かりそめの公爵夫人ネタバレ

漫画かりそめの公爵夫人は原作Jin Saeha先生、漫画Han Jinseo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「かりそめの公爵夫人」51話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

イヴォナはアゼンタイン家の書物から、過去に同じような伝染病がなかったか調べ始めました。ステファンとベイランにも協力してもらって、ある記録を見つけます。そこに書かれていた症状は村人のそれとまったく同じだったのです。

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人51話の見どころ・考察予想

アゼンタイン家の書物から貴重な資料を発見したイヴォナは早速治療薬の製造に着手します。

手に入れるのが難しい薬草を神獣を使って栽培し、北部では徐々に感染者の数が減って行きます。

 

気にかかっていた「神殿」については、クロードが心配するなとイヴォナを後押ししてくれました。

頼りになるクロードですが、イヴォナは自分も頑張らないと!と気合を入れます。

 

今回一番の見どころ!

イヴォナは治療薬の製造を宮殿に報告しただけでなく、詳細な製造方法も送ります。

召喚師を集めて薬草を栽培すれば、北部だけでなく広い範囲の患者を助けることができるから。

 

皇帝は早速勅命を出しますが、それはガスパルにも!なんだかんだと言い訳をして断ろうとするガスパル。

そして、開発者がイヴォナだと知って・・・。

相変わらずの小物ぶりが見ものです。

かりそめの公爵夫人51話のネタバレ込みあらすじ

イヴォナたちが見つけた伝染病は、はるか昔に南部の小さな村で発生した疫病「ケアラック病」でした。

人から人へは感染しないため、当時はそれほど広まらなかったと書かれていました。

しかし今は・・・。

クロードの頼もしい言葉

同じ伝染病なのに、今回はあっという間に帝国の各地にまで広がっています。

環境は違っても虫によって広がっているのです。

 

イヴォナは誰かが意図的に広めていると確信しました。

でもどうしてこんなに早く魔王軍が動き始めているのかと疑問も沸いてきます。

 

ベイランが未完成ではあるけれど治療薬の研究が書かれている記述を発見しました。

この治療薬は即効性はなくても飲み続けることによって完治も可能だと書かれていました。

 

イヴォナも研究が行き詰った部分に関する資料を見つけ、解決可能だと判断します。

でも、やはり気がかりなのは神殿・・・。

 

反発は大きいだろうなとクロード。

でも、クロードは心配するなとイヴォナを安心させ、俺を信じて治療薬の開発を続けるよう言いました。

 

大勢の人の命がかかっています。

急がないとと気を引き締めるイヴォナ。

 

クロードにばかり頼っていてはいけないと、早速動き始めます。

マチルドに手紙を書く用意をするよう頼みますが、セリーには内緒・・・と耳打ちしました。

全国で治療薬を作ろう!

治療薬の開発が始まりますが、ステファンから薬草市場が封鎖されていて必要な薬草が手に入らないと報告されます。

 

他国に要請をするしか・・・と困惑するステファンに笑顔を向けるイヴォナ。

神獣を使って薬草の場所を探し出し、事なきを得ました。

よーし次の仕事に取り掛かるわよ、と張り切るイヴォナ。

 

その頃皇帝は一向に伝染病が収まらないことに苛立っていました。

北部だけ感染者が減っている理由を聞くと、独自の治療薬を開発しているようだと臣下が答えます。

 

それは神殿の試薬ではなくイヴォナが神獣を使って調達が難しい薬草を栽培し、開発も自ら行っていることを聞いて驚きます。

 

それだけでなく、イヴォナは召喚師を集めて他の地域でも生産できるようにと、治療薬の製造方法を送っていたのでした。

 

感心する皇帝。

半面、神殿に対する不信感が募り、責任を問わねば・・・とかなりご立腹な様子です。

慌てふためくガスパル

皇帝はさっそく召喚師を集めるよう命じました。

当然ガスパルにもお声がかかります。

 

皇帝からの使者がガスパルに黄金の召喚師のガスパル・ギース男爵様であれば、アゼンタイン公爵夫人よりも大量の薬草を栽培できるはずだと仰っていると皇帝の言葉を伝えました。

 

特別に他の召喚師の指揮も任せると言われ、焦るガスパル。

何やかやと言い訳をして逃れようとします。

 

しかし、帝国の危機であるから無理をしてでも協力するようにと命じていると使者も引きません。

 

困り果てたガスパルは、神殿を持ち出しました。

治療薬を作るなんて神殿を信じていないことに・・・と言いかけると使者は皇帝陛下直々の命令だと声を荒げて諫めます。

 

今度は治療薬にいちゃもんを付け始めるガスパル。

治療薬の開発者は誰だ?と聞かれた使者がアゼンタイン公爵夫人だと答えると、ガスパルの表情が固まりました。

かりそめの公爵夫人51話の感想&次回52話の考察予想

イヴォナ、さすがです。

治療薬を完成させたこともそうなんですが、アゼンタインの領地だけでなく、帝国全土の患者を救おうと、早々に製造方法を宮殿に送ったのですね。

 

召喚師がいれば、手に入りにくい薬草も何とかなります。

そこで!ガスパルにも協力要請が行くわけですが、応えられるわけがありませんね。

イヴォナがいないと何もできないのですから。

 

でも、開発者がイヴォナだと知って、ガスパルのことだから何か嫌な動きを見せそうです。

彼よりトリスタンの方が悪知恵が働くから、そろそろ登場しそうですね。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』51話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『かりそめの公爵夫人』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!