公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ

漫画公爵家のメイドに憑依しましたは原作Jooahri先生、漫画Aloha先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」59話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

子爵家にていちゃらぶな一夜を過ごし、リアンドロとイベリナはまた帰路につきます。

一緒のベッドにいるところをリリアナに見られてしまい、誤解はされてしまいましたが、リリアナは応援する姿勢を見せており問題はなさそう。

 

子爵家を出るときに二人は不穏な話を聞くことになります。

なんでもこの先の森ではここ最近立て続けに強盗殺人が起きているようです。

 

イベリナがベラビティ家を出るときにも南部にまつわる物騒なうわさを聞いてはいましたが、ここ3年で治安は悪化してきていたのです。

果たして一行は無事森を抜けられるのでしょうか!?

≫≫前話「公爵家のメイドに憑依しました」58話はこちら

公爵家のメイドに憑依しました59話の見どころ・考察予想

イベリナとリアンドロが再開してからしばらく二人のいちゃラブパートが続きましたが、今回から少し暗雲が立ち込めます。

恐らく帝国に恨みを持つアンブロセティ王国の残党が狼藉を働いているのでしょう。

 

高貴な騎士リリアナと3年の修練を積んできたリアンドロ。

二人とも剣技の腕前は確かだと思いますが、実際に披露する場はありませんでした。

 

森で強盗と出くわせば間違いなく大立ち回りが見れることでしょう。

初めてのアクションパートでは二人のかっこいいシーンが見れること間違いなし。

公爵家のメイドに憑依しました59話のネタバレ込みあらすじ

ソニアの森、暗躍する亡国の王子「ラファエレ」

子爵家を後にした一行は、遂にソニアの森までたどり着く。

リリアナたち護衛騎士がいるとはいえ用心するに越したことはありません。

リアンドロはイベリナをしっかり守るために気を引き締めるのでした。

 

イベリナの方では恐らく今頃帝国に反旗を翻すために暗躍しているだろうラファエレのことを考えていました。

彼は作品のメインヒロインのエレオノラの兄です。

かつてアンブロセティ王国の領土であった南部の治安が悪化しているということは、アンブロセティ人の鬱憤がたまっているということでしょう。

 

自分たちの周りでは順調に物語が進んでいますが、メインのストーリーでは激しい争いが始まろうとしていたのです。

今はもうエレオノラとリアンドロの間に深い関係はないとはいえ、嫌な予感を感じてしまうイベリナなのでした。

襲撃!イベリナ間一髪

嫌な予感はばっちり的中してしまいます。

行く手を阻まれた馬車が止まると、イベリナ目掛けて矢が飛んできたのです。

 

リアンドロが危機を察知して、彼女を抱き寄いたから助かったものの、矢は先ほどイベリナが座っていた座席に深々と刺さっていました。

 

リアンドロはイベリナに馬車に隠れて出てこぬように言いつけると馬車の外へと繰り出します。

 

馬車の外には浅黒い肌と暗めの金髪の集団が武器を手に手に立ちふさがっていました。

外をこっそり覗き見ていたイベリナは彼らの身体的特徴から南部出身のアンブロセティ人に違いないと感づきます。

 

リアンドロは武装したならず者集団を前にしても怖気づくことなく、公爵として彼らにここ最近の強盗殺人の犯人なのかと詰問します。

それに対しならず者のリーダーはヘラヘラと強盗殺人の戦果を自慢しだすのです。

 

そしてこの森はアンブロセティ王国の領土であるとし、だから森を無断で通ろうとする帝国の人間は襲われても文句は言えないと主張し始めました。

 

彼らは王国を支配されてからもずっと南部は自分たちの領土だとして、犯罪行為をもって主張を続けていたのです。

しかし悔しい気持ちがあったとしても彼らの行っている行為は許されるものではありません。

これ以上の話し合いは無駄として、リアンドロはリリアナに攻撃開始のアイコンタクトを送ります。

リアンドロとリリアナの大立ち回り

リアンドロは向かってきたならず者の剣を軽々と受け流すと、すぐに薙ぎ払ってしまいます。

馬車の窓から見ていたイベリナはリアンドロがこれほど強かったとは知らず、感心しています。

 

しかしリアンドロの背後では弓兵が彼を狙っていました。

このままでは撃たれてしまう!

しかしすぐに駆け付けたリリアナが放たれた矢をすべて叩き切ってしまいます。

 

素早くかっこいいリリアナの動きにイベリナは黄色い歓声を上げました。

そんなイベリナの反応を見て、リアンドロはリリアナに軽い嫉妬を覚えます。

 

あれくらい俺だって・・・。

 

リアンドロがリリアナたちに気を取られていると、そこにモーニングスターの鉄球が飛んできます。

紙一重でよけますが、その先に遭った馬車は破壊されてしまいました。

あの中にはイベリナが!

 

リアンドロはイベリナの心配をしますが、彼女は無事でした。

しかしリアンドロの怒りは収まりません。

イベリナのお気に入りの馬車を破壊されてしまったのです。

 

リアンドロはモーニングスターをふるうならず者集団のリーダーに向かっていきます。

公爵家のメイドに憑依しました59話の感想&次回60話の考察予想

この作品初のアクションシーン。

リリアナは強いとは思っていましたがリアンドロもあんなに強いとは思いませんでした。

 

イベリナはあんまり緊張感ありませんが、命の危険もある戦いです。

誰か死んでしまわないかちょっとハラハラしますね。

 

私としてはイベリナの盛り上がり様は少し鼻につきます。

強いことに感心するのはいいのですが、下手をすれば相手は殺されていますからね。

 

あんな風に楽しそうに見物する場ではないと思います。

もう少し怖がっていもいいのではないかと思いますが・・・。

それなりの常識人だと思っていたのに、イベリナも結構ねじ外れちゃってるんですね。

 

次回はならず者集団のリーダーとリアンドロの決着編です。

果たしてどちらが勝利するのでしょうか!?

まとめ

今回は漫画『公爵家のメイドに憑依しました』59話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「公爵家のメイドに憑依しました」60話はこちら