとアデルが聞くと変ですか?とヘクシオンが聞き返します。

 

不便でしょう?家でなら外しても良さそうなのに、とアデルが言うと、他人に不快な思いをさせたくないとヘクシオン。

 

ここの使用人も高い給料に惹かれただけで好き好んでこの屋敷にいる者はいない、と言うのでした。

私を捨ててください38話の感想&次回39話の考察予想

アデルはオーランドや侍女たちが自分に対して親切だと思っていますが、丁寧に接するのは当たり前です。

公爵家の侍女がおかしかったんだと思います。

 

公爵たちがアデルに対して酷い扱いをしていたからと言って、味方が一人もいなかったのは気の毒ですね。

もっとも、そういう侍女がいても夫人あたりがクビにしていたのでしょうけど。

 

ヘクシオンは使用人たちのことを信頼しているわけではなさそうですね。

給料が高いから、と・・・。

 

カロット病は原因不明の不治の病で、悪魔と取引したなんて言われているから使用人たちも嫌々働いていると思っているようです。

 

本当はどうなのでしょう?

オーランドの態度からはそんな風には感じられなかったけど、これからの展開で明らかになっていくでしょう。

まとめ

今回は漫画『私を捨ててください』38話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『私を捨ててください』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫次回「私を捨ててください」39話はこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!