かりそめの公爵夫人ネタバレ

漫画かりそめの公爵夫人原作Jin Saeha先生、漫画Han Jinseo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「かりそめの公爵夫人」55話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

一向に薬草を献上してこないガスパルの元へセヘーズ皇女が訪れました。仮病を使って言い逃れをするガスパルになぜできないのかと詰め寄ります。困惑するガスパルの代わりにトリスタンがイヴォナの20%ならと答えるのでした。

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人55話の見どころ・考察予想

前回、ガスパルを見舞ったセヘーズは、仮病であることを見抜いているし、ガスパルに代わって返答するトリスタンを怪しいと思います。

 

人を見る目をちゃんと持っているのですね。

そんなセヘーズは、皇帝に自分がすでに薬草栽培の手配をしていると告げます。

 

さらに社交界の花と呼ばれるケルドン令嬢の力を借りたと聞いて皇帝は驚きますが、女性にそんなことをさせて恥ずかしいと謝るのです。

 

そのときのセヘーズの返しが格好いいです。

今回の件では、イヴォナを始め女性たちが活躍しました。

 

帝国の、庇護するという名目の女性蔑視が彼女たちの力で少しずつ変わっていく予感もしてきます。

かりそめの公爵夫人55話のネタバレ込みあらすじ

セヘーズからの報告を受けた皇帝はガスパルに激怒します。

皇位継承についても不安を表す皇帝―。

セヘーズ皇女の覚悟

アゼンタイン公爵が皇位に関心を示さない今、ガスパルが率先して立場を固めるべきだと怒り心頭です。

 

セヘーズがイヴォナも一人で北部全域を担当するのは大変なのに無理をしているのに比べて・・・と呆れた様子。

すべて言い訳としか思えないと言いました。

 

皇女であるセヘーズには、幸せな結婚をしてほしいと思っていたと切り出し、秋の討伐でもガスパルが活躍できない場合は帝国の未来のためにも考え直さないといけない、お前もこれまでのように過ごせなくだろうと謝ります。

 

ところがセヘーズは、自分は帝国のことを最優先に考えているとにっこり笑いました。

セヘーズはすでに薬草栽培に関して独自に働きかけています。

 

召喚士を手配し、数日以内に製造過程に入るから、ガスパルの分が少量でも間に合うだろうと報告しました。

 

イヴォナに助言を求め、それをもとにケルドン令嬢が積極的に動いてくれたと言うセヘーズの言葉に、ケルドン令嬢がどうやって?と皇帝は不思議に思います。

 

社交界の花と呼ばれるには、それ相応の努力が必要で、そんな彼女の力添えがあったからこそ順調に進んだとセヘーズは説明しました。

 

皇帝は口をあんぐり開けてあっけにとられます。

女だけの力で成し遂げるとはたいしたものだと言う皇帝。

 

そしてレディーたちにそんなことをさせて恥ずかしいと言って謝りました。

するとセヘーズは、何が恥ずかしいことのなのでしょう・・・と言うのでした。

 

イヴォナもケルドン令嬢もそして自分も自らの意思で行動したのだから謝る必要はないとセヘーズ。

私は弱者でも子供でもないと言いながら皇帝の横をすり抜けて歩き出します。

 

帝国のためにこの身を捧げる覚悟はできていると宣言しました。

わたくしを信じてください・・・と。

セヘーズからの手紙

イヴォナの元へセヘーズから手紙が届きました。

首都の伝染病が収まりつつあることと、皇帝がイヴォナの功績を高く評価していると書かれています。

 

そして、ガスパルは中部の患者のためにイヴォナの20%程度を栽培する予定だと知らせてくれました。

 

イヴォナはそれを知って、そんなに大量の薬草をどうやって栽培するのかと疑問に思います。

今は帝国が公式に召喚師に協力を仰いでいるため、ガスパルを手助けする召喚師がいるとは思えないのです。

 

イヴォナがガスパルを手伝った理由は、愛していたから。

今の状況でそんな召喚師を見つけるのは不可能に近いと思うイヴォナですが、一人だけいる・・・とトリスタンを思い浮かべました。

 

でも、トリスタンの召喚術はまだ半人前です。

一体どうやって栽培するつもりだろうとさらに疑問に思うイヴォナ。

 

セヘーズの手紙には、トリスタンのことを疑っていることが書かれていて、イヴォナはさすがだと感服します。

 

本質を素早く的確に捉え、行動し結果を出したセヘーズが皇帝になればきっと帝国の未来も変わるはずだと思うのでした。

 

これまでパラマ帝国には女帝は一人も居ないけれど、不可能なことではないと思うイヴォナ。

 

セヘーズの手紙には、アゼンタイン公爵夫人のご功績に対し、皇家を代表し心より感謝申し上げます、と綴られていました。

かりそめの公爵夫人55話の感想&次回56話の考察予想

セヘーズ皇女、素敵です。

ガスパルに詰め寄る(にこやかに)姿は、只者じゃないと感じさせましたが、薬草栽培の手配まで済ませていたとは!

 

そしてケルドン令嬢という、またまた女性の力添えがあったことが爽快です。

 

帝国では、女性を下に見る風潮があるから、イヴォナも公爵家の家臣たちに煙たがれていました。

なんで女性が会議に出てるんだ?って。

 

もし女帝誕生となったら、何かが変わるのかもしれませんね。

 

ガスパルは窮地に立たされたわけですが、トリスタンが何か企みそうで嫌な予感がします。

たいした力もないのに、悪知恵が働くから、どうせ姑息な手段を使ってくるのだと思いますが。

いい加減コテンパンにやっつけられてしまえばいいのに・・・。

まとめ

今回は漫画かりそめの公爵夫人』55話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

かりそめの公爵夫人』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!