暴君には悪女がお似合いネタバレ

漫画暴君には悪女がお似合いは原作YU-IRAN先生、漫画NAJEON先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「暴君には悪女がお似合い」37話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ユリアナを本国に帰らせるためにギルガンティアに協力してもらって悪女を演じたセシル。ユリアナを怖がらせることには成功しますが、諦めたとは感じません。皇后の座を狙うユリアナはセシルの居ない場でなにやら画策を始めます。

≫≫『暴君には悪女がお似合い』の他の話数ネタバレはこちら

暴君には悪女がお似合い37話の見どころ・考察予想

さすがにユリアナはドラゴンには恐怖を感じましたが、セシルの目論見もわかっているから絶対仕返しをしてやろうと闘志を燃やしています。

 

なんとしてもセシルを追い落として皇后の座を手に入れてやる!と。

 

ユリアナがここまで自信を持つのは魅惑の魔力のおかげですが、セシルがいる場では効果がなかったので、今度は居ない場で陥れようと思っていました。

 

やっぱり石の力は効果を発揮して、その場に居合わせた人はユリアナに魅了されます。

そして本番開始!とばかりにセシルに虐められたとアンに仄めかし始めました。

 

同情を買ってセシルを悪者に仕立て、評判を落とそうという魂胆のようです。

途中までうまくいきますが、そこで思わぬ援護射撃が!

暴君には悪女がお似合い37話のネタバレ込みあらすじ

セシルは来ないと思って「女性研究者の日」というセミナーに参加したユリアナ。

石の力を使ってさっそく参加者を魅了します。

魅惑の魔法は健在

次々と賛辞を浴びて、そうよこうでなくっちゃと悦に入るユリアナ。

その胸元には宝石が輝いています。

 

あの宴会では、なぜ効果がなかったのかやっぱり不思議に思うのでした。

 

最初はアスワンの使節団として、愛国心あふれる会話で人々を感心させたユリアナはそろそろ始めようかとキョロキョロし始めます。

 

セシルを探しているふりをして、大切な行事だからもちろん参加していますよねと同意を求めるように尋ねました。

 

主催者が、おそらく来ないだろうと答え、セシルは外部の行事には参加しないと説明します。

声を落とし、皇帝が参加する宮殿の行事でした見たことがない、人に会うのが面倒なのでは・・・と言いました。

 

そこでユリアナはお茶会に呼ばれたと言うと、それを聞いた参加者たちが驚き、今まで皇后は貴族令嬢を誘ったことはないと口々に言い始めます。

 

貴族社会でのお茶会の目的は2つあります。

ひとつは気があう人達と楽しむための談笑の場。

そしてもうひとつは誰かを排除するため!

 

ユリアナはドラゴンを使って脅してきたセシルに腹を立てていました。

皇后がユリアナを脅迫!?

一人の令嬢が、そのお茶会は楽しかったかとおずおずと聞いてきました。

はい、皇后陛下が盛大にもてなしてくださいましたと笑顔で答えるユリアナですが、その後に何かを思い出したように言葉を詰まらせます。

 

なんでもありませんと言うユリアナに、何かがあったと察した婦人たち。

お話くださいと言葉を待ちます。

 

ユリアナは困惑した顔で、皇后を怒らせてしまったようだと口にしました。

セシルがドラゴンを連れてきたことを暴露すると、婦人たちは「凶暴なドラゴンを!」と驚きます。

 

ユリアナはさらに続けて、ドラゴンが手を噛もうとしたと震える声で言うと涙を滲ませました。

婦人たちはユリアナに同情して言葉も出ません。

 

とても怖かったのでまた涙が・・・と白々しく演技を続けるユリアナ。

皇后がすぐドラゴンを下げてくれたのでこうして無事だと笑顔を見せました。

 

ユリアナの演技にまんまと乗せられた婦人たちは、セシルの悪口を言い始めます。

帝国の皇后という威厳が・・・と言い出す人まで出てきました。

 

ユリアナは楽勝じゃないとほくそ笑みます。

 

そのとき、ユリアナの言うことが本当なら、皇后はドラゴンを手懐けているのだろうとイレーヌが口を挟みました。

 

皇帝の唯一の友人であり、かつては皇后候補でもあったイレーヌ。

その彼女がなぜセシルの肩を持つようなことを言い出したのかと、ユリアナは訝しむのでした。

暴君には悪女がお似合い37話の感想&次回38話の考察予想

ユリアナもそう簡単に引き下がれませんね。

本国からも期待されているのだし、何よりかなり物欲、名誉欲が強そうだから、エスティアンのとんでもない財力を目の当たりにして、余計に手に入れたいと思ったのでしょう。

 

でも、ユリアナの魅力って石の力です。

エスティアンはそれがどんなものなのか興味を持っていたみたいですが、今はどうでもいい感じです。

 

あんまりやりすぎるとホントにまずいことになるのはユリアナなのに・・・。

 

イレーヌは淡々とユリアナの話しを聞いていたようですが、何を思ってあんなことを言ったのでしょう?

ユリアナが気に入らなかったから?

それよりも、イレーヌには石の力は効かなかったのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『暴君には悪女がお似合い』37話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『暴君には悪女がお似合い』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『暴君には悪女がお似合い』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!