ゴッド オブ ブラックフィールドネタバレ

漫画「ゴットオブブラックフィールド」は原作雲先生、漫画SIN先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ゴットオブブラックフィールド」46話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

五十嵐がボコボコにされたことで別の暴力団が脅迫メールの犯人かもしれないと思う恭弥。

そして、警部会社に自分の周りにいる人間に警備を依頼します。

そんなとき、フランス大使のラノックからシャフランが生きているかもしれないから会いたいと連絡がきたので

した。

 

≫≫『ゴットオブブラックフィールド』の他の話数ネタバレはこちら

ゴットオブブラックフィールド46話の見どころ・考察予想

シャフランが生きているかと言われれば、何とも言えない状況です。

実際恭弥はわき腹を刺していましたし、シャフランもその場では動いていませんでしたし。

 

フランス大使のラノックがきっとどうしてシャフランが生きているかもしれにないと思ったか恭弥に説明するで

しょう。

 

おそらく、恭弥にそのことを話す理由は恭弥と手を組むのではないかなと思っています。

ゴットオブブラックフィールド46話のネタバレ込みあらすじ

ラノックに会いに行く恭弥

シャフランが生きていると言うフランス大使のラノックのいるホテルに向かう恭弥。

ラノックは笑顔で恭弥に会えたことを喜びます。

恭弥はそんなラノックにシャフランの話をするよう、催促しました

 

ラノックは中国が裏切った確率が高いと話をし始めました。

しかし、恭弥はまずシャフランの生死がどうなっているのかを聞くのです。

シャフランは生きているかも

恭弥はシャフランと戦った時、確実にわき腹を刺したのです。

その刺し方からして、そばに医者がいたとしても、生きていられる確率はほぼないと考えていたのでした。

 

しかし、恭弥やダエルのように生まれ変わることを知っているので、どんな状況でもおかしくないと恭弥は考え

ます。

 

ラノックはシャフランが生きていると判断した理由を電話の傍受からでした。

シャフランがフランスに電話した際に傭兵時代のコードネームである 砂漠の氷という暗号を使いました。

 

そして、日本に殺さなければいけない相手がいるという事を話していたと言うのです。

恭弥はシャフランが言った言葉に怒りを感じました。

ラノックの本当の目的は

フランスの大統領選挙に関係しているかもしれないので、シャフランの居場所、目的を何なのか調べていると話

すラノック。

 

その後ラノックはシャフランが恭弥を狙っていてくれた方がいいと、まるで恭弥に囮になって欲しいかのような

いいかたします。

 

そんなラノックに怒りをあらわにする恭弥。

 

ラノックはそんな恭弥にこの状況で選択として2つ挙げてきました。

 

1つ目は恭弥をこの世からからなくすこと、2つ目はラノックと恭弥が手を組んでシャフランを捕まえること

2つ目の案を選ぶしかない恭弥に今後の話を説明します。

 

日本では自分たちが動くには限界があるので恭弥の活動を手伝うために法人を設立し、費用をもつと言うラノッ

ク。

 

ゴントと関連づけない形で家族や自分自身を守るべきだとさらに恭弥に追い打ちをかけます。

決定する時間の猶予をもらうことにした恭弥。

 

ホテルを去り、人ごみのある所に向かい今後について考えます。

自分で全部後始末をしないで、中国に頼ったために起きた事だから仕方がないと思います。

そして、夏休みの間に確実にシャフランを仕留めると決めたのでした。

音の先は

どこからともなく喧嘩というか、一方的に攻撃を受けている音が聞こえます。

音の方に恭弥が向かうと、鬼塚と姫野がボコボコにされていました。

恭弥が自業自得と去ろうとしますが、相手のやり方があまりにも度を超えてきたのでした。

 

恭弥は踵をかえし、相手の高校生に向かって去るよう命令します。

去らない高校生に恭弥が攻撃を始めました。

相手のボスのような奴の目つきが歯向かってくるであろうと察知した恭弥。

 

シャフランの二の舞はもうしないと、相手が怖がって歯向かってこないまで痛めつけたのでした。

ゴットオブブラックフィールド46話の感想&次回47話の考察予想

恭弥がシャフランの横腹を切り裂いたにもかかわらずシャフランが生きているとすれば相当しぶとい奴です。

恭弥的には驚くしかないですよね。

実際、傭兵時代の恭弥だったらもっと確実にシャフランの生死を確認していたような気がします。

 

恭弥が真相を確かめに行ったラノック。

この男もなんとも微妙な男です。

暴力団の神代のような感じの芯が通った男ではなさそうと感じてしまいました。

 

鬼塚達、逆にいじめられていたのですね。

最初は素通りしようとしましたが、結局最後は助けてしまうところがいいです。

 

恭弥の人間的ないい所です。

姫野、惚れてしまうのでは…なんて思ったりしますけど。

まとめ

今回は漫画『ゴットオブブラックフィールド』46話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

シャフランの死が不確かであることが分かりました。

恭弥は真相を確かめにフランス大使ラノックに会いに行きます。

 

そこで、ラノックから提案がありました。

恭弥が消えること、もしくはラノックと協力してシャフランを捕まえることでした。

 

恭弥は一旦答えを保留にし、その場を去るのでした。

 

帰りに鬼塚と姫野がボコボコにされている場面に出くわします。

二人を助ける形で、相手の高校生を逆にボコボコにするのでした。

簡単に今回の話をまとめてみました。

 

『ゴットオブブラックフィールド』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『ゴットオブブラックフィールド』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!