かりそめの公爵夫人ネタバレ

漫画かりそめの公爵夫人は原作Jin Saeha先生、漫画Han Jinseo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「かりそめの公爵夫人」53話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ガスパルとトリスタンがイヴォナを陥れようと企んでいる頃、治療薬は効果を現し始め、イヴォナはエダン村の感染者は減少していると報告を受け胸を撫でおろしていました。そして懸念していた通り、アゼンタイン家に神殿から神官がやってきたと報告が・・・。心配するイヴォナに、俺を信用しろとクロードは言いますが・・・。

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人53話の見どころ・考察予想

ガスパルはトリスタンに言われた通り神殿に手紙を出しました。

治療薬の製造をやめさせてくれ、と・・・。

偏見だらけの主席神官?

アゼンタイン家にやってきたケルダは、どうも偏った考えの持ち主のようです。

神殿が、信仰心がすべて!と思っているし、女性に対しても偏見を持っている様子が感じられます。

 

ケルダが自分の信念に従ってでしょうけど、かなり高圧的な態度で理不尽なことを言っているのはちょっと腹が立つけどこうなるだろうな・・・と予想がつくので可笑しくも感じます。

 

平和的解決じゃなかった!

ケルダに言うだけ言わせて、結局これか・・・という行動に出たクロード。

らしいと言えばらしいのですけどね。

 

俺を信用しろってこういうこと?

今回もイヴァナへの愛が止まらないクロードの姿をお楽しみください!

かりそめの公爵夫人53話のネタバレ込みあらすじ

少し前、神殿ではイヴァナの開発した治療薬について神官たちの間で話題になっていました。

浄化の彫刻像と比較されて困惑していたのです。

 

神官たちがどうしましょうと尋ねても、大神官は信仰心で乗り越えましょうと言うだけです。

そんなとき、一人の神官が1通の手紙を渡そうとしました。

 

それを奪うように取り上げる一人の神官。

主席神官のケルダでした。

ガスパル、神殿へ直訴

手紙の差出人はガスパルでした。

 

召喚師であるガスパルがこの状況下で書簡をよこすことに激怒するケルダを、一人の神官がガスパルは信仰心の熱い方なので見てくれと言います。

 

不信感を持ちながらも封を開けるケルダ。

そこには皇帝の命には逆らえないから神殿の力で治療薬の製造をやめさせてほしいと書かれていました。

 

ケルダは裏がありそうだと思うけれど、神殿としてもこのまま黙っているわけにはいかないと思っています。

 

信徒の数も減少してきているし、皇帝が激怒しているとの公文も来ているのです。

 

ケルダはクロードのことに思いめぐらせました。

 

聖剣の持ち主であるクロードは、そもそも神殿に服従するべき人間だとケルダは思っています。

そのために生まれてきたのだとさえ・・・。

イヴォナを悪女扱いするケルダ

アゼンタイン家にやってきたケルダは応接の間へと案内されていました。

 

彼の頭の中では、公爵というのは世俗的な立場に過ぎないから主席神官の自分からすればクロードも聖騎士の一人にすぎないのです。

 

自分の指揮下にある人間だと高をくくっていました。

それに、イヴォナを夫人に迎えたことも気に入らないのです。

 

クロードがイヴォナにたぶらかされていると思っているケルダは、イヴォナのことを蛇のような邪悪な女に違いないと思い込んでいます。

 

今回の件を全部イヴォナになすりつけて、神殿と聖騎士の熱い信頼を見せつけてやると意気込むのでした。

クロードの逆鱗に触れた!?

クロードに会うや否やケルダは治療薬を開発していることを責めたてました。

 

人間の生と死は神の領域で我々信徒だけが干渉できると宣うケルダ。

イヴォナの責であると仄めかしますが、なぜそれを傍観しているのかとクロードを問い詰めます。

 

死にゆく人を救うのが傍観か?とクロードは平然と答えました。

最初から彫刻像を管理していれば治療薬を作る必要もなかったと、言い返します。

 

黒魔力の介入は初めてだと言い訳をして、新しい浄化の彫刻像を設置しているとケルダ。

設置が終われば治療も開始すると言うと、クロードはその間人々が死んでいくのも神の御心だと?と煽ります。

 

聖剣の持ち主ともあろう人が恥ずかしくないのかとケルダが血相を変えますが、クロードは静かに帰りたまえと言いました。

 

北部はアゼンタインの領域だから口出しはするなと言うと、ケルダはわななくような声で勘違いなさっては困りますねと反論します。

 

この世の全ては神の物だと声を荒げました。

そして堰を切ったようにクロードの態度を叱責し、夫人の影響かと口にします。

 

たかが女のせいで!?・・・と。

 

ケルダはこの場で罪を改め神に許しを請いなさい!聖剣の騎士としての自覚はないのかと怒鳴りつけます。

 

あの女のやっていることは神への冒涜です!と言ったとき、シュンッと聖剣が飛んできてケルダのすぐ横に突き刺さりました。

 

真っ青になるケルダ。

俺を敵に回したくなければ妻に対して失礼な言動は慎めとクロードは凄みました。

 

わ・・・私は神の使いとして・・・とあたふたするケルダに、そなたの信仰心には感心する、なんならこの聖剣で神の元へ送ってやるぞ、と耳元で凄みのある声でささやきます。

 

完全に狂ってる!とケルダは一目散に出て行きました。

 

治療薬を作っているイヴァナのところへ顔を出したクロード。

話しは無事終わったかと聞くイヴォナに、「もちろん。俺を誰だと思ってる」と笑顔を見せるのでした。

かりそめの公爵夫人53話の感想&次回54話の考察予想

途中から、何となくこうなるだろうなと予想はつきました。

というか、ケルダの考えていることを知った時から、絶対平和的には話し合いは終わらないだろうと・・・。

 

神官ってあんなに偏った考えでいいの?とも思いました。

信仰心=服従という考えが強すぎませんか?

 

クロードが一番腹を立てたのは、やっぱりイヴァナのことを言われたときですね。

 

そもそも、ケルダはイヴォナに全責任を押し付けて、クロードを懐柔しようとしていたようですが、さすがに馬鹿にし過ぎです。

 

ただ、これで完全に神殿を敵に回してしまったのじゃないかと心配ではあります。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』53話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『かりそめの公爵夫人』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!