怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画怪物公爵と契約公女は原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「怪物公爵と契約公女」53話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

スぺラード侯爵とエリーはもう一度レスリーを火の中に入れて生贄にしようと企んでいます。乳母のルーアにレスリーが心を許していた使用人を聞き出し、庭になにやら作り始めていました。一方レスリーは、サルバトールの家族に愛情を注がれ、子供らしい笑顔を見せるようになっているのでした。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

怪物公爵と契約公女53話の見どころ・考察予想

レスリーはコンラッドへのプレゼントを選ぶために街にやってきました。

ハンカチを贈ろうと雑貨店に入り、そこで無地のハンカチを選びます。

刺繍を習って自分で模様を入れようと思ったのです。

スぺラード家の元使用人エムロア

今回の見どころは、レスリーに接触してきたスぺラード家の元使用人エムロアです。

過去、レスリーに白いパンを持っていったことでクビになっていたのです。

 

まさに前話でルーアが侯爵たちに教えた人物です。

偶然を装ってレスリーに近づいてきたのでしょうが、エムロアの真意は?

レスリーにエムロアの営んでいる食堂に行きたいと言われたときの様子から何かが見えてきそうです。

怪物公爵と契約公女53話のネタバレ込みあらすじ

街にやってきたレスリーは雑貨店でハンカチを選んでいました。

男性が使うものだと言うと、護衛としてついてきたルソーたちは贈り物だと察しますが・・・。

レスリーのハンカチ選び

ルソーはサイレーンとベスランへの贈り物だと思っていますが、レスリーが渡そうとしているのはコンラッドでした。

 

以前コンラッドから差し出されたハンカチは薄いブルーだったことを思い出し、青か白のハンカチを見せてもらいます。

 

無地のハンカチを手に取ったレスリーに、店員が後から刺繍を入れるためにすすめている品だと言いました。

レスリーは迷わずそれを購入します。

 

サイレーンたちの分は?と聞かれたレスリー。

お父様たちはハンカチを持って歩くとは思えない、と答えるのでした。

優しくしてくれた使用人エムロア

店を出たレスリーたち。

レスリーはシュエラ先生に刺繍を教えてもらおうと心躍らせています。

 

そのとき、一人の女性とぶつかりました。

レスリー様?と呼ぶ女性。

 

エムロアですと言われて、レスリーはスぺラード家でパンを持ってきてくれた使用人だと気づきました。

エムロアとの再会を、レスリーは涙をこぼして喜びます。

 

エムロアをお茶に誘い、近況を尋ねるレスリーにエムロアは屋敷を追われて良かったと答えました。

屋敷の環境に馴染めたなかったと、侯爵やエリーそして他の使用人たちの愚痴を言い始めます。

 

レスリーはエムロアが自分にパンを持ってきたのはそういう事情があったのかと思いました。

 

エムロアは、レスリーが使用人でさえ食べないような固いパンを与えられていたことに同情し、他の使用人のパンとこっそり入れ替えたのだと言います。

 

そして、レスリーが虐待を受けているのを知りながら何もしなかったことを詫びました。

 

その話を聞いていたルソーは怒りに震えています。

酒場に行ってスぺラード家の騎士を血祭りにあげてやる!と闘志を燃やしているのでした。

エムロアの言葉の裏には・・・?

エムロアは、屋敷を出たからこそ夫と出会って子供も授かったから悪いことばかりではないと言います。

 

レスリーがホッとした顔を見せて、今日は一緒に来たのかと聞くとエレノアの顔が曇って夫は事故死したと言いました。

 

話しはエムロアの店のことに及び、シンレフ神殿の近くで食堂を営んでいると聞いたレスリーは店に行きたいと言い出します。

 

料理が口に合わないかもと言葉を濁すエムロアに、レスリーはスぺラード家でどんなものを食べているか知っているでしょうとどうしても行きたい様子を見せます。

 

この話の間中、エムロアはなぜかたらたらと汗をかいていますが、誰も気づきません。

 

レスリーの申し出を承知しますが、必ずサルバトール公爵の許可を得て、護衛を連れてくることを約束してくれと言います。

必ずですよ、と念を押して・・・。

怪物公爵と契約公女53話の感想&次回54話の考察予想

多分、侯爵たちが接触したのはエムロアです。

レスリーと偶然を装って接近した来たと思うのですが、腹黒い感じはしないので何か弱みを握られていそうです。

 

公爵に許可をとって護衛を連れてくるようにって、暗に危ないって言ってるようなものです。

 

レスリーはあんな風に育ったにもかかわらず純粋なので、エムロアのことは全然疑っていません。

むしろ感謝しているし、申し訳ないと思っていたくらいです。

 

いよいよスぺラード家の魔の手が伸びてきました。

サルバドール家のみんな、レスリーを守って!

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』53話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『怪物公爵と契約公女』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!