悪女が恋に落ちた時のネタバレ&感想

漫画「悪女が恋に落ちた時」は原作redgu/HJ先生、漫画DCBO先生、Seo Gwijo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女が恋に落ちた時」12話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ロックスがルペルシャの為に悲願する中、なんとアイリック公爵は冷たく断ったのです。

そんな姿を見たユジンは、ルペルシャをお姫様抱っこして部屋を出るのでした。

ルペルシャは、自分の願いをごまかすために、手をつなぎたいというのでした。

≫≫前話「悪女が恋に落ちた時」11話はこちら

悪女が恋に落ちた時12話の見どころ・考察予想

手をつなぎたい、そんなかわいらしいルペルシャにユジンの反応は?

ルペルシャは、ユジンが遠くへ去ってほしいという本当の願いを隠すため、そして、女性不審のユジンを安心させるために、手をつなぎたいというかわいい嘘をつきました。

 

これは、俗にいう優しい嘘ですよね。

こんなかわいい嘘に、ユジンがいつもならドン引きするのだと思いますが、ルペルシャの不治の病を知ってしまったユジンは、そんな冷たい態度はもう出来ないでしょう。

 

そのため、私は、ユジンは紳士的に、そのお願いを聞いてあげると思います。

しかしこんなイケメンと手をつないでルペルシャは恋に落ちないのでしょうか?

 

ルペルシャが誰に恋に落ちるのかも気になりますね。

悪女が恋に落ちた時12話のネタバレ込みあらすじ

手をつなぎたいというルペルシャに、ユジンの気になる反応はいかに?

手をつなぎたいといったルペルシャに、ユジンは、この女もか?というようなこわばった表情をします。

そんなユジンの表情を察し、ルペルシャは、これは恋愛感情ではなく好きな気持ちであり、友達になりたいということを笑顔で伝えたのです。

 

すると、ユジンは安心したのか、これからはわざわざ頼まなくても自分がルペルシャを守ると言い、ルペルシャの手をにぎぅたのでした。

皇宮にいる間は名誉をかけて守るというまるで復帰宣言のような含みのある言い方でしたが、気をつけて帰るように言うユジンの笑顔に、こんな笑顔を見たらだれでも落ちるなと、自分のドキドキ高鳴り続けた心臓にお疲れさまというのでした。

 

そのころ、その優れたルックスから、簡単に好意を持たれやすいユジンは、そのせいで警戒心が強くなっているのですが、ルペルシャの好意はほかの女性たちとは違うことを考えていたのです。

理由は不明だが、ルペルシャがユジンを大切に思っているのは伝わったようですが、同時に違和感を覚えていました。

 

ルペルシャは初対面の時から冷たかったのに、なぜ今こんなに優しく自分のことを好きだというのか不思議でたまらなかったのです。

そして、自分に出て行ってほしいというのも純粋な気持ちに見えたのですが、それでもユジンはルペルシャを完全に信用することはできませんでした。

 

そう、ユジンは、どんな女でも自分の体を求めるので、ルペルシャが手をつなぎたいだけだなんて信じられなかったのです

 

しかし、ルペルシャが友達になりたいといったのは嘘でないと気づき、ルペルシャへの警戒心もなくなったのですが、ルペルシャが変な人間で、好きという感情がこんなにピュアな感情だということにユジンは驚きました。

ユジンは、人生で初めて警戒心が無意味だと気づいたのです

良心が痛むアイリック公爵、そしてそこに現れたのは?

一方、アイリック公爵は、泣きすがるラファリエスというドクターを思い出しながら、それがルペルシャ本人にも聞かれてしまったことを悔やんでいました。

そして、ルペルシャは冷たいという噂とは正反対に、明るく優しい表情なことを思い出し、気が散っていたのです。

 

アイリックは、誰かの苦しみを見て見ぬふりをすることで罪悪感に苦しめられていたのでした。

 

そして、そこに突然現れたのはなんとユジンだったのです。

しかし生意気なアイリック公爵の態度にユジンはかちんとし、アイリック公爵も、なぜ開いているドアにノックをしたのかとお互い気に障ってしまったようです。

そう、二人の初対面は、お互いピリピリした空気の中の最悪な対面でした。

 

ユジンはさきほどのドクターの名前を聞くと、同時に、ルペルシャの病気の口止めをしたのでした。

そんなユジンは、主人を守るのは当然だと、にやりと笑ったのでした。

悪女が恋に落ちた時12話の感想&次回13話の考察予想

やはりユジンはルペルシャの願いを聞いてくれましたね!

最初ドン引きした顔にはまたかと思いましたが、ルペルシャの純粋な好きという気持ちが伝わったのでしょう。

 

まあ、普通に異性に好きだから手をつないでほしいといわれたら、ユジンと同じ表情になりますし、手だけかと疑いますよね。(笑)

 

そして、アイリック公爵に会いに行ったユジン、ルペルシャへの友達としての愛を感じますね。

ルペルシャの第一オタク活動は、ユジンと会い仲良くもなり、成功でしょう。

 

次回ですが、アイリック公爵とユジンの話が気になります。

アイリック公爵は、わざわざルペルシャの病気を口外するタイプには見えないのでそれはないでしょうが、お互い印象最悪な状態からどうなっていくのか、ユジンとアイリック公爵の関係性も楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『悪女が恋に落ちた時』12話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

手をつなぎたいというルペルシャの願いを、ユジンは勘違いしてドン引きしますが、ルペルシャの純粋な友達になりたいという気持ちを察し、ユジンはルペルシャの丘?手を握りました。

そして、昼間の冷血な態度のアイリック公爵に言いたいことがあるユジンは、アイリック公爵に会いに行ったのです。

 

≫≫次回「悪女が恋に落ちた時」13話はこちら