悪女が恋に落ちた時のネタバレ&感想

漫画「悪女が恋に落ちた時」は原作redgu/HJ先生、漫画DCBO先生、Seo Gwijo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女が恋に落ちた時」13話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ルペルシャの純粋な、友達になりたいという感情に警戒心が消えたユジンは、ルペルシャの手を握り、ルペルシャを守ると誓いました。

そして、ルペルシャを完全に信じたユジンは、アイリック公爵に、昼間ドクターから聞いたことを口止めするために会いに行ったのです。

≫≫前話「悪女が恋に落ちた時」12話はこちら

悪女が恋に落ちた時13話の見どころ・考察予想

ピリピリと殺気立つアイリック公爵とユジンの対面!話し合いはうまくいくのか?

初対面にして殺気立つ二人から、いい話し合いができるのか謎ですが、どちらももらるをもった よい大人ですから、アイリック公爵も、口外しないということを約束するのではないでしょうか。

しかし、ユジンとアイリック公爵の初対面はユジンが照れるシーンを想像していた自分にとっては少し悲しい初対面でしたね。

 

物語の中では悲しい結末に終わる二人でしたが、今世ではどうなるのか、二人の関係性がどうなるのかも期待ですね。

悪女が恋に落ちた時13話のネタバレ込みあらすじ

ユジンとアイリック公爵の話はうまくいくのか?

護衛棋士としてルペルシャを守るのは当然だというユジンにアイザックは口だけは達者だと呆れます。

そして、噂を広めたくないならドクターは一人で息を引き取るべきだったが、ドクターは特定の人物にしか口外していないようだから許すように言いました。

 

また、天皇陛下も隠す様子がないことから、あのドクターが気を付ければ秘密は漏れないだろうと助言したのです。

そして、部屋を出ていくユジンを見て、アイリック公爵は、ユジンがルペルシャをいかに思っているか知り、ユジンがルペルシャを毛嫌いしているという噂はデマだったのだと思うのでした。

 

そんな中、アイリック公爵はルペルシャを思い出し、少し助けてやるかななどと考えるのでした。

しかし、ルペルシャの噂は皇宮内で広がっていた!

しかし、噂はメイドたちによって、急激に広まっていったのです。

そして、噂が広まれば広まるほど、事実とは違う内容が広まっていきました。

 

そのころルペルシャは、自分が自ら命を絶とうとしたなどと、事実とは違う噂が広まっているのを気づかず、カインに会えたことと、ユジンにお姫様抱っこしてもらった喜びに浸っていたのです。

 

しかし、目を覚ますと体が重いことに気づきます。

起きるとすぐにアリンが慌てて駆け寄り、一日中気を失うていたと言いながら泣き始めたのです。

自分に痛みがなく実感がないルペルシャでしたが、そこにロックスもルペルシャを心配して飛んできました。

ルペルシャが倒れた!?しかし当の本人は・・

ルペルシャは、自分のために寝る間を惜しんでたすけようとしてくれているロックスの体を気遣います。

そんなロックスは、ルペルシャが大変なのに自分の心配をするそのやさしさにまた感動します。

 

そして、そんなルペルシャに、精神的にショックを受けると体に影響が出ると忠告しました。

それを聞いたルペルシャは、イケメンに興奮して貧血を起こした自分に気づき、恥ずかしくて顔を隠すのでした。

 

心配してくれるロックスたちを心配させないために、ルペルシャは正直に、昨日イケメンを二人も見たせいだといったのです。

しかし、もちろんそんなことを信じない二人は、自分たちを心配させないために気を遣っているのだと思い、余計に涙ぐみます

そこへユジンが助けに来たが・・

するとそこにユジンがいきなり現れ、昨日は自分と一緒にいたと証言しに来たのです。

ドクターたちは驚きますが、ユジンの行動ががおかしすぎて、ルペルシャは笑いをこらえるのに必死になるのでした。

 

ユジンは助けるつもりだったようなのですが、ルペルシャからしたら、そこかよと突っ込みたくなるようなことなのです。

そう、ユジンはものすごいイケメンなのに、どこかとても抜けているのです

 

そして、笑いをこらえられないルペルシャは、一人で休みたいというと三人は心配しながらも部屋を出ていきました。

 

するとルペルシャは、布団にもぐり、これでもかというくらい大爆笑したのでした。

悪女が恋に落ちた時13話の感想&次回14話の考察予想

ユジンとアイリック公爵があまり悪い方向にいかず、とりあえず安心しました。

しかし、アイリック公爵も、ユジンがルペルシャを嫌っていることを噂で知っていたのには驚きました。

 

物語で、相当嫌っていたのだなとわかりますが、それなのに今はこんなに仲良くなれてなんだか見ているこちらまでうれしくなりますね。

 

そして、ドクターたちが心配する中、ルペルシャは、痛みを感じないために本人だけケロっとしているのがこのストーリーならではですね。

ルペルシャは、ユジンが抜けていると思っているようですが、この状況を、ルペルシャを何も知らない人が見たら、ルペルシャが一番抜けているように見えるのではないでしょうか。

 

とにかく、今回は何事もなく平和な回になってよかったです。

そして、アイリック公爵が助けてもいいかなと思ったのが気になりますね。

 

次回、アイリック公爵が動き出すのか?楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪女が恋に落ちた時』13話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ユジンが口止めしようとしたのもむなしく、ルペルシャの噂は尾ひれをつけて広まってしまいました。

そんな中、ルペルシャが倒れて一日目を覚まさず、皆が心配して涙を流しながら駆け付けたのでした。

≫≫次回「悪女が恋に落ちた時」14話はこちら