かりそめの公爵夫人ネタバレ

漫画かりそめの公爵夫人は原作Jin Saeha先生、漫画Han Jinseo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「かりそめの公爵夫人」50話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

疫病の蔓延するエダン村に視察に行ったイヴォナ。彫刻像が浄化の力を発揮できないのは黒魔力で包まれているせいだと判明します。そしてイヴィナの予想通り村人には蚊に刺された跡が!自分にできることはないかとイヴォナは思案しますが、一旦城に戻ることにしました。

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人50話の見どころ・考察予想

城に戻ったイヴォナは、自分にできることはないかと思案していました。

そのために、まずイヴォナは過去の記録を探し出そうと考えます。

イヴォナのやろうとしていることは?

イヴォナは自分にできることは何かと考えて、ある行動に出ます。

イヴォナのやろうとしていること、それは伝染病の治療方法を見つけること。

そのために過去に同じような伝染病の記録がないか調べるため、公爵家の書物を調べ始めます。

 

でも、クロードやエルダンに知られることを躊躇う理由もあるのです。

それは・・・。

鈍いルキウスでも気づく・・・

イヴォナの心配をよそに、クロードはその考えに賛同します。

ホッとするイヴォナ。

 

さっそくステファンとベイランを呼んで本を調べ始めました。

その様子を見たクロードは意外な行動に!

和気あいあいと作業をする3人を見て・・・?

かりそめの公爵夫人50話のネタバレ込みあらすじ

クロードに村の状況を説明するイヴォナ。

彫刻像の力が発揮できないと知り、クロードも頭を悩ませます。

エルダンが外出していることを確認して、イヴァナはクロードにお願いがあると切り出しました。

イヴォナ、行動を起こす!

イヴォナはクロードにアゼンタイン家の書斎を見せてほしいとお願いをしました。

 

鍵を開け書斎に入るイヴォナ。書物の多さに驚きます。

保存魔法のおかげで書籍に傷みもみられません。

 

この中から、今回の疫病に関して記述のある本を見つけようとしているのでした。

でも、あまりにも書籍が多いのでイヴォナは目眩すら感じてきます。

 

上段にある本に目が留まり、背伸びをして取ろうとしますが中々手が届きません。

指先でなんとか触りますが諦めて踏み台を取って来ようとしたとき、本が書棚から落ちでイヴォナの頭に落下して・・・!

 

落ちてくる本を受け止めたのはクロードでした。

少し前からいたと言いますが、イヴォナは夢中になっていて気付かなかったのです。

 

クロードはイヴォナが選んだ机の上に置いておいた本を手に取り、伝染病の治療法を研究しようとしているのかと聞きました。

 

イヴォナはバツの悪そうな顔をしますが、諦めたように村の状況を見ていたらジッとしていられなかったと・・・。

神殿を敵にまわす!?・・・かも?

パラマ帝国では、あらゆる病気の治療は神殿で行います。

他の治療法を探す行為は、神殿への信仰心を疑われたり侮辱していると取られてる可能性があるのでした。

 

聖剣の騎士であるクロードも神殿と密接にかかわっているから、気を悪くすると思っているイヴォナ。

ところが、クロードは素晴らしい考えだと同調してくれました。

 

自分たちもできることを探そうと言ってくれます。

嬉しくてイヴォナに笑顔が戻りました。

 

クロードはここにある本をほとんど読んだと聞いてイヴォナは驚きます。

その上内容まで覚えているなんて・・・!

 

本を選びながら、イヴォナが聖剣の持ち主は騎士の中でも強い神聖力を持っているから、伝染病にかからないのでしょう?と聞くと、しばしの沈黙の後クロードは頷きました。

クロードのヤキモチ

イヴォナはクロードに許可を取って、ステファンとベイランを書斎に呼びました。

治療薬の開発を手伝ってもらうためです。

 

話しやすいようにとイヴァナが二人を近くに座らせました。

 

クロードが近くに立っているので、目が合ってしまったベイラン。

ギロッと睨まれているような気がして泣きそうになります。

 

ベイラン?と声をかけるイヴォナを見ると、優しそうなオーラに元気を取り戻すベイラン。

オレがんばる!とやる気になるのでした。

 

イヴォナをはさんで本を覗き込むステファンとベイラン。

クロードが静かに書斎を出て行きました。

 

様子をうかがっていたルキウスは、クロードがイヴォナを手伝うことを不審に思っています。

心の内が読めん奴だと・・・。

 

しばらくすると、クロードが大量の書類を持って書斎に戻ってきました。

ここで仕事をすると言い出します。

何かおかしい、とルキウス。

 

イヴォナが二人を褒めるたびにクロードから殺気が漂ってきます。

さすがのルキウスもまさか・・・と感じ始めました。

 

夜になり、今日はここまでにしようとイヴォナが切り上げようとしたとき、ステファンが貴重な記録を見つけました。

 

そこに書かれている症状は、今広まっている伝染病と同じでした。

かりそめの公爵夫人50話の感想&次回51話の考察予想

イヴォナと仲良く作業をするステファンとベイランにやきもちを妬くクロード、可愛いですね。

仕事だってわかってても、近すぎるだろ!って思っているのでしょう。

 

ルキウスもいい加減クロードがイヴォナを本当に大切に思っていることを認めればいいのに!

 

イヴォナは治療薬を作ろうとしているのだと思いますが、それは一歩間違えれば神殿を敵に回すことになってしまいます。

 

だからエルダンに知られたくなかったのですね。

きっといい気分はしない、って。

 

クロードにも気を遣っていました。

 

んー、でもクロードはイヴォナが思っているほど神殿に対して敬意を払っているようには思えないんですけどね。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』50話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『かりそめの公爵夫人』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!