悪女が恋に落ちた時のネタバレ&感想

漫画「悪女が恋に落ちた時」は原作redgu/HJ先生、漫画DCBO先生、Seo Gwijo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女が恋に落ちた時」16話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ルペルシャは、心配してお見舞いに来てくれたユジンの前で、吐血してしまいました。

そんな中ルペルシャは、アイリック公爵が悲しい結末にならないよう、アリエルに惚れないようにする計画を立てたのです。

≫≫『悪女が恋に落ちた時』の他の話数ネタバレはこちら

悪女が恋に落ちた時16話の見どころ・考察予想

アイリック公爵がアリエルに惚れた「あの言葉」って何?

アイリック公爵がアリエルに惚れた、たった一言がどんな言葉だったのか気になりますね。

普通の人にとっては大したことのない言葉のようなので、きっとアイリック公爵には何かトラウマ的なことがあり、その言葉がアイリック公爵の心を開いたのではないかと思います。

 

というか、逆に、その言葉を聞かせないようにするのではなく、ルペルシャがその言葉を言えば、アイリック公爵はルペルシャに恋に落ちるということですよね?

私ならその言葉を使ってしまいますね。(笑)

 

どんな言葉なのか注目してみていきましょう。

悪女が恋に落ちた時16話のネタバレ込みあらすじ

ルペルシャの、みんなを守るための計画とは?誰を連れていくの?

ルペルシャは、カインにその言葉を聞かせなければ、あそこまで切ない思いをさせないで済むと考えます。

 

そんな中、ヘイレスという三人目のイケメンをどうするか考えました。

彼は、情報ギルド長であり、アリエルの泣き顔見たさに近づく少し変な人間で、ルペルシャは、この自由奔放な彼は絶対に亡くなることはないと思っていたのですが、結局最後はアリエルを助け、命を落としたのです。

 

ルペルシャは、ヘイレスには親友ダニエルがいるため、最悪の場合、ダニエルに耳打ちしに行こうと考えるのでした。

 

そして、イビエンとジェイン、彼女たちは皇太子を愛していたのですが、友人のアリエルの為に、皇太子を諦め夢をあきらめたり、ジェインに限ってはアリエルの代わりに毒を飲んで亡くなったのです。

さすがにルペルシャは、ジェインを助けなければならないなと考えます。

 

そして、結局悩んだ末出した結末は、連れていく人はユジンだけということになり、ルペルシャは、まずはユジンとカインが仲良くなれるように助けようと考えるのでした。

そう、ルペルシャは、押しのメンバーを絶対に守ると決めたのです。

ユジンも、ルペルシャの為に動く!しかしそこで待っていたのは?

そんな中、ユジンはメイド長を呼び出し、休暇中の間に皇女宮で何があったのか聞きます。

しかし、メイド長は何もなかった、いえ、あったとしてもお伝えはできないと意味深な言葉を返したのでした。

 

ルペルシャについて調べたかったのに、メイド長が思いのほか口が堅く、残念ながらも、さすがだと感心したのでした。

ユジンはルペルシャの吐血を思い出し、魔力を使ってルペルシャの体調を見たら、最悪な状態でひどい痛みにもかかわらず平気な態度をとるルペルシャに、もしかしたらあの不治の病以上に大きな問題があるのではないかと考えます。

 

そして、一秒でも早く、ロックスとともに動かなければと考えるのでした。

ユジンは、ある時期から、ルペルシャのことを考えると、守りたいと思うようになったのです。

 

そして、ロックスのもとに行くと、いかにもルペルシャのために集まったカイン、と助手もいたのです。

ルペルシャのために休暇を取ったというカインに、なぜ先日あったばかりのルペルシャに、そこまでするのか考えるのでした。

 

ロックスは、完治と緩和が必要だというと、アイリック公爵は、自分の魔力を体内で好きなようにコントロールできるため、アイリックの魔力とユジンの光属性の魔力を使いシナジー効果を期待すると提案したのです。

そのころ、当のルペルシャ本人は?

そんな中、ルペルシャは一人で、イケメンに会いたいと考えていました。

二日も誰も顔を見せず、退屈していると、リニが怒鳴られる声を聴きます。

 

そう、ルペルシャがリニにクッキーの焼き方を教えてと頼んだせいで、リニが深夜にクッキーを焼いたことでおじさんに怒られていたのでした。

そんな現場を見たルペルシャは居ても立っても居られず、自ら自分のせいだと謝ったのです。

 

そんなルペルシャを見て、あのルペルシャがと、驚きすぎておじさんはあっけにとられました。

そして、待っているのではなく、イケメンたちにも自分から会いに行けばよいと気づいたのでした。

悪女が恋に落ちた時16話の感想&次回17話の考察予想

この物語のキャラクターは、みんな最後が悲惨すぎますよね。

特に少女ジェインはなぜ自ら毒を飲んだのでしょうか、悲しすぎます。

 

そして、一番驚いたのはユジンが、ある時期からルペルシャのことを考えると守りたくなるなるようになったというシーンです。

これ、、ルペルシャにすでに惚れてませんか?

 

これは面白い展開になってきましたね。

そして、待つだけでなく自分から行動すればよいと気づいたルペルシャですが、これはすべての恋する女子たちに伝えたい言葉ですね。

 

次回、ルペルシャがイケメンたちに会いに行く?楽しみですね!

まとめ

今回は漫画『悪女が恋に落ちた時』16話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ルペルシャは、ここを去る時にだれを一緒に連れていくか考えましたが、結局やはりユジンだけという結論に至りました。

そんな中、ユジンたちはルペルシャの為に動き始めるのです。

ルペルシャは、イケメンに会いたく、自分から会いに行くと決めました。

 

≫≫『悪女が恋に落ちた時』の他の話数ネタバレはこちら