ピッコマ恋愛漫画・悪女は2度生きるのネタバレ&感想

漫画悪女は2度生きるは原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

「悪女は2度生きる」は、天才策略家のティアことアルティゼアが命と引き換えに過去に生まれ変わり、大義の大公セドリックを皇帝にするために歩む恋愛ファンタジーです。

 

転生前は皇帝である兄のためにありとあらゆる悪事を企てていましたが・・・?

今回は「悪女は2度生きる」1話〜3話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

悪女は2度生きる1話〜3話の見どころ・考察予想

兄に尽くした妹が、兄によって処分される

冒頭から主人公が引きずられ、処分されてしまう衝撃シーンからスタートします。

主人公のティアはこれまで兄を皇帝に押し上げるために何でもしていました。

 

ところがこれまでのことがバレるのを恐れた兄のローレンスがは口封じのためにティアを処分します。

絶望しているティアを助け出してくれたのは、過去に手を下したことがあるセドリックです。

 

セドリックは国のため、ローレンスを皇帝の座から引きずり落とさなければならないと決意しますが、ティアは怯えています。

もう皇宮を離れて穏やかな人生を送る道もあるのですが、ある決意するティアに注目です。

悪女は2度生きる1話〜3話のネタバレ込みあらすじ

策略家の妹ティアを処刑する兄ローレンス

暴君の策士で帝国を揺るがせた悪女がいます。

そしてとある男性の家族や恋人を奪いました。

 

男性は悪女に跪き、帝国を救うための策略を立てて欲しいと頼みます。

 

その数日前、ボロボロの姿で城へと引きずり込まれる女性がいました。

血の繋がった甥エイブを殺したむごい女と罵倒されます。

 

同じ思いをすればいいと泣きわめくエマを止める男性。

エマは我が子を殺されて落ち着けるはずがないと言います。

 

その男性は皇帝

エイブは陛下の子どもです。

 

引きずられてきた女性は陛下の妹ティア

何か誤解があるはずだと話す皇帝。

 

復讐を誓うエマ。

ここでティアは、エイブが殺されたことを知ります。

 

まずは子どもを殺した疑惑で罪人に仕立て上げられ、それに連鎖して告発が続くのです。

実際にティアが起こした罪は重く、皇帝であるローレンスはそれを知っているので罪名を付ける必要はありません。

 

これは皇帝ローレンスの陰謀なのです。

ローレンスはエマをなだめた後、倒れているティアの元へと近づきエイブを殺したのかと問います。

 

エマは、ティアの使いの者が立ち寄った後にエイブが血を吐いたと叫びました。

そこへエマの使いの者が引きずられてやってきます。

 

ローレンスは使いの者に尋ねました。

ローサン侯爵の指示でエイブに毒を持ったのか、と。

 

使いの者は、ローサン侯爵がはじめにエイブを殺し、その後皇帝陛下を殺す計画を企てていたと話します。

その発言に驚く貴族たち。

 

これが本当なのかと問うローレンスに、ティアはニヤッと笑います。

起き上がり、皇帝陛下に跪きました。

 

皇帝陛下は帝国ただ1人の権威者です。

帝国を背負う者として責任転嫁はおやめくださいとティアが最後の忠告をします。

 

その後ティアは謀反人として連れて行かれました。

ティアの視界が真っ暗になります。

 

ティアは拷問の末、いくつかの書類に署名をさせられました。

そして何人かの貴族と皇帝がいる裁判が続きます。

 

ローレンスは、いくらティアが妹でも侵した罪は重いと言いました。

国を揺るがせた舌を切るように命じます。

 

そして多くの人の血にまみれた腕を切り落とし、見せしめにすれば命だけは助けてやろうという結論を出したのです。

ティアは処刑人に腕を捕まれました。

 

夜、舌と腕を落とされ拘束されるティア。

昔のことを思い出します。

 

母と緑の中を歩いているティアの姿がありました。

お兄様の成功はティアの成功と教える母です。

 

ティアの名前はアルティゼア。

母はローサン侯爵夫人のミライラ。

 

グレゴール皇帝の愛人でした。

既婚者と未婚者の密通は法律で禁止されています。

 

なので権力者は意中の人を結婚によって側に置いていました。

ミカエル・ローサンは、サファイア鉱山を対価にミライラを皇帝に差し出したのです。

 

ミライラは皇帝との間に子を作ります。

それがローレンスです。

 

しかしティアは皇帝の娘ではありませんでした。

兄のローレンスは皇帝の子なのに、妹のティアはミカエル・ローサンに似ていると噂されます。

 

皇帝陛下がなぜティアを生かしているのか疑問に思われていました。

生まれたことを否定されながら育ったティア。

 

母のミライラはいつも兄を大切にするよう言います。

兄のローレンスのおかげで生きていられるのです。

 

ローレンスのために生き、ローレンスが皇帝になることが生きる道でした。

なぜならば、たった1人の妹を無下にはしないはず、ローレンスが成功すれば家族が幸せになるという考えです。

 

幼少の頃のティアは素直に返事をします。

愛されずに育ったティア、兄のために動くことは自分が生きるため

ティアは母から愛されたことがありません。

母はいつも兄のローレンスを見ていました。

 

程遠い幸せでした。

褒めてもらうのは兄の役に立ったときです。

 

例えばティアが入れたお茶が兄に美味しいと言われたとき。

また、ローサン侯爵家の財産がローレンスへ渡ったときです。

 

ただ、ティアも馬鹿ではないのでどんなに頑張っても母の愛が自分に向かうことはないとわかっていました。

幼い頃からの寂しさを圧し潰すのは簡単ではありません。

 

母とローレンスとティアは血が繋がっています。

ローレンスに何かあれば自分たちも落ちていくのです。

 

皇位を争った敵の一族を生かすことはありません。

生きるためにティアは何でもしました。

 

悪事や陰謀の才能があったティア。

忠臣を謀反人に仕立てたり、宮中の小さな悪事は日常です。

 

国民を苦しませ虐殺したのもティアでした。

民衆の希望とされていた聖女リシアを利用した挙句、死に追い詰めたのもティアです。

 

全て兄のローレンスのためでした。

継承争いでは珍しいことではありません。

 

ローレンスが褒めてくれます。

ティアは動じることなく多くの陰謀を起こしました。

 

そしてローレンスは皇帝になったのです。

ローレンスを皇帝にまで押し上げたティアですが、見返りは求めていませんでした。

 

怖かったからです。

長い時間と大きなお金を使って作った組織を実質解体した理由でもあります。

 

きっと情けで助けてくれると思っていました。

ところが多くのことを知ったティアは、罪が多過ぎたのです。

 

だからローレンスはティアが話さないように舌を切り、記録ができないよう腕を切ったのでしょう。

まるで用済みの犬のようです。

 

自業自得、牢の中でそう思うティアは狂ったように笑います。

笑うしかなかったのです。

 

自分のしたことを理解し、善人であることや許しを求めていません。

しかし一度だけ、とティアはある人の姿を思い浮かべます。

 

聖女リシアの姿です。

ティアはリシアを脅しローレンスと結婚させました。

 

恨まれていると思い直接尋ねたことがあります。

リシアは、憎んだ方がいいのかと聞きました。

 

ティアのことを許したと話すリシア。

予想外の言葉にティアは、リシアの影響力と象徴性がローレンスに足りないものだと気付きます。

 

リシアはローレンスの正当性を埋めるために必要だったのです。

だから利用したのにリシアの「許した」という言葉に胸がドクンと動きます。

 

リシアはふらつき、横になりました。

民衆の希望であるリシアが皇后になることを喜ぶ国民。

 

即位の日には皇后のために献上された花でいっぱいになりました。

リシアは金と毛皮で覆われ、足元にはシルクが敷かれています。

 

北の貧しい男爵家で生まれ育ったリシアがこの世の全てを手に入れたのです。

ところがリシアは、アクセサリーを付けずに参加した武道会、伝染病の蔓延する地域を訪れたのくたびれた服装のときよりもみすぼらしい姿となりました。

 

美しい赤味のある金髪は褪せてパサつき、唇は色を失います。

そうさせたのはティアです。

 

リシアだけは守ろうと誓ったのに、地獄に連れ込んでしまいました。

冷たい宮殿から守れなかったと後悔するティア。

 

病床のリシアを見にきたローレンスは、ニヤッと笑ます。

リシアとの約束、ティアを助けたセドリックは・・・

ローレンスは元々残虐的なところがありました。

正当性へのコンプレックスもあり、国民に賞賛されるリシアへの劣等感と憎悪が生まれていたのです。

 

華やかな宮殿はまるで監獄、リシアは孤立したまま衰弱していきます。

リシアは死にかけの人を助けることができるほどの力がありますが、自分の病には勝てません。

 

リシアはティアに元気だと伝え、ここにいるのは自分の責任だと話します。

皇帝との結婚を決めたのは自分自身だと言い、ティアがこれまで努力していたことを理解してくれました。

 

そして、人を傷つけたことは言い訳できないけど、リシアはティアのことを許します。

だからティアの背負っている荷物から自分を下ろすようお願いしました。

 

いつかセドリック様に会ったらリシアは悔いなく生き抜いたと伝えて欲しい、そう話します。

約束を誓うティア。

 

リシアは、ティアを助けられなかったことを謝りながらこの世を去ります。

 

ティアは牢の中でリシアのことを考えていたのか、夢を見ていたのか区別がつきません。

牢に入ってからどのくらい経ったのでしょうか。

 

時間の感覚がありません。

そこへリシアの使用人だったベーニャがいい気味だとやって来ました。

 

皇帝の策士もこの程度だと言いながら、ティアに繋がっている拘束具を外し外へ連れ出します。

なぜティアを助けるのでしょうか。

 

混濁した意識の中で連れ出されていることを理解するティア。

どこへ行こうとしてるのかわかりません。

 

荷台に乗せられ皇宮を出ます。

ヒソヒソと声が聞こえて来ました。

 

長い拷問と移動で大変だった、容態が悪くお茶を一口飲むとまた眠ったという話し声です。

ティアが目を冷ますと男性が立っていて、ティアのことをローサン侯爵と呼びます。

 

セドリックです。

天下一番の策略家のティアでも自分自身を守ることができなかったのだと尋ねました。

 

ここではセドリックの陣営です。

なぜセドリックがティアを連れて来たのでしょうか。

 

ティアは、セドリックを攻めるためにアバ川の堤防を決壊させたことがあるのです。

そのときセドリックは、グレゴール皇帝の命令で西部の国境を整備し戻る途中でした。

 

ところが水害を抑えるために軍を投入したのです。

命令に背いたセドリックはグレゴール皇帝から疑惑を持たれ、皇帝に追われることになりました。

 

セドリックはティアに、ローレンスの暴君を止めるために協力して欲しいと頭を下げます。

ティアには優れた頭脳があり、覚悟があれば何でもできるはずと話しました。

 

ここに来る途中で荷台から見えた光景を思い出すティア。

帝国一番のワインの産地バークワー村の姿がなかったことです。

 

バークワー出身者がロイガール大公にローレンス暗殺を企てた12年前のことが原因だと教えるベーニャ。

無残な姿となった場所はそこだけではありません。

 

無意味な虐殺、気を失うまで荷台で考えていたティア。

セドリックは、策略を立ててほしいと再度頼みます。

 

敵であるはずのティアに、大義のために頭を下げるセドリック。

ローレンスを落とさないといけませんが、力の差が大きすぎるのです。

 

軍事しかないセドリック陣営はその差を埋めるにはティアの策が必要でした。

兄に全てを捧げたティア。

 

手を血に染めた日から死ぬまで後悔しないと決めていたのに、涙が溢れます。

それを見て謝るセドリック。

 

ティアは後悔に潰されそうです。

セドリックは、近々田舎に送ることを約束し残る人生は穏やかな人生になるように、とティアの元を去ります。

 

ティアに策略はありませんが方法はあるのです。

それは古代魔法陣

 

魔法はかなり昔に消えた存在でした。

人身御供の問題だけではなく、正確に魔法陣を描ける者が少なかったのです。

 

ティアは古代文字を自由に描くことができました。

形勢逆転ができない今、その前に戻れば良いと考えティアは魔法陣の上に立ちます。

 

切られた口内を噛み血を出しました。

たった一度のチャンス、集中するティア。

 

ちょうどいい生贄だという声が聞こえ、魔法陣が光ります。

セドリックが駆けつけると、魔法陣の光が天高く放ちました。

 

今度こそ思いを遂げるよう、そう思ったはずなのになぜか過去に戻ったティア。

悪女は2度生きる1話〜3話の感想&次回4話の考察予想

リシアとの約束でセドリックに協力することを誓ったティアは、なぜか過去に戻ってしまいました。

しっかりと腕があります。

 

過去に戻り、兄のローレンスを皇帝から引きずり下ろす策略を立てることはできるのでしょうか。

それとも過去を変えることはできないのか、全てはティア次第です。

 

ところでティアはどの時代に戻ったのでしょうか。

リシアはいるのか、そしてセドリックと会うことはできるのか、次回に期待です!

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』1話〜3話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「悪女は2度生きる」4話はこちら