4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ

漫画4000年ぶりに帰還した大魔導士原作落下傘先生、脚色フジツボ先生、漫画kd-dragon先生でピッコマで配信されています。

今回は「4000年ぶりに帰還した大魔導士」53話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

階主ミケルは、フレイがタイフーンの耳飾りをつけているからアポストルの調査に同行して欲しいと願ったと話します。

そして、なぜフレイが魔図書を閲覧したいのか尋ねます。フレイはある秘薬を作りたく錬金術の研究がしたいのだと答えました。

そんなフレイにミケルは、魔図書よりもアデリア教授に相談したほうが良いと助言します。

 

訪問するフレイに、初めは多忙と疲労でイライラしていたアデリアですが見たことがないくらいの濃縮されたマナを差し出され興味をそそられます。

 

その後も、アデリアが要求するものを次々と出すフレイです。ついに秘薬の製造が始まりました。

 

≫≫『4000年ぶりに帰還した大魔導士』の他の話数ネタバレはこちら

4000年ぶりに帰還した大魔導士53話の見どころ・考察予想

ついに始まった秘薬の製造ですがうまくいったのか気になります。

秘薬が完成したとしてもフレイの身体に適合するのか、七成となれるのか注目してみていきたいです。

 

また、イサベルがアポストルの調査に同行するのかそろそろ1週間の期限となるでしょうから、彼女がどう言う決断を下しているのか楽しみです。

4000年ぶりに帰還した大魔導士53話のネタバレ込みあらすじ

ダークエルフの精霊術

フレイはダークエルフのリアムソンと手合わせをしています。あっという間にフレイが勝ち、リアムソンの動きは全てお見通しだと伝えます。

 

一方イサベルは他のダークエルフ達にマナの制御の方法を教えています。

イサベルの教え方がとてもわかりやすいようでダークエルフたちにも好評です。

 

イサベルは手合わせが終わったフレイに、秘薬が完成したのかと尋ねます。

 

今夜にも完成するだろうという答えに、七成の境地まで間もなくだと伝えるイサベルにまだ入り口に立ったに過ぎないのだとの考えを言うフレイでした。

 

そんな二人の会話を聞いていたリアムソンは、七成とは何かと疑問を持ちます。

 

その時、思い立ったリアムソンはフレイとイサベルに魔法を教わったお礼に、ダークエルフの精霊術を教えようと提言します。

気の合う精霊と契約を結ぶことで役立つことがあると考えたのです。

秘薬の完成

フレイはアデリア教授を訪ねます。

秘薬は完成したと伝えるものの浮かない顔をするアデリア。

 

何か問題が起きたのかと聞くフレイに、アデリアは完璧すぎる出来だと答えます。

完璧すぎることで、身体が溶けてしまうかもしれないと不安がるアデリアを尻目にフレイは興奮して喜びました。

 

どうなっても知らないと呆れているアデリアに、フレイはお礼としてエイドのネックレスを渡します。

 

何を勘違いしたのか、アデリアは教授と生徒の一線は越えていけないのだと赤面して、盛り上がって走り去ってしまいます。

その後姿を見ながら、マナエネルギーを正確に測れるものだと呟くフレイなのでした。

 

自室に戻ったフレイは秘薬を飲みます。

 

その頃別室では、リアムソンとイサベルが一緒に学んでいました。

イサベルは七成の境地の凄さをイサベルに問います。

身分の高さで表現するとアークマージ大魔法師の境地とイサベルは言いました。

 

それは、どんな国に出向いても伯爵以上の待遇が保証されたり皇宮の石版に名が刻まれるほどであり、歴史に名を残すであろう境地に立ったと伝えます。

 

リアムソンはフレイが出世するために鍛錬しているのかと聞きます。

イサベルはフレイの本当の目的はデミゴッドからこの世界を取り戻すことだと教えました。

 

フレイは秘薬の適合に打ち勝ち、七成の境地に達します。

アポストルの調査へ

階主ミケルと共にアポストルの調査に向かいました。

イサベルとリアムソンも一緒です。

 

イサベルは町に広がる不穏な空気を感じます。

フレイは空気ではなく、神力だと断言します。

 

そして、デミゴッドに神力を与えられた人間がどれほど強いのか早く知りたいというフレイなのでした。

4000年ぶりに帰還した大魔導士53話の感想&次回54話の考察予想

フレイはついに七成の境地にたどり着きましたね。

ダークエルフのリアムソンの動きも全てをお見通しだと伝えるくらいに、力をつけ、どこまで強くなるのかこれからが楽しみです。

 

そして、変人と呼ばれてしまったアデリア教授ですが勘違いしてしまう可愛い一面が見られました。

同性から見ると可愛い反応なのですが、強くなりたい一心のフレイには変人と見えてしまうのですね。

 

それにしても秘薬で身体が溶けてしまうかもしれないと伝えられて、最高じゃないかと返せるフレイがすごいと思ってしまいます。

 

いよいよアポストルの調査に向かったフレイたち、神力を与えられた人間は本当にいるのか、闘う事になるのか、デミゴッドたちは現れるのか。

気になります。

まとめ

今回は漫画4000年ぶりに帰還した大魔導士』53話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『4000年ぶりに帰還した大魔導士』の他の話数ネタバレはこちら