俺だけログインネタバレ

漫画「俺だけログイン」は原作トイカー先生、漫画Rose Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「俺だけログイン」51話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

富士山に行くことを一旦保留し、自身の回復を優先した翔太。

休憩しながら自己分析をし、自身のスキルを整理するのでした。

≫≫前話「俺だけログイン」50話はこちら

俺だけログイン51話の見どころ・考察予想

尻尾のスキルをどの様に鍛えていくのか気になりますね。

自分の意志で自由に動けるようにすると、何か特殊な効果が付与されるとか?色々考えてしまいます。

 

そして、翔太がスキルアップをしている間、富士山はどのようになっているのか?

翔太以外では歯が立たない現状を考えると、いい方向に進んでないような気がします。

俺だけログイン51話のネタバレ込みあらすじ

尻尾の鍛錬が終わった翔太

尻尾を鍛えた翔太は、尻尾で湯呑を掴むくらいまで成長していました。

地面を掘るだけだった尻尾が、何の違和感もなく動かせています。

 

もう少しで手と同じくらいになりそうと期待を持つ翔太に、羨ましいと賞賛をおくる神崎。

その神崎に「翼と取り換えるか?」と言われ、さすがに断るのでした。

 

プレイヤーは翼で飛べるので、有利な位置で攻撃できるから、尻尾も使い方次第で有利になるはずと考えます。

そして、この重さななら「ヘビーウェポンバトル」も使えると閃きました

 

後ろからの攻撃にも備えれるが、今度は「ダメージを受けたらどうなるか」と美羽に聞きます。

美羽が言うには「尻尾はプレイヤーの翼と似ている」とのこと。

 

プレイヤーはどんな事があっても翼を失うことがなく、翼が攻撃をうけると身体の中がダメージを受けると説明。

普段はポーション等で回復可能だけど、それ以上の攻撃をうけると、翼の損傷というより自身がやられてしまうという理屈です。

 

ダメージをうけて飛べなくなると、落下して「リタイア」となり、それがプレイヤーの死だと言いましす。

 

それを聞いて翔太は、とりあえず尻尾が切られる事はないのを確信しました。

立ち上がり、「戦いにでるか!」と気合をいれました。

 

神崎は喜び「アニキの戦いを見れる」と浮かれます。

だが翔太に「今の姿を昔の仲間に知られたくなければ、あまりでしゃばるな」と釘をさされました。

 

優秀な人材を失って打撃をうけてるギルドに、死んだはずの2人が生きていると知られたら面倒なことになると説明する翔太。

ダンジョンに入るまでは一目は避けろと注意を受け、神崎は同意しました。

 

「いつからこんなに仲良くなったのか」と、話す2人に冷ややかな言葉を向ける美羽。

翔太は美羽にも外では隠れるように注意し、バレたらあのマスターがどう出るかわかんないと説明します。

 

それを聞いて美羽は青ざめます

そう、あのマスターとは美羽ちゃんの婚約者を名乗り出たやつ。

 

面倒な奴だと言う翔太の言葉をきいて、「やだぁ・・」と寒気がする美羽。

それを見て、最初から関わらないほうがいいと忠告します。

 

不安がる美羽は「バレたときの対策はあるんでしょうね?」と聞きますが、翔太は「そんなものはない」と否定します。

呆れる美羽をよそに翔太は「富士山へ行くぞ!」と気合を入れるのでした。

 

しかし、途中のサービスエリアで焼きトウモロコシがあるかどうか心配する翔太と、他のメニューのほうがいいと言う美羽。

そして、何でも良いという神崎。

 

この呑気さとは裏腹に、富士山の惨状を翔太達は知りませんでした。

 

富士山へ向かう途中には・・

山林では、モンスターの攻撃でヘリが落とされ、モンスターが集団で動き始めているとのこと。

「昨日落ちた閃光が原因なのか?」とインカムで指示がでます。

 

そして、インカムから部隊全員に「警戒態勢だ!敵が集団で攻めてくるかもしれない」と伝令がはいります。

現場で戦ってる部隊は、相手が小型モンスターでも集団だとマズいと思い始めていました。

 

ヘリの撮影ではかなり大きいモンスターも発見されてるとのこと。

「もう少しで休暇だったのに・・」と漏らす兵士にもう一人の兵士は、「俺は休暇中に呼び出されたんだから頑張れと」励まします。

 

その2人の兵士の会話では、プレイヤーは苦戦中とのこと。

この付近はまだ大丈夫だとは思うがしっかり見張って、少しでも怪しかったら打てと部下に伝えます。

 

そこへ現れた翔太は「ここからはバイクでは入れないか」と独り言を言いながら横切ろうとしました。

咄嗟に翔太に銃をむける兵士に、上司は「民間人かもしれないから向けるな!」と注意します。

 

止まれ!」と部下は言いますが、そこには何かを食べた跡があるだけで、レジ袋が落ちていました。

翔太は猛スピードでその場にはもういなく、富士山へ走っていました。

 

山で食うとうまいと言う翔太。

美羽は久しぶりに遠足に来た気分で楽しかったといいます。

 

神崎は、兵士にわざと注意を引いた理由をききました。

翔太はこそこそ隠れるのは性に合わないと回答し、ちょっと挨拶したみたいなものと答えます。

 

「もう少し警戒心もてという意味も込めて」という翔太に美羽は「ただの意地悪ですね」と言うのでした。

 

俺だけログイン51話の感想&次回52話の考察予想

尻尾が手足と同じくらい自由に動かせるってのが凄いですね。

ただでさえ強いのに、尻尾が加わるとかなりの戦闘力が加わりそう・・・

 

しかし、身体の一部ということで、とっさに尻尾へダメージがいくとかなり痛手になりそうです。

もしかしたら、謎のスキルが役にたつのかもしれませんね?

 

富士山へいくと、あのマスターに会うんだろうなぁって感じがします。

そうなると、なかなか厄介で面白いことになりそうですね。

 

富士山の惨状を翔太達がまだ気づいてないってのも気になりますが、富士山の戦いを楽しみにしたいと思います。

 

まとめ

今回は漫画『俺だけログイン』51話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「俺だけログイン」52話はこちら