4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ18話!ぺルアンに婚約者?イサベルとフレイの旅が再開

漫画「4000年ぶりに帰還した大魔導士」は原作落下傘先生、脚色フジツボ先生、漫画kd-dragon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「4000年ぶりに帰還した大魔導士」18話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

一度は倒されてしまったと思われたルーカスでしたが、無事生きていました。

 

ルーカスのあまりの強さに翻弄されるドゥラード。

ルーカスの正体を知り、更に困惑します。

 

ついに「死なざる者」はルーカスの手で倒されました。

 

≫≫『4000年ぶりに帰還した大魔導士』の他の話数ネタバレはこちら

4000年ぶりに帰還した大魔導士18話の見どころ・考察予想

追跡型魔法攻撃が追跡から離れてドゥラードを襲い混乱するドゥラード。

倒したと思ったルーカスが生きていたのです。

 

ルーカスはドゥラードでも難しい技を使います。

それを人間が出来たということに、恐れおののきます。

 

形勢が悪くなったとみたドゥラードは、船を沈めてしまおうとしましたが、ルーカスがすべての攻撃を防いでしまいました。

 

アカデミーの生徒にしては強すぎることに疑問を抱いたドゥラードは、ルーカスの正体を聞きました。

ルーカス・トロウマンと聞いて、もうこの世にいるわけがないと動揺します。

 

ルーカスは素早く背後に回り、混乱するドゥラードの体の中からライフヴェスルを取り出し潰してしまいました。

死なざる者「リッチ」であるドゥラードは、ライフヴェスルを潰されて消滅しました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士18話のネタバレ込みあらすじ

命の恩人フレイ

ドゥラードを倒したルーカスは、あっという間に残った海賊たちも始末してしまいます。

そして、船は無事に港へ着きました。

 

船から降りたぺルアンはフレイ(ルーカス)に見事だったと伝えます。

しかし、返事もせず去ろうとするフレイ(ルーカス)。

 

ぺルアンはフレイの背中に向かって深く頭を下げました。

命の恩人だ、この恩は一生忘れないと。

 

その言葉に、ようやく振り向きぺルアンの傷の具合を尋ねるフレイ(ルーカス)。

 

ぺルアンは、本当はかなりの苦しみだったはずですが、濁った血を吐き出してかえってスッキリしたと答えました。

 

ぺルアンは、宮廷の魔法使いでも手を焼くリッチを簡単に倒すなんて、自分の知っているフレイ・ブレイクとは大違いだと言います。

 

アカデミーでは、歴代の中で最も才能がない生徒として有名だったからです。

それがここ数週間で、まるで別人のように頭角を現したことに理由を尋ねます。

 

長い人生いろいろあると答えるフレイに驚きますが、深くは追及しませんでした。

ぺルアンの婚約者

ぺルアンは、お礼がしたいからと家に招待しますが、気が向いたら行くというフレイ(ルーカス)。

 

その言葉に、名門のジュン家とお近づきになりたい貴族が大勢いる中で、気が向いたらなんて信じられないとイサベルが怒ります。

 

それならお金を貸してと頼むフレイ(ルーカス)。

 

ぺルアンは、カウシンポニーでワープ石を使いたいと聞いて、返さなくていいと大金を手渡しました。

こんなに要らないと返そうとしますが、小銭がないから遠慮するなと言われてしまいました。

 

ぺルアンはすぐにでも家に招待したかったようですが、結婚の準備が忙しくてすぐには無理だと話します。

本人には気乗りしない、父親が決めた結婚なのです。

 

それを聞いたフレイ(ルーカス)は、婚約者に姉がいたら紹介してほしいと言い出しました。

 

ぺルアンの婚約者は優秀な騎士を多く輩出した名家、アクアリード家です。

自分がこんなに弱い魔導士だと知られたら気を落とすだろうと弱音を吐きます。

 

フレイ(ルーカス)はぺルアンに胸を張って行けと元気づけます。

そして、親戚に美女がいたら知らせてくれと頼んだのです。

 

その言葉に怒るイサベル。

 

フレイとイサベルの掛け合いに笑い出したぺルアンは、久しぶりに大笑いしたと言います。

 

別れ際にぺルアンはもう一度、恩返しをしないと自分の名誉が傷つくから、必ず家に来て欲しいと頼みます。

もちろん、気が向いたらと言うフレイ。

 

二人の様子を眺めていたイサベルは、二人がまるで昔からの友であるかのように見えて感動しました。

ルーカスとイサベルの旅再開

イサベルとフレイの二人になりました。

 

イサベルがぺルアンを立派だと話すと、フレイは太っ腹でいいやつだと言います。

一文無しでスミマセンでした!と叫ぶイサベル。

 

二人の旅が再開しました。

4000年ぶりに帰還した大魔導士18話の感想&次回19話の考察予想

やっぱりぺルアンはいい人でしたね!

そして、小銭の持ち合わせがなくて大金をあげてしまうところなど、ボンボンっぷりがさすがです(笑)。

 

アカデミーで最弱と言われていたフレイに対してしっかりと頭を下げることが出来るあたり、本当に人間が出来てるなと思いました。

 

二人の間に流れていた友情の芽生えを感じたイサベルが、昔からの友といったことがちょっと気になりました。

 

もしかしてぺルアンも帰還した人?

考えすぎでしょうか…。

 

次回から旅が本格的に始まりますね!

ルーカスについていくことで、イサベルも強くなっていくのでしょう。

 

楽しみです!

まとめ

今回は漫画『4000年ぶりに帰還した大魔導士』18話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『4000年ぶりに帰還した大魔導士』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『4000年ぶりに帰還した大魔導士』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!