韓国語を略訳|悪女のペット先読みネタバレ!

漫画「悪女のペット」44話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット44話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

信じていた父親にも話を聞いてもらえず、ついに復讐の決意を固めたリリス。

 

彼女は都の親戚の屋敷に行き、当分の間を過ごすことになります。

リリスが都へ行く目的は母親の手帳に書いてある筋書きをなぞるためのものでしたが、彼女には物語を絶対に台無しにしてやるという別の意図がありました。

 

都での暮らしで何よりリリスを喜ばせたのは、白以外のドレスを自分で選んで着ることが許されることでした。

彼女は筋書き通りに参加が決まった第2皇子の帰還パーティへ、「革命」を象徴する真っ赤なドレスを着て向かいます。

パーティでのリリスの策略

以前のリリスなら選ばなかったはずの肩が大きく露出した真っ赤なドレス

それは彼女の筋書きを壊し、母親の望みに沿わないために重要な決断でした。

 

リリスがパーティであえてペインに話しかけたのも、そのためなのでした。

原作のリリスとは違いペインと恋に落ちることほど、母親の期待を裏切ることはないからです。

 

しかし、そんな下心をもって近づいた彼女に対し、ペインはとても優しい人でした。

リリスも次第に、ペインのそばなら安心していられることに気が付いたのです。

リリスの壮絶な過去を聞いたシャシャは…

リリスはこのようにシャシャへの話を締めくくりました。

シャシャへ謝ったほうがいいと助言してくれたのもまた、ペインなのでした。

 

リリスはシャシャへ、彼女も決められた運命を生きることが負担か尋ねます。

 

高校生のときに突然見知らぬ世界へ飛ばされたリリスの母親。

原作のヒロインを育てるということに固執していた理由も、物語を完成させれば元の世界に戻れると思ったためではないかとリリスは考えているのでした。

 

シャシャは、元の世界にいたときから「アトランタの恋人」という本を知っていたため、最初は確かに負担だったと答えました。

しかし、シャシャはこの世界で過ごすうちにリリスたちが本当に生きているのだということを知り、物語はいくらでも変わっていくということを知りました。

 

だからこそ、原作に囚われず行動するリリスを応援する、とシャシャは強く言い切ったのでした。

そしてすっかり打ち解けたふたり

こうして、仲直りしたシャシャとリリス。

シャシャは屋敷を出るリリスに、原作のストーリーを忠実に守ることに気を遣いすぎないよう伝えます。

 

シャシャの優しさに、憑依者というだけで母親の影を重ね、勝手に誤解していたことをリリスはもう一度謝るのでした。

すっかり誤解が解けたふたりは、また会う約束をして別れます。

 

門の前で待っていたナスカともそのことを告げ、二人は和気あいあいと帰路に就くのでした。

皇帝の非情な命令

一方、皇宮ではスルタンが変わったカナクタ、軍隊を準備しているティグリスのどちらを警戒すべきか、という議論が行われていました。

堂々巡りの議論に疲れた皇帝陛下は、皆を帰すと部屋の隅に控えて話を聞いていたペインに声をかけます。

 

ペインは最近よく咳き込み体調がすぐれないように見える陛下を心配しますが、そんなペインに陛下は手にしていた杯を投げつけます。

陛下は、嫉妬心が強いあまり皇后を毒殺しようとしたペインの母親のことを未だに憎んでいるのでした。

 

陛下はペインに、母親の罪を代わりに償わなくてはいけないと告げます。

直ちにティグリスに行くよう、ペインに命じたのでした。

悪女のペット44話の読んだ感想

リリスが心を開いてシャシャへ過去を話したことで、すっかり誤解が解けたふたり。

和やかなシャシャとリリス、ナスカの様子に心が和みます。

 

一方で、個人的な恨みで敵地へ向かうことになったペインがとても心配です。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』44話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」45話はこちら