かりそめの公爵夫人の韓国版ネタバレ

漫画「かりそめの公爵夫人」62話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人62話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

スキンシップに挑戦してみようというイヴォナの提案に、大胆なキスを仕掛けたクロード。

しかし突然のことに戸惑うイヴォナの様子を見たクロードは、自分の行動が彼女を怖がらせてしまったと後悔します。

 

つい自制心を失ってしまったことを恥じてイヴォナのもとを離れようとするクロードに、イヴォナは嫌なわけがないと言いました。

それだけではなく、クロードを抱きしめたイヴォナは、彼が望めばいつでもキスをしていいと伝えたのでした。

 

そうしてまた一段階、仲が深まったふたり。

クロードはイヴォナとすべての感情を共有したい気持ちが、愛であることを確信したのでした。

ふたりが遭遇した怪しい馬車

そしてふたりの旅行の最終日。

 

持ち帰って育てるための薬草を探しに、イヴォナとクロードは薬草市場へ向かっていました。

2日前から足繁く通っていたものの、運悪く2日間とも市場は工事のため閉鎖されていたのでした。

 

市場へ向かう途中、イヴォナは透明魔法と無音魔法をかけた馬車が走っているのを目撃しました。

街中だというのに人々の目につかないような魔法がかけられたその馬車は、道を歩く人々とぶつかりそうで危険なのでした。

薬草市場に結界を張った人物は…?

不審な馬車を追いかけることにしたふたりがたどり着いたのは薬草市場でした。

薬草市場からは馬車から感じたのと同様の魔力が感じられます。

 

中をのぞいたクロードは、今日は工事のせいで閉鎖しているわけではないことを感じ取ります。

そこにはさらに多くの魔法がかけられた馬車が集まっていたのでした。

 

わざわざ市場を閉じ、結界を張ってまで馬車を隠して行われていることが何か訝しがるふたり。

 

馬車を隠すために張られた結界を見たイヴォナは、それが人の手ではなく神獣によって張られたものだと気が付きます。

イヴォナはそのどこか馴染みのある魔力から、中に自分の知り合いがいることを感じ取ります。

 

ところがイヴォナはクロードへ一度もその人物の話をしたことがなく、話すこともためらわれるのでした。

そのようなイヴォナの気持ちを知ってか知らずか、クロードは話はあとにしてまずは市場へ一緒に入ってみよう、と提案します。

 

市場の中に集まっていた人々は驚きました。

ぜったいに見破られないと思われた結界が大きな神獣によって破られたからです。

 

外の騒ぎを聞きつけて出てきたのはトリスタン、結界を張った張本人なのでした。

トリスタンの思い出

ガスパールはもともとはトリスタンと特別に親しい関係でした。

 

どんな人も利用するだけだったガスパールが、自分の前だけでは弱音を吐いたり本音を言ったりする姿にトリスタンはだんだん惹かれていったのでした。

トリスタンは後継者をつくることもできない男として生まれた自分を呪いながら、自分には持っていないものを持つイヴォナたちを羨んでいました。

 

しかし次第に、イヴォナに勝てない悔しさをトリスタンへぶつけてくるようになったガスパール。

とうとうガスパールと決別することになったトリスタンは、彼を見返すほどの召喚術を成し遂げようと決意するのでした。

かりそめの公爵夫人62話の読んだ感想

思いがけない場所で再会したイヴォナとトリスタン。

トリスタンのたくらみは一体何だったのでしょうか。

次回のエピソードも楽しみです。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』62話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「かりそめの公爵夫人」63話はこちら