シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ

漫画シャーロットには5人の弟子がいる原作、漫画YongYong先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「シャーロットには5人の弟子がいる」43話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ユリアンを追って魔浄石を奪っている組織のアジトに潜入したシャーロット。そこへ3人目の弟子のダンと黒い月の副団長キルハルトも潜入してきました。キルハルトはそのままシャーロットと行動を共にします。そしてダンとユリアンが顔を合わせ・・・。

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら

シャーロットには5人の弟子がいる43話の見どころ・考察予想

ユリアンはシャーロットがアジトに潜入したことに気付き、建物全体に魔法陣を張り巡らせました。

シャーロットは、ダンか自分の潜入に気づかれたと思います。

 

そして、囚えられたふりをして檻の中に入っているダンと目があったユリアン。

ここで、ひと悶着あるのでしょうか!?

 

ふたりとも大魔術師ですから、こんなところでやりあったら大変なことになりそうですね。

ダンと出会ったことで、ユリアンの記憶に何か変化があるような気もします。

 

シャーロットは、アジトに人が囚われていることと、ダン率いる黒い月が動いていることから、アベンタで起きた連続誘拐事件と関連があると気付きます。

 

魔浄石の強奪、誘拐事件、そして災い・・・だんだんつながってきました!

シャーロットには5人の弟子がいる43話のネタバレ込みあらすじ

ユリアンが侵入者がいると言ってその特徴を告げますが、それはシャーロットのこと。

傷一つつけずに捕まえるように、と言うユリアン。

 

そこで、ではこれではないなと目をやった先にはダンが・・・。

目が合うダンとユリアン。

 

でも、ユリアンはこんな間抜け面の魔族なんかじゃないと言い放ちます。

 

組織の男が、ユリアンのことを「リエル」と呼んだのを聞いたダンは事情をあらかた飲み込んだようで、アイツがあんなザマだからここにいらしたのかと独り言を言いました。

俺の師匠だ!私のです!!

ダンの独り言を聞いたユリアンが、踵を返してダンの元へ歩み寄りました。

どういう意味かと聞きます。

 

さあな、ととぼけるダンに腹を立てたユリアンが檻に飛び乗り大人しく答えたほうが身のためだと見下ろしました。

 

ダンもユリアンを見据えて、そんな姿でここにいる理由はわからないがしっかりしろ、と言います。

 

すると、ユリアンの脳裏にシャーロットとソファで値落ちしている小さな男の子の姿が浮かび上がり・・・。

前はもっと豆粒サイズじゃなかったかとダンに聞きました。

 

確か見覚えが・・・師匠に早く知らせないとと口にするユリアンに、ダンが師匠って言ったか?と喰らいつきます。

 

それってまさか俺の師匠か?私の師匠です!俺のだ!私のです!と口論になる二人。

そのとき、ゴゴォンと不気味な音が建物に響き渡りました。

ユリアンを説くシャーロット

音の正体は、キルハルトが魔法陣の解除に失敗した音・・・。

 

やり方を説明するシャーロットに、自分でやればとキルハルトは言いますが、自分のマナは貴重だからセーブしないとと答えるシャーロット。

 

シャーロットは牢屋に閉じ込められているつ人たちに、時期出られるから心配するなと声をかけています。

キルハルトはますますシャーロットのことを不思議に思っていました。

 

すんなり潜入して魔法陣の位置も正確に把握しているからです。

でも、シャーロットの6番目の弟子だから!という結論に納得するのでした。

 

じきに音を聞きつけた人がやってくるとシャーロットが言うと、ユリアン以外なら誰でも相手できるとキルハルトは胸を張ります。

 

そこへ現れたのはユリアン・・・。

瞬時にやられた兵士のフリをするキルハルト。

 

シャーロットは牢屋の中に潜みますが、ユリアンにいとも簡単に見つかります。

あなたは何者ですか?とシャーロットに声をかけました。

 

それは前から言ってる、ユリアンと答えるシャーロット。

そして、おまえの師匠がどういう人だったかをよく考えてみろと語りかけました。

 

人の魔浄石を奪い取り、罪のない人々を捕まえ、彼らを利用し何かを得ようとする・・・そんな奴が本当にお前の師匠なのか?と聞くのでした。

姿を現したエヴァン

別室ではユリアンが師匠と呼んでいる男が怪しげな物体を前に、名のある魔浄石ももう効かないか・・・まだまだ全然足りない、とつぶやいていました。

 

そこへ、それは次の段階に入った証拠ですと声をかける人物が。

成長した分より大きな力を欲するのだろうと言って、マント姿の男が近寄っていきます。

 

魔浄石とは比べ物にならないくらい高濃度のマナが無限に湧きでる人がいればよいのですが、と不穏なことを口にする男。

例えば大魔術師とか・・・。

その二人のすぐ近くには、エヴァンの姿が・・・。

シャーロットには5人の弟子がいる43話の感想&次回44話の考察予想

豆粒ダン、可笑しかったです。

本当はそれほど豆粒ではありませんが・・・。

 

ダンは3人目の弟子で、当時まだ子供でしたから、2番目のユリアンからみたらおこちゃまに思えて当然ですしね。

 

漫画ではユリアンも若いです。

少女というかんじ。

 

本を読んでいたのか、シャーロットもダンも本を手にしたまま値落ちしています。

そこに、ユリアンはそっと毛布をかけてあげる描写なんですが、ほっこりしました。

 

ダンと会ったことで、封印されていた記憶の扉が開きかかったのかもしれませんね。

少し前に、シャーロットと初めて会った時のシーンもありましたから、そろそろ思い出しそうです。

 

眼帯をした男は、小物感ありましたがエヴァンとつながっていた?

あのマントの男も気になります!

まとめ

今回は漫画『シャーロットには5人の弟子がいる』43話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら