怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画怪物公爵と契約公女原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「怪物公爵と契約公女」50話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

サルバトール家の一員として大ミサを訪れたレスリー。公女としてミサに参列していることを嬉しく思い神に感謝します。一人で公爵たちを待っている時、セレナに声をかけられたレスリー。セレナはエリーの友人でスぺラード家で唯一レスリーが顔を合わせたことのある人間でした。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

怪物公爵と契約公女50話の見どころ・考察予想

エリーの友人に声をかけられたレスリー。

サルバドール公女、と言う割に高飛車な態度のセレナ。

絶対何か嫌味を言ってくる予感がしますね。

 

案の定レスリーのことを見下していますが、実はセレナには弱みがありました。

レスリーにそのことを突かれたうえに、毅然とした態度で言い返すレスリーにタジタジになります。

 

そしてレスリーの言い放ったセリフが爽快です。

 

そんな悶着の後、会いたいと思っていたコンラッドに会えますが、レスリーは一番伝えたかったことを言えずにいました。

 

別れ際、意を決してコンラッドに駆け寄り言いたかったこと、祝福の名を伝えます。

笑顔になるコンラッド・・・。

怪物公爵と契約公女50話のネタバレ込みあらすじ

レスリーがセレナに声をかけられていた頃、コンラッドもレスリーに会えたらいいなと思いながら、一人教会の外を歩いていました。

 

そのとき、令嬢たちに囲まれているレスリーを発見します。

何か揉めている様子に、助けようと歩み出しますが・・・。

レスリーの反撃

高飛車な態度をとるセレナに、レスリーは堂々と言い返しています。

 

私の噂を口外しなかったことを感謝しろと?と切り出したレスリー。

セレナも負けずにレスリーがどんな扱いを受けていたのか話してもいいのかと言い返してきました。

 

すでに周知の事実だし悪いのは侯爵家だから恥じる必要はないとレスリー。

さらに、本当に恥ずべきはセレナではないかと詰め寄ります。

 

エリーから口止め料をもらって黙っていたことを仄めかしました。

 

セレナはオロオロしだし、スぺラード家の名誉のために黙っていたし、上位貴族であるスぺラード家には逆らえないからと言い訳を始めます。

 

そしてもらえるものはもらっておこうと・・・と口を滑らせました。

 

レスリーは、見て見ぬふりをしていたくせにそれを良いことに自分を脅そうとするなんて、とセレナを見据えます。

 

そして、これは私・・・そしてサルバトール公爵家に対する侮辱だと言い放ちました。

 

セレナは慌てて頭を下げ、謝罪の言葉を口にします。

 

それでもレスリーは、これからは相手を選んでご発言ください、このことはお母様にも報告しますと毅然とした態度をとりました。

 

踵を返して去っていくレスリー・・・。

一人になったレスリーは緊張の糸が切れてふうとため息をつきます。

 

サルバトールの名前を出したのは以前エリート会ったとき以来。

これもハルト卿のおかげだと感謝しました。

 

モヤモヤしていた気持ちも吹っ切れたように感じます。

 

レスリーは、公爵家の人たちにこのことを話したらすごく怒るだろうと想像し、自分のために誰かが怒ってくれることが嬉しいなんて知らなかったと感慨深く感じていました。

コンラッドと・・・

門で仕切られた敷地内に入ろうとしたレスリーにコンラッドが声をかけました。

 

そこは司祭以外立ち入り禁止区域で、中に何か用があるのかと尋ねるので、コンラッドに会いに来たとレスリーが答えました。とりとめのない会話をする二人。

 

レスリーは祝福の名を伝えたいと思っているのですが、タイミングがつかめず困っていました。

 

そろそろ戻った方がいいとコンラッドに言われしょんぼりするレスリー。

本殿まで送ると言われ、二人で並んで歩き始めました。

 

病気療養中のコンラッドの弟、フリートのことから会話を弾ませる二人。

ルーエンティのことまで話が及んだ時、レスリーはつい癖でコンラッドの腕をとってしまいました。

 

レスリーは無意識だったのですが、コンラッドは戸惑って「手が・・・」と口にします。

慌てて手を離すレスリー。

 

本殿に付き、コンラッドが挨拶をして戻って行きます。

その後ろ姿にレスリーは「シューヤです!」と声を張りながら駆け寄りました。

 

コンラッドの正面までくると、レスリー・シューヤ・サルバトールです!と・・・。

 

コンラッドの表情がパァッと明るくなりました。

やっと教えてくれましたねと微笑みます。

 

てっきり教えてくれないのかと思っていたというので、そんなはずないと微笑み返すレスリー。

裁判で助けてもらったし、お友達じゃないですかと言いました。

 

レスリーたちが神殿を後にし、護衛業務に戻ったコンラッドはレスリーのことを考えています。

 

セレナとのことを思い出し、レスリーは自分が思っているよりずっと気高く強い人なのかもしれない、と思うのでした。

怪物公爵と契約公女50話の感想&次回51話の考察予想

レスリーにとってスぺラード家のことは忘れたくても忘れらないトラウマのようなもの。

セレナに遭遇して記憶が蘇って嫌な気持ちになったと思います。

それどころか、恐怖心まで感じたかもしれません。

 

でも、今朝ハルト卿に言われた言葉を思い出し、何も気にする必要がない、自分の思うように行動すれば良いんだと毅然とした態度をとりました。

 

今の立場ではレスリーの方がずっと上ですからね。

 

そしてレスリーはやっとコンラッドにフルネームを伝えることができました。

祝福の名もそうですが、胸を張ってサルバトールを名乗りたかったのですね。

 

これからどんどん素敵なレディになっていきそうなレスリー。楽しみです。

ただ、スぺラード家がなにやら企んでいるからそれが心配です。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』50話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『怪物公爵と契約公女』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!