転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ&感想

漫画転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?は原作kkiming先生、漫画N’oah先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」59話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

襲撃事件に関して協力したいと思うレアナと、記憶が混乱しているレアナを心配して関わらせたくない皇帝陛下。思いはすれ違います。そんなとき、神女となった転生者のミアが巡礼から戻ってきて、レアナの元を訪れます。

≫≫『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』の他の話数ネタバレはこちら

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?59話の見どころ・考察予想

レアナはミアに対して後ろめたい思いを抱えているので、実は会うのを躊躇っていました。

そんなレアナに対して、ミアは単刀直入に皇帝に恋心を抱いていたと告白します。

 

ところが、ミアはポジティブ思考、天然軽快キャラなので、芸能人に憧れるようなものだったと一笑し、今はレアナの方が好きだと明るく言いました。

 

自分の行いがミアの運命を変えてしまったと自責の念も覚えますが、ミアが慕ってくれる気持ちに救われるレアナ。

 

皇帝とレアナはすれ違ったまま話もできずにいますが、そんなとき襲撃事件の捜査が進展します。

ルマンが自分に任せてくれと言い出し、皇帝も承諾しますがテリアだけは渋い顔を・・・。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?59話のネタバレ込みあらすじ

妃殿下に会いたかったとミアに言われ、レアナは一瞬身構えます。

小説の中では、皇帝の運命の相手はミアだから・・・。

 

ミアはもじもじと、実は妃殿下にお伝えしないといけないことがあると切り出します。

ミアの運命を変えてしまった?

ミアが、襲撃事件から体調が優れないと聞いていたから今日会えて本当に嬉しいと言いました。

 

ミアは神女として正式に任命されたのよね?と確認して、巡礼から戻ってきて疲れているだろうからゆっくり休むようにとレアなは言葉をかけます。

 

戻ってきたことをレアナが知っていてくれたことを喜ぶミア。

すると、レアナは「そのこと」は教えてもらったと少し沈んだ表情で応えます。

 

レアナが気を取り直して、話って何かとミアに尋ねると、ミアは言いづらそうに陛下のことが好きだったと告白しました。

レアナはビクッと身構えます。

 

慌てたミアは、過去のことだし間違っていたことはわかっていると繕いました。

 

そういう気持ちがあったとしても悪いことじゃないとレアナが慰めても、身の程知らずだったと恐縮するミア。

そして、自分が伝説の神女かもしれないと思ったと正直に白状しました。

 

今は陛下より妃殿下の方が好きだと照れ笑いを浮かべます。

レアナは複雑な気持ちになります。

 

小説通りなら確かにミアは伝説の神女として幸せな人生を送れたはず。

自分が悪女にならないように努力したことで、ヒロインの運命を変えてしまったと思っていました。

 

でも、ミアがレアナの役になることはないのか?と頭をよぎりますが、目の前で妃殿下ラブを訴えている姿を見ると・・・陛下と結ばれることはなさそうだと思い至るレアナ。

 

それよりも、今は小説に登場しなかった脅威が現れ始めていることが気になります。

ここからのストーリーはレアナは知りません。

 

今自分が信じられるのは、小説の内容とこの世界で関わった人々だけ・・・そのとき、皇帝の顔が浮かびました。

陛下、と思わずつぶやくレアナ。

 

ミアが弾丸のように話をしているので、はっと我に返ります。

レアナの体調を心配するミアに、今更だけど私のことを心配してくれる人は大勢いたようね、と言いました。

 

ぷうっとほっぺを膨らませたミアが、この世界に来てレアナに出会えて本当に良かった、ここに来てたくさんの人に会って幸せだと伝えます。

 

身の程知らずな恋心を持ったことも・・・と皇帝の話に及ぶと、今度はミアは女心をわからない無神経男と街で聞いたと言い出し・・・。

 

聞き捨てならんとポールが口を挟んできました。

またもミアを喧々囂々始まります。

 

レアナも笑顔になり、最近は皇帝に大切にしてもらっているとミアに言いました。

妃殿下がそう仰るのなら、と矛先を収めるミア・・・。

 

和やかな空気が流れる中、急にレアナが昨日皇帝に会ったかとミアに聞きました。

巡礼の報告に行ったけれどなぜですか?とミアが聞きますが、なんでもないと作り笑いを浮かべるレアナ・・・。

ルマンに対するテリアの疑惑は晴れず

その頃、皇帝は襲撃事件捜査の報告を受けていました。

 

5ヶ所摘発した闇市のうち、1ヶ所で魔法道具の取り扱いがあったことが判明し、その商人を追跡中だとロードニアン侯爵が報告します。

 

魔法使いのロッシーが、レアナの協力のおかげで捜査が進展したと言うと、聞いていなかったテリアが説明を求めました。

 

妃殿下がアーティファクトに詳しいとは知らなかったと言って陛下は?と目をやると・・・。

しょんぼりうなだれている皇帝。

 

皇帝が捜査について指示を出していると、この件は任せてもらえないかとルマンが言いました。

ロードニアン侯爵も有り難いことだと言うので、皇帝は了承します。

 

ニッコリ笑ルマンの横で、テリアは険しい顔をしているのでした。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?59話の感想&次回60話の考察予想

ルマンは腹に一物持っていることは確かなんですが、本当に皇帝の敵なのかいまひとつわからないところがあります。

 

レアナにヒントを与えたのもルマンです。

皇帝はルマンのことをまったく疑っていないので、テリアは進言するわけにもいかず臍を噛む思いでしょうね。

 

レアナはミアと会って話したことで、ずいぶん気が軽くなりましたね。

 

悪女キャラを回避したことによって、一番変わったのは皇帝との関係で、レアナとしてももう皇帝のそばを離れたくないと思っているから、ミアがあっけらかんと黒歴史だと言ったことですっかり安心したようです。

 

あとは皇帝とレアナ、二人の距離がもう少し縮まれば・・・。

まとめ

今回は漫画『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』59話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ミアへの後ろめたさは解消されたレアナですが、皇帝とはすれ違ったままもやもやとした気持ちは変わりません。

ルマン総督の意図もわからないし・・・。

≫≫『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』の他の話数ネタバレはこちら