怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画怪物公爵と契約公女は原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「怪物公爵と契約公女」58話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

スぺラード侯爵とエリーの策略で、あわや生贄にされるところだったレスリー。娘を人質にとられレスリーを騙したエムロアですが、最後に良心を取り戻しました。火の手が回りレスリーを襲おうとするとき、駆けつけたサルバトール公爵に助けられるのでした。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

怪物公爵と契約公女58話の見どころ・考察予想

公爵に助けられたレスリー。

神殿に運ばれ2日間も眠っていました。

 

目が覚めた時、心配そうに傍に寄り添っているマーデルの姿が。

 

自分のせいで怪我をさせてしまったことを謝るレスリーに、マーデルは自分の痛みよりレスリーがこうして心を痛める方がずっと辛いと言います。

 

もうひとつ、レスリーには気がかりなことがありました。

ルソーとバントを店内から追い出してしまったことを後悔しているのでした。

 

自分の軽率な行動でたいへんな事態を招いてしまったと申し訳ない気持ちでいっぱいなレスリー。

 

何よりも先に謝りたいと、マーデルに連れて行ってもらった場所は外!

駆け寄るレスリーは・・・。

 

素直で優しいレスリーならではの行動を起こすのでした。

怪物公爵と契約公女58話のネタバレ込みあらすじ

炎に囲まれ意識がもうろうとする中、目の前には公爵の姿が。

これは夢・・・?

 

公爵が手袋をとってレスリーの頬を撫でました。

手の感触を感じ夢じゃないと実感するレスリー。

エムロアを助けて

公爵はレスリーを抱き上げます。

もう安全なんだとほっとしたレスリーは気を失いそうになりました。

 

今ここで寝ては危ないと公爵に声をかけられます。

うっすら目を開けると倒れているエムロアの姿が目に入りました。

 

レスリーはエムロアを助けてくれと頼みますが、レスリーを騙した人間だろうと公爵はその気にならない様子。

 

証人が必要なら他に方法はあると言いますが、レスリーはそうではなく彼女は自分を助けてくれたのだと懇願します。

 

仕方がない、という風に公爵はむんずとエムロアの襟首をつかみ持ち上げました。

 

公爵が壁を蹴り破って外に出たレスリー。

心配そうなマーデルたちを見た時、意識が遠のいて行きました。

怒りのコンラッド

作戦が失敗したことを悟ったスぺラード侯爵とエリーは、その場から逃げようと全速力で走っていました。

 

侯爵はなぜこんなことになったんだとほぞを噛む思い・・・。

 

黒炎を長く持たせるために庭園に移し、エムロアを脅して言うことを聞かせた。

レスリーの闇の力を使えなくするために、鎖を粉砕してブレスレットの中に忍ばせもした。

 

準備は完璧だった。

今度こそ上手くいくはずだったのに一体なぜ!?

 

イライラする侯爵はつまずいて倒れてしまいました。

前を行くエリーに助けを求めますが、そんなことをするはずもありません。

森に逃げ込もうと一人で逃げようとします。

 

そのとき、スぺラード嬢、と血の付いた剣を持ったコンラッドが行く手を阻みました。

腰を抜かすエリー。

 

コンラッドは侯爵のもとへと向かいました。

 

侯爵はスぺラード家の事情だと言い訳を始めます。

見逃してくれと乞う侯爵の右腕近くに剣を突き立て、動くなと言いました。

 

エリーにも同じ様に凄みます。

コンラッドは侯爵に、獣以下だと怒りをあらわにしました。

レスリーの謝罪

レスリーが目覚めると、マーデルが泣きそうな顔で声をかけました。

 

火事の後、神殿に運ばれていたレスリー。

自分が助かったことを実感します。

 

公爵はどこかと聞くと、スぺラード侯爵の件で話をしていると伝えたマーデルは、声を落として皇帝も神殿に来ていると耳打ちしました。

 

偶然、候補試験のために来ていたのです。

 

レスリーはマーデルが怪我をしていたことを思い出しました。

怪我などしていないと誤魔化しますがあっさり見破られます。

 

私のせいでと謝るレスリーに、マーデルはレスリーが心を痛める方がよほど辛いのだと慰めました。

 

コンラッドも駆けつけて、これからレスリーの護衛につくことを知らされます。

 

マーデルが食事の後に挨拶に行きましょうと言いますが、レスリーはその前にルソーとバントのところへ行くと言いました。

 

マーデルに連れて行かれたのは室外でした。

遅い時間なのにどうして外?とレスリーは不思議に思います。

 

あそこですと言われた方を見て、レスリーは走り出しました。

そこにはサイレーンの姿もあり、騎士たちは全員腕立て伏せをしています。

 

レスリーはサイレーンに駆け寄り、ルソーとバントを怒らないでくれと泣きそうな顔でしがみつきました。

 

サイレーンが「もういいぞ」と声をかけ立ち上がった騎士たち。

みんな肩で息をして辛そうな表情をしています。

 

レスリーは潤んだ目で「ごめんなさい」と頭を下げました。

怪物公爵と契約公女58話の感想&次回59話の考察予想

目が覚めたレスリーは、自分も怖い目に遭って体も辛いだろうに、周りの人を気にしています。

 

マーデルに怪我をさせてしまったと心から申し訳ないと思っています。

なんて良い子なの!

 

そんなレスリーだからこそ、マーデルもレスリーが心を痛めている姿を見るのが辛いと言うのですね。

それも本心から。

 

そして食事もとらずにまずルソーとバントに会いに行きます。

 

結局はエムロアに騙されていたので、護衛として当たり前のことをした二人に酷い態度で店から追い出してしまったことを悔いています。

 

何を置いても謝らなくちゃ!と思ったのですね。

 

レスリーを守れなかったことは事実だから、護衛騎士としてお叱りを受けるのは当然ですがレスリーとしては黙って見ているわけにはいかないのでしょう。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』58話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『怪物公爵と契約公女』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!