異世界剣王生存記ネタバレ

漫画異世界剣王生存記は原作SOON-G先生、漫画YKB先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「異世界剣王生存記」25話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

実験と言う名の戦いが、始まります!

男の攻撃を、踊っているようにかわし男の髪を切る女。

 

髪を切られたことに激怒した男は、アレハンドロの警告を聞かずにモンスターに変身します。

 

アレハンドロの指示で、表情を変えずに止めを刺す女。

エピルは、その様子を扉の隙間から覗き逃げるのですが・・。

≫≫前話「異世界剣王生存記」24話はこちら

異世界剣王生存記25話の見どころ・考察予想

25話では、前回までの予想とは違う展開となっていました!

実験代は女性ハンターではなく、元ハンターでした。

 

人工ガイドラインを移植された元ハンターは、格下である女性ハンターと戦う場面の中エピルの涙に騙されました。

 

では、その辺りを紐解いて参りたいと思います。

ステージ上では、元ハンターと女性ハンターのバトルが繰り広げられます。

 

女性ハンターは、軽やかに舞い元ハンターの剣をかわし相手の髪を切ってしまいます。

髪を切られたことに怒りが収まらない元ハンターは、アレハンドロの忠告を無視してモンスターに変身します。

 

モンスターは、あっけなく女性ハンターに倒されます。

彼女もまた、人工ガイドラインを移植されていたのです。

 

元ハンターと違うのは、彼女は盲目だと言うことでした。

そのため、目以外の感覚は鋭く精気を感知する力に優れていたのです。

 

リチャードは、人工ガイドラインの完成を急がせますが・・。

人工ガイドラインには、敵を倒せても経験値を取得できないという問題が残っているとアレハンドロが説明します。

 

リチャードは、急ぐあまりにドラゴンコアを使えばと考えたのです。

それは、古龍との同盟関係を裏切ると言う意味と・・。

 

アレハンドロに裏切者になってでも、人工ガイドラインを完成させろと言う暗示でもありました。

 

リチャードから、投げ渡されたユニークアイテムはリッチを倒した相手を倒す時に使用するためのものでした。

 

ユニークアイテムを眺めながら、リチャードに利用されていると思うアレハンドロでした。

 

女性ハンターをエリーと呼び、死体の処理をエピルにさせるように言うと出かけるアレハンドロ。

 

扉を開くと、そこにはエビルの姿はありませんでした。

エピルは、隙を見つけて逃げていました。

 

扉を開けて飛び立とうとした時に、エリーに見つかります。

エリーの静止を振り切って、天空へと飛び立ち逃げられたと安堵しているエピルでしたが・・。

 

足首に何かが・・。

異世界剣王生存記25話のネタバレ込みあらすじ

ステージ上では、女性ハンターと元ハンターの死刑囚が・・。

「はじめろっ?!」とアレハンドロの合図で、殺し合いが始まります。

 

元ハンターの男性Lv.37、人工ガイドラインで女性ハンターのレベルをチェックして・・。

 

「Lv.34かぁ、俺より下だな?」と元ハンターの男性は、人工ガイドラインを気に入っているようでした。

 

「助けてください!!と、言えよ!」と元ハンターがニタつきながら言います。

「意味のないことですね!」と女性ハンター。

 

激しく攻撃を始める元ハンター・・。

その凄まじい剣の音をステージ裏で、震えながら聞いているエビルでしたが・・。

 

「飛竜騎士団のエースだったのに・・?!あの子を助けて、逃げなきゃっ!」とエビルが、扉の隙間から様子を伺うと・・。

 

女性ハンターは、剣を交えると言うより・・軽やかに舞を踊っているように戦っていました。

「もっと、観客を楽しませろよ?!」と息を切らせながら元ハンターが、女性ハンターに言います。

 

「あなたも、同じでは?」と剣についた髪を振り落とす女性ハンターでした。

「お似合いよ」と間髪入れずに、女性ハンターが言いました。

 

その言葉を聞いて、初めて髪を切られたことに気付いた元ハンターは、目を血走らせ怒り狂います。

その様子を見ていたリチャードとレズリーとアレハンドロは・・。

 

「女にも、人工ガイドライン移植してるの?」とアレハンドロに、レズリーが尋ねます。

「決まってるだろ?!」と剣術の凄さを自慢げにアレハンドは言います。

 

「だれど、レベル5の差の実験って・・。やる意味あるの?!」とレズリーは不思議に思います。

「まぁ、見てろって?!」と余裕のアレハンドロ。

 

「彼女、盲目なの?!」と目が見えていないのに舞うような剣さばきに驚くレズリーでした。

 

屈辱を感じた元ハンターは、アレハンドロの静止を聞かずに・・。

「髪切りやがって!お前を切り刻んでやるっ!!」と叫んで変身するのでした。

 

モンスターに変身した、元ハンターを見て・・。

「抽出方法を変えたの?!」と驚きと疑いの表情を浮かべるレズリーでした。

 

「今回の実験で、人間とタチロを混ぜている。スキルを使うとタチロになるのさ」とアレハンドロ。

タチロに変身した元ハンターが、女性ハンターに向かって行くもあっ気なく惨敗に終わります。

 

女性ハンターは・・。

「ご主人様、元ハンターが変身したので実験を途中で止めましたが・・」と何事なかった様に告げました。

 

「使い物にならない実験材料だ!後始末を頼む・・?!」と女性ハンターに、伝えるアレハンドロ。

「俺は、生きているぞ?!」とタチロに変身した元ハンターが起き上がると・・

 

「要すみだ!始末しろ!!」とアレハンドロ。

女性ハンターは、顔色も変えずに息の根を止め完了の報告をするのでした。

 

扉の隙間から、一部始終を見ていたエビルは・・。

「女性ハンターは、何の躊躇もなく同じラトナ人を殺した・・?!」と驚きを隠せないエピルでした。

 

「女性ハンターは、盲目?!あの腕前は移植したガイドラインのせいか?!」とリチャードが尋ねます。

 

「盲目なので、残りの感覚と精気を感じる能力はスバ抜けている!!」と説明するアレハンドロでした。

「ご主人様に、人工ガイドラインの完成を言わないんだ?!」と疑わしく思うリチャード。

 

「欠点があるんだ。敵を倒しても経験値が上がらない・・」とうつむくアレハンドロでした。

「経験値が上がらない?!意味ないじゃんっ!!」と声を荒立ててアレハンドロを責めるレズリーでした。

 

「地球人とダンジョンモンスターは、倒した相手からレベルを取ることができる。」とリチャード。

「どうだかな?!実験の結果がさっきのザマだぜ?!」とアレハンドロが言い返します。

 

「別の能力は・・?!」と意味ありげにリチャードが言います。

「それは・・、ドラゴンコアのことを言っているのか・・?!」と何かを察してうつむくアレハンドロでした。

 

リチャードは、ポケットから何かを取り出しながら・・

「古龍とは同盟を結んでいるが、裏切者として実験するのは・・」とアレハンドロに裏切りを示唆するようにあるものを投げつけました。

 

「これは・・?!」と驚くアレハンドロ。

「ご主人様から、古龍に使えとニユークアイテムだ?!」とリチャードが説明します。

 

付け加えるように・・。

「あんたの力じゃぁ、歯が立たないでしょ?!」と茶化すようにレズリーが言います。

 

渡されたニユークアイテムを見ながら・・。

「アーティファクトだけでも助かるのに・・、これも使えってか・・?!」とアレハンドロ。

 

2人は去り際に・・。

 

「ご主人様には、人工ガイドラインの完成は間もなくと・・」と報告しておくとリチャード。

「古龍を捕まえて、人工ガイドラインも完成できたら昇進ものだねぇ~」と皮肉たっぷりに言うレズリーでした。

 

2人が居なくなると、奴らのコマにされていると考え込むアレハンドロでした。

アレハンドロは、女性ハンターを「エリー」と呼びエピルに死体の処理をするように伝えました。

 

「かしこまりました。」と言うと扉を開けエピルを探します。

その頃、エピルは目にしたことを何度も繰り返しながら逃げていました。

 

「あの女性ハンターも、奴らの仲間だったんだ?!」と逃げ続けました。

やっと、扉に差し迫った瞬間?!

 

「止まりなさい?!」とエリーが呼び止めますが・・。

エピルは上空へと飛び立ち、逃げ伸びたと思ったエビルの足に絡みつくものが・・?!

 

「逃がさない?!」と女性ハンターのエリーは宙を舞うのでした・・。

異世界剣王生存記25話の感想&次回26話の考察予想

今回のお話しを読んで、今まで勘違いをしていたことに気付かされました。

実験代になっているのは、女性ハンターと思っていたのですが、人工ガイドラインを移植された元ハンターだった言うことでした。

 

彼女もまた、人工ガイドラインを移植されていた。

その力の違いは、彼女が盲目であり目以外の感覚が研ぎ澄まされ精気を感知する力が優れていたと言うことらしが・・。

 

何か、のどに小骨が刺さったように気にかかるところがあります。

モンスターを倒しても経験値が上がらないことが、今の人工ガイドラインの欠点となっていましたが・・。

 

エイリックも、モンスターを倒しても経験値が上がらない。

似ている現象が、彼女にも起きていると言うことにならないのか?

 

逆にして考えると、エイリックは人工ガイドラインを移植してないのに同じような現象に陥っている。

将来的に、彼女との戦いもあるのではと思っております。

 

それから、今まで底しけない怖さを秘めていると思っていたアレハンドロでしたが・・。

実は、リチャードの手のひらで転がされているだけの小心者ではないのかと思い始めています。

 

本当のワルは、リチャードではと考えたりもしています。

ワルと言うより、主人に対して忠誠を尽くすと言うことかも知れません。

 

冷静で、冷淡であり成功するためには手段を択ばない人物ではと思えてきました。

リチャードが崇める主とは、一体どんな人物なのでしょう。

 

エピルが、捕まりませんように・・。

まとめ

今回は漫画『異世界剣王生存記』25話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『異世界剣王生存記』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫次回「異世界剣王生存記」26話はこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!