かりそめの公爵夫人の韓国版ネタバレ

漫画「かりそめの公爵夫人」51話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人51話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

宮殿に戻ったイヴォナは、書庫に入る許可をもらい、伝染病の記録が残っていないか調べます。

クロードの助けもあり、ついに広い書庫の膨大な蔵書数のなかから伝染病の記録と思われるものを見つけ出すことができたのでした。

ついに見つけた治療薬

見つけた記録には、大昔に流行った伝染病とその後に流行った伝染病についての記述がありました。

 

どちらも同じ症状が見られ、大昔に流行った際には人から人へ移らず感染も広がらなかったものの、二度目の流行時には虫が媒介したことで感染が広がったようだ、と書いてありました。

その記述を見たイヴォナは、今回の伝染病と二度目の伝染病が同じものだと確信を持ちます。

 

さらに、フェイランが見つけた研究レポートには未完成ではあるものの治療薬の作り方が残っていました。

もし完成させることができれば、長期的に服用することで伝染病を完治させることもできるのではないかと彼は言います。

 

治療薬の開発は上手くいけば多くの人を救える可能性がある反面、神殿からは猛反発を受けることが間違いないことでした。

神殿が認めているのは薬を塗ったり、痛みを和らげる果物を摂る程度の治療のみ。

 

気が重くなるイヴォナでしたが、心配しないで開発を進めて、というクロードの言葉に勇気づけられます。

新薬の開発に取り掛かったイヴォナ

早速、治療薬の開発に取り掛かるイヴォナは、サリーには知らせずに手紙を送るようマチルダへ頼みます。

彼女にはまだ何か考えがあるようです。

 

そんなイヴォナのもとへ、薬草市場が上手く回っていないため必要な薬草が手に入らないという報告が入ります。

しかし彼女が契約している神獣たちの力をもってすれば、魔力で薬草を準備することはとても簡単なことなのでした。

イヴォナの働きかけによる治療の拡大

一方、皇宮では各地から上がってくる報告を見た皇帝が怒りを抑えられない様子。

浄化の彫刻が各地で効力を発揮せず、伝染病が広がっていることに焦りを覚えているのでした。

 

そのとき、皇帝は北部のみ感染者数が減っていることに気が付き、訳を尋ねます。

北部では神聖力ではなく、薬草を用いた独自の治療薬を開発し、拡大を抑えているという報告に目を丸くした皇帝。

 

そのうえ召喚術を用いて治療薬の開発と製薬を請け負っているのが、公爵夫人であるイヴォナひとりだと聞くとさらに驚きが隠せないのでした。

イヴォナは治療薬の製造方法とともに、各地の召喚師を集めて帝国全体で治療に取り掛かることを提案した文書を送ってきていました。

 

その文書を目にした皇帝は非力だった神殿へ怒りを露わにするとともに、すぐにイヴォナの言う通り召喚師を集めるよう動き出しました。

招集されたガスパールギーズ男爵

皇帝の招集状は、病気で療養中のガスパールギーズ男爵のもとにも届きました。

黄金の召喚師と呼ばれた彼に指揮を執らせ、薬草の栽培に当たるよう命じたのでした。

 

突然のことに動揺を隠せない男爵は、何とかして治療薬の製薬の指揮を避けようと右往左往します。

しかし、皇帝陛下が無理をしてでも参加しろと命じた直接の招集命令は避けられるはずがないのでした。

 

苦し紛れに副作用の可能性を持ち出した彼は、新薬を開発したのがイヴォナだと聞き、衝撃を受けるのでした。

かりそめの公爵夫人51話の読んだ感想

一刻を急ぐと宣言した通り、北部から全国へと治療を拡大させることに成功したイヴォナ。

開発にあたると同時に皇帝にも働きかける機転の早さには驚かされます。

 

皇帝も味方につけた彼女は新薬で帝国を救えるのでしょうか。

次回が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』51話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「かりそめの公爵夫人」52話はこちら