外科医エリーゼのネタバレ

漫画外科医エリーゼ原作yuin先生、漫画mini先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「外科医エリーゼ」127話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇帝の心臓発作の原因を突き止めただけでなく、リンパ腫を患っていたことがエリーゼの手術によって明らかになりました。リンデンの容疑も晴れホッとするエリーゼ。そんなエリーゼの功績を称え、伯爵の位を授かることになって・・・。

≫≫『外科医エリーゼ』の他の話数ネタバレはこちら

外科医エリーゼ127話の見どころ・考察予想

リンデンの言っていた「贈り物」は伯爵の位と皇室十字架というものでした。

皇室十字架は帝国の歴史上でもそうそう授かった人がいないほど貴重なものです。

 

一度だけどんな罪でも許されるという権利を得るのです!

 

エリーゼも躊躇いますが、リンデンは夫婦喧嘩の時に役立つかもしれない・・・と。

 

そしていよいよ貴族派粛清のためにリンデンが動き出します。

それまで証拠集めなど根回しを十分に行ってきた様子だし、今回のリンデン監禁もかえって貴族派にとって不利になる結果に。

 

リンデンがチャイルド家を追い詰めようと計画していたのは・・・!

外科医エリーゼ127話のネタバレ込みあらすじ

皇帝は一命は取り留めましたが、今までのように公務を行うことは難しい状態です。

容疑の晴れたリンデンが事実上の皇帝として公務を行うようになりました。

皇室十字架を授与されるエリーゼ

伯爵の位を授けると通達がきて、大きなため息をつくエリーゼ。

リンデンの発議だと聞いて、こんなこと望んでいたわけじゃないのに・・・と思うのでした。

 

授与式で、またも驚くことが。

「皇室十字架」を授けるというのです。

 

皇室十字架の所有者には一つの権限が付与されます。それは絶対的な免責権。

どんな罪を犯しても一度に限り皇帝の許しを受けることができるのでした。

 

ブリチア帝国の歴史上この十字架を手にした人は10人もいないはず・・・エリーゼは冷や汗が垂れてきます。

 

躊躇っているエリーゼを見てリンデンは大きなため息をつき、今後夫婦喧嘩したときに役に立つかもしれないから受け取れと耳元でささやきました。

 

返事に窮したエリーゼは仕方なさそうに従うのでした。

貴族派粛清へのスタート

リンデンたち皇帝派は、貴族派粛清のために動き出そうとしていました。

今回、リンデンが監禁されたことも有利に働くとレンが言います。

 

貴族派が世論を操作してリンデンを追い込もうとした証拠も確保したから、その事実を公表すればミハイルの支持率も落ちるだろうと言いました。

 

そしてそれこそが狙いだと・・・。

そろそろ本格的に始めないとな、とリンデン。

 

レンが、もしかしてと前置きをして、彼らを取り除くことを躊躇っているかと尋ねました。

するとリンデンは自分が彼らにどれだけの恨みを持っているのか知っているかと声を荒げます。

 

知っていると答えると、それなのにそんな質問をするのかときつく返すリンデン。

二度とそんな質問をするなと釘をさしました。

 

一人になったリンデンは、躊躇っているのかという言葉が気になっています。

貴族派に殺された母と姉を思い出し、この復讐が終われば彼らの恨みを晴らすことができると、自分を奮い立たせるのでした。

国営銀行の狙いは?

皇帝派が動き始めました。

貴族派が次々と何らかの罪状で連行され、新聞にはリンデンを監禁したことも掲載されミハイルの支持率は落ちていきます。

 

チャイルド公爵家には、貴族派からの陳情が押しかけていました。

若干の不正はあるものの、慣例的に見過ごしてきたようなものまで・・・とリンデンの弾圧だと憤りを露にする人もいます。

チャイルド公爵はなんとかなだめるしかできません。

 

ミハイルに状況はよくないと告げるチャイルド公爵。

リンデンが国家が直接運営する銀行を設立しようとしているが、その役割は「紙幣」を作ることだと言いました。

 

ミハイルが金や銀でない紙幣は貨幣として認められないだろうと不思議に思っていますが、チャイルド公爵はこれは貨幣の革命だと神妙な顔で言います。

 

紙幣にはロマノフ皇室とブリチア帝国の職印を押しその価値を保証すると聞き、ミハイルも顔色を変えました。

 

世界最強国の保証する紙幣は、のちに金貨や銀貨の代わりになるかもしれないと危機感を募らせる公爵。

チャイルド家の力がかなり弱まることを意味するからでした。

外科医エリーゼ127話の感想&次回128話の考察予想

エリーゼスピード出世ですね。伯爵って・・・。

それよりも皇室十字架!気になります。一度だけ、どんな罪でも許される・・・。

 

リンデンは夫婦喧嘩の時にと軽口を叩いていますが、なんだか鍵を握りそうな予感がします。

エリーゼに、どうしてもリンデンに許してほしいことが起こると思うのですが・・・。

 

今回国営の銀行のことが出てきましたが、これって造幣局ってことですよね?

ずいぶん前からリンデンが口にしていた「計画」とはこのことだったのですね。

 

確かに、これならチャイルド家を追い詰めることができます。

 

前世での記憶の「血の悲劇」は絶対避けたいと思っているエリーゼ。

復讐を遂げたことでリンデンの心まで壊れてしまうことを知っているから、黙ってみているわけにはいきません。

んー、なんだか切ないですね。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』127話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『外科医エリーゼ』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『外科医エリーゼ』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!