悪女のペット(ピッコマ)ネタバレ

漫画「悪女のペット」原作Seobo先生、漫画Harnenn先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女のペット」27話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

シャシャの考えが理解できないと言うナスカ。

好きな人の前で効率を求めないでと説明しますが、納得がいかない様子です。

 

そんなナスカに「公爵に紹介したい為口調を直して欲しい」と頼みます。

しかしシャシャの説得も空しく、ナスカは顔を背けてしまいます。

 

一方アースは陛下に呼び出されていました

何故呼ばれたんだと聞いても「分からない」としか答えないアースに苛立つヨハネス。

 

兵士に入室を許可されたアースは陛下の部屋に入りますが・・・。

≫≫前話「悪女のペット」26話はこちら

悪女のペット27話の見どころ・考察予想

陛下がアースを呼び出した理由とは・・・?

アースは陛下に呼び出されてしまいましたが理由が分かりません。

先日のリリスの事は関係があるのでしょうか?

 

ヨハネスの相変わらずなひどい態度も気になりますが、溺愛している息子の話である可能性もありそうですね。

なんにせよアースにとって嫌な話ではないと良いのですが・・・。

悪女のペット27話のネタバレ込みあらすじ

陛下に呼び出されたアース

(感動的な愛情だな・・・)

ヨハネスの皇位を心配する親バカっぷりにアースは内心うんざりします。

 

訪ねたのは剣術に興味があったからだと説明するアース。

 

「この国を治めるのはヨハネス殿下です」

「戦争についての知識も必須だと判断しました」

 

私の忠心を疑わないでくださいとアースは跪きます。

陛下を裏切ることは決してないと忠心を誓うアースを眺め、ふっと笑う陛下。

 

お前を信じるから期待に応えてくれと言います。

 

「ヨハネスにはレベッカは勿論、お前の力も必要だ」

「ペインは今の位置がちょうど良いと思わないか?」

 

陛下の言葉を聞いたアースはバレないようにニヤッと笑い「ごもっともです」と答えました。

お茶会でのナスカ

一方庭園では令嬢たちがリリスの悪口で盛り上がっています。

 

「チェイス家のアルゴがリリス嬢のせいで自殺しかけたんですって」

「それなのにリリス嬢は落ち着き払っていたようよ」

 

なんて冷たいのかしら!と盛り上がる令嬢達に対して(可哀そうなのはリリス嬢ね・・・)と思うシャシャ。

ふとナスカの表情を見ると退屈さが思いっきり顔に出てしまっています。

 

誰かに見られたらどうしよう!とシャシャは慌てます。

丁度そんな時にお開きの声が上がりました。

 

助かった・・・と思ったシャシャは、令嬢たちが居なくなるとキッと顔をナスカの方へ向けます。

 

「顔に出さないで下さいナスカさん!」

「ここにいる人達は貴族なんです!あなたはすごい魔術師かもしれないけど―」

 

しかしシャシャの言葉を遮ったナスカは「嫌にならないのか?」と尋ねます。

「よく一日中人の悪口を聞いていられるな」ナスカの言葉にシャシャは怒ります。

 

「それが社会生活なの!だから嫌でも我慢しないといけないのよ!」

シャシャだって好きで悪口を聞いているわけではありません。

 

じゃあレベッカの力でも借りれば良いじゃないかとナスカは提案しますが、ため息を漏らすシャシャ。

「そんなことをしたら二人とも評判が下がってしまうでしょ・・・」

 

(貴族令嬢の楽しみなんてこれ位しかないんだから!知った口きかないでよ!)

憤慨するも、ナスカはドラゴンであることを思い出し冷静になるシャシャ。

街に出るシャシャとナスカ

ナスカを連れて街に出かけることしました。

焼き鳥を買うシャシャに売り子が「ランチのデート?」と声を掛けますが、焼き鳥はおやつよと答えるシャシャ。

 

次に食べるものを決めているとふっと知った香に気が付きます。

振り返ってみるとそこにはフードを被ったリリスの姿がありました。

 

悪女のペット27話の感想&次回28話の考察予想

陛下の話の内容はヨハネスの事でしたね。

ヨハネスに対する愛情を少しでもペインに与えることは出来ないのでしょうか・・・?

 

一方シャシャは街中でリリスを見かけていましたが、どこへ向かっているのでしょうか?

リリスに入れ込んだ男の自殺騒ぎを聞いたばかりなので心配になってしまいます。

 

次回リリスの行き先は判明するのでしょうか!?

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』27話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「悪女のペット」28話はこちら