シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ

漫画シャーロットには5人の弟子がいる原作、漫画YongYong先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「シャーロットには5人の弟子がいる」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

シャーロットはユリアンに牢屋に閉じ込められてしまいました。しかし、記憶を失っているはずのユリアンはなぜかシャーロットに毛布や食事を運び世話を焼きます。翌朝、マナも回復したシャーロットは魔法陣を破りユリアンの後を追いました。

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら

シャーロットには5人の弟子がいる42話の見どころ・考察予想

シャーロットのことは認識できなくても、ユリアンは多分本能で親しみを感じているのでしょう。

だから、牢屋に閉じ込めて「師匠」(と呼んでいる男)に引き渡すと言っておきながら、世話もやくし結局シャーロットのことは報告しません。

 

何かを思い出しつつあるユリアンですが、どうやら怪しい事件に関わっているようです。

今回ダンが再登場しますが、それはアベンタでの誘拐事件と関わっているようです。

 

シャーロットは、ジェフリーから聞いたユリアンがいそうな場所のひとつに潜入しますが、なんとそこにダンも黒い月のキルハルトを連れて潜入してきます。

 

弟子同士が敵対する立場になって、シャーロットはますます放っておけなくなってしまいました!

シャーロットには5人の弟子がいる42話のネタバレ込みあらすじ

ユリアンは師匠と呼ぶ男に連れられとある場所にいました。

何か怪しい男たちと建物に入っていった男。

ユリアンは待機していろと命じられます。

ダンの潜入捜査

建物の中で何かを調べるように様子を伺うシャーロット。

魔道具でジェフリーと会話をしています。

 

例の件について調べてみたとジェフリー。

40年前に閉鎖された「とある収容施設」が今は別の目的で使われているとジェフリーが報告しました。

 

シャーロットは少し離れた場所から、囚われている人たちを見て、罪人でないなら奴隷商か・・・と当たりをつけています。

 

ジェフリーが一人で行くつもりかと心配そうに聞きました。

そこはラドンの管轄だから面倒事になると困る、私がそっちに・・・と話途中で何か物音を感じたシャーロットが遮ります。

 

数人の男が檻のようなものを運んできました。

魔法で姿を隠しているのでシャーロットの姿は見えません。

 

男たちが真横を通ったとき、布の隙間から垣間見えたのは・・・ダン!!

ダンもシャーロットに気づいたようです。

 

さらに、護衛として最後尾についていたキルハルトもなにかの気配に気づいたようで、静かに列を離れシャーロットの方に戻ってきました。

 

まさか、気のせい?と言いながら、見えないはずのシャーロットの頭にトンと手を置きます。

本当にいた、とキルハルト。

なんでお嬢さんが・・・と言われシャーロットが姿を現しました。

眼帯はシャーロットの必須アイテム?

その頃ユリアンは牢屋にシャーロットの食事を運んで行き、居なくなっていることに気づきます。

 

シャーロットはキルハルトにユリアンの事情を説明しました。

ダンと鉢合わせして戦うことになったらマズくないですか?と言うので、シャーロットはそうなったら止めると答えます。

 

キルハルトは目の前にいる少女が大魔術師のシャーロットだとは知りません。

伯爵令嬢のアリア・テッセンだと信じています。

 

だから止めると言われてもどうやって・・・と不思議に思います。

でも、ダンはこの少女の言う事なら聞くかも、と前のことを思い出しました。

 

するとシャーロットが眼帯を持っているかと聞きました。

ダメ元で聞いたのにもちろん持っていますとキルハルト。

少しの間借りると眼帯をシャーロットが手にしたとき、強い魔法を二人は感じました。

 

建物全体にマナを展開して侵入者を探しているとシャーロットが説明します。

シャーロットは、これはユリアンの仕業で、自分が逃げたことに気づいたかダンの侵入を感知したのだろうと思いました。

災の追従の仕業か!?

ダンがわざと捕まったのは、この建物の地下に入るこむためでした。

ダンは地下でとても不気味な気配がすると言っていたと・・・。

 

アベンタでの誘拐犯もここに送ってきたのでしょうとキルハルトが言います。

命を利用して悪事を働くのは災の追従者の得意芸だから、予想があっていればここで一件落着だと言うキルハルト。

 

ただ、ユリアンがいるとなればそう簡単にはいかないけれど、命をかけて最善を尽くすと言うので、シャーロットはそこまでしなくても、と言いました。

 

すると、シャーロット様直々の任務だから当然だとシャーロットを見据えて言い切ります。

目を見開くシャーロットに、やはりそうでしたか・・・とキルハルト。

 

てっきり正体がバレたと思ったのですが、6番目の弟子のアリアがダンに任務を伝えたのだと勘違いしているだけでした。

 

それでもシャーロットが無事でいることを心から喜んでいる様子に言葉を返せないシャーロット・・・。

今はとにかくダンとユリアンが出くわしたら、と考えるとそばにいないとと気が急きます。

ダンとユリアン鉢合わせ!?

一方、わざと捕まったダンはノーマンと呼ばれる男の前に連れてこられていました。

 

布をめくって中を除くと、ダンの赤い目がギロリと光ります。

叫び声をあげて飛び退くノーマン。

 

そのときユリアンが魔法で現れます。

男たちはユリアンをリエル様と呼び丁寧に接しています。

 

ユリアンが素っ気なく、侵入者を探していると言って、特徴を話し出しました。

小柄で瞳は金色に輝き、優しい色の長い髪に、落ち着いた声の人だと。

 

見つけたら・・・傷一つつけてはなりません・・・と言いました。

ノーマンが、ではこっちは違いますねと言うので、台車に乗せられた檻に目をやるユリアン。

そしてダンもユリアンを横目で見るのでした。

シャーロットには5人の弟子がいる42話の感想&次回43話の考察予想

予想通りダン登場です!

2番めと3番めの弟子が鉢合わせしてしまいますが、ユリアンは記憶がないからダンのこともわからないはず。

 

ユリアンはこの組織の用心棒みたいな感じだから、ダンとは敵同士!

キルハルトが危惧するようはことになってもおかしくないです。

 

シャーロットは止めることができる?

もっとも、記憶があってもこの二人は相性悪そうですけど・・・。

キルハルトの鋭いんだか超鈍いんだか、天然ボケをかますキャラも相変わらずおもしろいです。

一応黒い月の副団長・・・なんですよね。

まとめ

今回は漫画『シャーロットには5人の弟子がいる』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『シャーロットには5人の弟子がいる』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!