4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ17話!ルーカスが力を解放!ドゥラードを倒せるのか?

漫画「4000年ぶりに帰還した大魔導士」は原作落下傘先生、脚色フジツボ先生、漫画kd-dragon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「4000年ぶりに帰還した大魔導士」17話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

反撃を開始したルーカスの強さに、生徒も海賊も圧倒されています。

海賊の頭は、目にも止まらぬ速さで軽々とやっつけてしまうルーカスを生徒ではないと判断しました。

 

このままではまずいと思った海賊の頭は、ルーカスに取引を持ち掛けます。

生徒の半分を解放するという提案に生徒たちは騒ぎ出しました。

 

そして、とうとうドゥラードとルーカスの戦いが始まりました。

≫≫前話「4000年ぶりに帰還した大魔導士」16話はこちら

4000年ぶりに帰還した大魔導士17話の見どころ・考察予想

ルーカスのことを、生徒を装った護衛と勘違いした海賊が、取引を持ち掛けました。

半分は解放し、後の半分を人質に残すと言うのですが、海賊は身代金を受け取っても生徒たちを帰す気はないのです。

 

すると、それを聞いた生徒たちが、謝礼と引き換えに自分を助けるようにと持ち掛けます。

自分こそが生き残るべきだ、自分の方がたくさん謝礼を払うと争い始めました。

 

はじめは煽っていたルーカスですが、生徒たちの命乞いを情けないと言い出します。

魔導士とは弱者を守る英雄で、どんなに自分の身が危なくても、まっ先に他人を救うべきだと。

 

成り行きを見ていたドゥラードが、ついに攻撃を始めました。

次々に繰り出される魔法攻撃は激烈なもので、イサベルのアドバイスも追い付きません。

そして、とうとうドゥラードの魔法攻撃がルーカスを捕えました。

 

ルーカスは無事なのでしょうか?

4000年ぶりに帰還した大魔導士17話のネタバレ込みあらすじ

ドゥラードの混乱

ドゥラードの攻撃をうけたときに発生した煙幕が消えると、そこにルーカスの姿はありませんでした。

イサベルもぺルアンも、ルーカスが攻撃を受けて海に落ちてしまったのだと勘違いしています。

そこにドゥラードが放ったはずの追跡型魔法攻撃が現れてドゥラードを襲いました。

 

とっさにバリアを張って身を守ったドゥラードですが、追跡型魔法が自分を襲ったことに混乱します。

追跡型魔法は、追跡のターゲットが消えると自然に消滅するはずだったからです。

それが消滅せず、自分に向かってきたのです。

 

思考を巡らせていると、いきなりドゥラードの背後にルーカスが現れました。

イサベルが声を発したことでようやく背後に気づいたドゥラード。

自分が気づかないうちに背後を取られたことで、さらに混乱します。

 

揺れる船の上でこのような難易度の高い行動をとるのは、ドゥラード自身にも不可能なこと。

それを人間が出来たということに、恐れおののきます。

大魔導士の姿

イサベルは、フレイ(ルーカス)に無事なのかと尋ねました。

すると、うなずくフレイに重なって見知らぬ魔導士の姿が見えたのです。

それは金髪で堂々とした立派な魔導士のようでした。

 

イサベルは戸惑います。

 

そこへ、軍艦を殲滅させた魔法「アイススピア」が再び襲ってきました。

形勢が悪くなったとみたドゥラードが、一気に船ごと沈めてしまおうとしているのです。

しかし、船の上空には巨大なバリアが発生し、すべての攻撃を防いでしまいました。

 

ぺルアンが1本のアイススピアを防いだだけで血を吐いたのに、ルーカスはたくさんのアイススピアを簡単に防いでしまったのです。

ルーカスのあまりの強さに、イサベルはあっけにとられています。

 

怒ったドゥラードは一気に片を付けるため、巨大なアイススピアを放出しました。

しかし、これも難なく砕いてしまったルーカスは、上空にいたドゥラードとの距離をつめます。

 

船上では、ぺルアンとイサベルが力を合わせてバリアを保持し、船を守っています。

ルーカス・トロウマン

五成ごときの魔導士が自分にかなうわけがないというドゥラードに、ルーカスは自分が道を知っているからだと答えました。

 

正体をきかれたルーカスは本当の名前、ルーカス・トロウマンだと名乗ります。

何を話しているのかきになるイサベルですが、船の上にいる生徒たちには二人の会話は聞こえません。

 

ドゥラードはさらに怒ります。

ルーカス・トロウマンはもうこの世にいないはずだからです。

死なざるものを倒す

ルーカスは素早く背後に回り、混乱するドゥラードの体の中から何かを取り出しました。

 

心臓のようなもの、それはライフヴェスルでした。

 

死なざる者「リッチ」は、このライフヴェスルを潰すことで倒せるのです。

ライフヴェスルは個体によって隠されている部分が違うため、ルーカスはその場所を見つけるために時間を稼いでいたのでした。

 

ライフヴェスルを潰されたドゥラードは消滅してしまいました。

 

簡単にリッチを倒したことで、船の上には戦慄が走ります。

船上に戻ったルーカスは海賊の頭に、交渉が決裂したことを伝えます。

そして、海賊に死の宣告をしたのです。

4000年ぶりに帰還した大魔導士17話の感想&次回18話の考察予想

あんなに苦戦していたのに、ルーカスは強すぎます!

もうダメかと思われる状況を、簡単に覆してしまいました。

 

ドゥラードの戦慄したようすには、スカッとしましたね~!

 

イサベルにルーカスの本当の姿が見えたのは、ルーカスが本来持つ力を解放したからじゃないかと思います。

これでもまだ本当の力は出していないんでしょう。

 

圧倒的な強さというのは、本当にカッコいい!

この先、修行をしてますます強くなっていくルーカスが楽しみですね。

ぺルアンのこの後の行動も気になります!

まとめ

今回は漫画『4000年ぶりに帰還した大魔導士』17話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫次回「4000年ぶりに帰還した大魔導士」18話はこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!