公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ

漫画「公爵家のメイドに憑依しましたは原作Jooahri先生、漫画Aloha先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」57話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

リアンドロにプレゼントされた綺麗なドレスに身を包んだイベリナ。

対面したリアンドロはイベリナの美しい姿に見とれてしまいます。

 

二人にはもう身分の差はなく、周りの目を気にすることはなくなりました。

心置きなく手と手を取りあって子爵のもてなす晩餐の場へと赴いていきます。

 

晩餐にはイベリナが今まで食べたことのない、とてもおいしい料理が並んでいました。

おいしい料理を楽しむイベリナに子爵夫人が名前を尋ねます。

自分の出自を知られてしまえば、リアンドロに不都合があるのではないかと思い、イベリナは答えるのを戸惑ってしまいます。

 

そんな中、リアンドロは迷わず彼女の肩に手を回しイベリナを自分の恋人として紹介するのです。

 

≫≫前話「公爵家のメイドに憑依しました」56話はこちら

公爵家のメイドに憑依しました57話の見どころ・考察予想

もうコソコソする必要のなくなった二人。

前回から思う存分いちゃつくようになっています。

 

二人の幸せをずっと願っていたリリアナも二人の姿を見て微笑ましそうに見ていました。

それでもまだイベリナは自分の出自に負い目を感じていましたね。

 

ベラビティ家は先代(リアンドロの両親)の破廉恥な振る舞いによりただでさえ悪い噂を流されている所。

リアンドロのことを考えると庶民の出の元メイドと付き合っていることなど周りに知られるのは避けたいところですからね。

 

そんな中リアンドロの男気ある言動。

庶民だとか周りの噂だとか全くかまうことなく、恥ずかしげもなくイベリナのことを恋人として紹介していました。

 

こうなれば社交界の噂になってしまうことは必至でしょう。

まだ彼女の出自はほとんどの人に伝わってはいませんが、社交界には彼女の出自をよく知る人物がいます。

そう、ディエゴです。

 

このままディエゴに伝わってしまえばトラブルは確実に起こってしまうでしょう。

しかしそれももう少し先のお話かと思われます。

今は幸せ絶頂の二人のいちゃつきを存分に楽しみしょう。

公爵家のメイドに憑依しました57話のネタバレ込みあらすじ

子爵夫人も令嬢も公爵の恋人イベリナに大注目!?

子爵一家の前で堂々とイベリナを恋人として紹介するリアンドロ。

イベリナは突然のリアンドロの大胆な行動に驚きます。

 

客先でこんなに堂々と紹介してしまえば社交界に噂が立ってしまうことは確実です。

自分の出自が周りに知られることがベラビティ家の名声に傷をつけてしまうのではないかと心配なイベリナは、リアンドロに大丈夫なのかと囁きます。

 

しかしリアンドロはそんなことはまったく気にしておりません。

彼女のことを純粋に素晴らしい人間だと思っているリアンドロにとって身分の差や世間の噂など微々たる問題。

 

今や身分も同じでずっと一緒に入れることから、イベリナを噂や陰口から守ってやれるという安心があるのでしょうか。

彼女のことを自信をもって紹介するのです。

 

公爵の恋人として紹介されたイベリナのことを子爵の令嬢は羨望のまなざしで見つめます。

また子爵夫人もリアンドロとイベリナの若いカップルをほほえましそうに見ていました。

 

公爵の恋人として知られたイベリナに子爵一家からの注目が一気に集まってしまいました。

晩酌を終えたリアンドロ、イベリナの部屋に流れ着く

晩餐を終え部屋に戻ったイベリナ。

料理がおいしすぎてすっかり食べ過ぎてしまいました。

 

一人部屋で思い起こすのは子爵夫人や令嬢から注がれるキラキラしたまなざしです。

リアンドロに恋人として紹介されたことですっかり注目されてしまった・・・。

 

地方とはいえ子爵家であんな風に紹介されてしまえばあっという間にうわさが広がってしまうことでしょう。

今後のことを案じていると、ノックの音が。

 

子爵につかまってたくさんのお酒を飲んでいたリアンドロが部屋にやってきました。

地方の家で若い貴族が訪れることが少ないのでしょう。

リアンドロの来訪に気をよくした子爵が彼を引き留めて晩酌を楽しんでいたのです。

 

お酒の飲みすぎでふらふらになってしまったリアンドロ。

もう夜更けの寝る時間になっていましたがイベリナの部屋へと入れるように言ってきます。

 

イベリナはリアンドロを彼の部屋へと戻るよう促そうとしました。

しかしお酒の飲みすぎでリアンドロはその場で眠ってしまいます。

 

仕方なくイベリナは彼をおぶって、自分の部屋のベッドへと運ぶのでした。

酔ったリアンドロの危険な誘惑

何とかリアンドロをベッドに寝かせると、イベリナは自分がリアンドロの部屋で寝ることにし、部屋から出ようとします。

しかしそこで目を覚ますリアンドロ。

イベリナの手を掴み、側から放そうとしません。

 

リアンドロの酔って上気した頬と切なげな表情を見てイベリナはドキドキしてきてしまいます。

このままでは流れで大人の階段を上ってしまいかねない!

 

イベリナは流されないよう自分の頬を叩いて心を落ち着けました。

そして明日の朝も早いからとリアンドロに寝るよう促します。

 

ふと、リアンドロは彼女の手に残る傷跡を目にして、悲しそうな表情を浮かべます。

自分のせいで傷物にしてしまった彼女の体。

 

もう戻すことのできない傷跡を、リアンドロは少しでも癒そうと手を取り舐め始めました。

そしてそのまま彼女のすべてを奪おうと手のひら、指の付け根をなめ、そのまま指をくわえて舐めるのです。

 

変な気分になってきたイベリナはリアンドロを止めようとしますが、彼は構わず続けようとします。

このままでは流される!

 

イベリナは慌てて手を引っ込めて、抗議します。

しかしリアンドロの表情は上気したままですっかりその気です。

 

身の危険を感じたイベリナはすぐにリアンドロを布団に寝かせ、掛け布団をかけて部屋を出ようとします。

 

大人になった自分のことを子ども扱いしてくるイベリナに不満を隠せないリアンドロ。

こんなに大人になったのにと、シャツをはだけてしっかり筋肉のついた自分の肉体を見せつけます。

 

彼の肉体とシチュエーションに顔を真っ赤にしたイベリナ。

それを見ると、イベリナもドキドキしていることに感ずいたリアンドロは満足げにほほ笑むのでした。

公爵家のメイドに憑依しました57話の感想&次回58話の考察予想

ひゃ~~~!

中々アダルトな展開になってきました。

 

酔ったリアンドロは3年前のわがまま少年に戻ったかのような強引さでイベリナに迫ります。

上気した表情はとてもセクシーでエロかったですね。

 

イベリナもまんざらではなさそうにしていましたが、何とか一線を越えないように耐えています。

しかしこのままでは理性が吹き飛ぶのも時間の問題でしょう。

 

しかしむっとした表情のリアンドロをイベリナがベッドに寝かしつけるシーンは中々シュールで面白かったですね。

 

果たして次回で二人は結ばれるのでしょうか、それとも邪魔が入っちゃう!?

配信が待ち遠しすぎます!

まとめ

今回は漫画『公爵家のメイドに憑依しました』57話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「公爵家のメイドに憑依しました」58話はこちら