お見合い相手はうちのボスのネタバレ

漫画「お見合い相手はうちのボス」は原作Haehwa先生、漫画NARAK先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「お見合い相手はうちのボス」97話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

会議室に突入したユナが説得した内容は、ジフにプロポーズすることでした。

勿論ジフはプロポーズを受け、自身もユナにプロポ―ズするのでした。

≫≫前話「お見合い相手はうちのボス」96話はこちら

お見合い相手はうちのボス97話の見どころ・考察予想

いつものユナの事なので、勢いでやったことを後悔しそうですが、ここはもう結婚に向かって突っ走っていってほしいです。

会社ではもう大騒ぎになってそうですね。

 

あとは、ユナが社長夫人になるってことで社内からの扱いがどうなるのか?

そこが少し気になります。

お見合い相手はうちのボス97話のネタバレ込みあらすじ

一夜明けて職場では・・・

ユナは会社の仕事場に入るドアの前でため息ついてました。

思い切ってプロポーズをしたはいいものの、その後の事を考えてなかったユナ。

 

仕事場に入る勇気が出ず、今日は帰ろうかと思い出しますが、それは無責任だと反省。

ジフが「釈明文を載せるまでまってください」と部下に伝えているので、まだ伝わってないかもと思います。

 

意を決して部屋に入ると、仕事場の中はいつも以上に静かでした。

「今日に限ってなんで静かなの!」と思いながら席につくユナ。

 

そこへ「シン主任遅かったじゃないですか」と声がかかり、焦って謝ります。

怒られると思ったユナですが、クラッカーが鳴る音が聞こえ、一斉に祝福ムードになりました。

 

振り返ると上司が立っていて「社長と結婚され・・するんだって?おめでとう」と花束を持っています。

まさか釈明文がもうでてるのかと焦るユナ。

 

先輩は「シン主任・・いや・・様。ソロ同盟はどうなってしまうんですか?」と敬語で話し出します。

急に敬語はやめてくださいと言うユナに、先輩はコロッと元の先輩に戻り「今まで誰にも言えなかっただろうから、とにかくおめでとう!」とクラッカーを鳴らします。

 

先輩は元のままだと安心するユナに先輩は「俺が先輩だってこと忘れないようにな?これからも宜しくお願いするよ社長夫人!」と耳打ちするのでした。

幸せを噛みしめるジフ

社長室ではチェ専務がジフに「おめでとう」と言ってしました。

実際現場を見たかったと語る彼女は、念願の結婚に王手をかけた感想をききます。

 

ジフは「いい響きだ」と頬を赤らめながらしみじみと語りました。

こんな表情は初めて見たとビックリして引いてしまうチェ専務。

 

からかおうとジフの所にきたけど、全く通じないので彼女は部屋をでることにしました。

そして彼女はジュンに話しかけると、ジュンはご機嫌で応えます。

 

その理由は「これで私も結婚できる」とのこと。

「おめでとう」と祝福する彼女に「ありがとうございます」と応えます。

 

一連の様子をみてチェ専務は「ユン秘書が寂しがるのがわかるような気がするわ」と思うのでした。

 

翌日、朝の出社時刻にユナとジフは手を繋いで会社のロビーを歩いていました。

照れるユナと堂々としているジフ。

 

さすがに恥ずかしいユナはジフに手を離してもらうようにお願いしますが、「嫌です」と一言。

みんなが見てますと言うユナの手に口づけまでしだします。

 

そして、「私が恥ずかしいのですか?」とユナに聞くジフ。

その言葉が胸に突き刺さったユナは、「そんなはずが・・」と降参するのでした。

 

実はこの手を繋ぐのには訳があって、社内のイントラネットでは「信じられない」と疑う声が多くでているのでした。

困惑しているユナをよそにジフは、「ご両親にはいつ挨拶に行きましょうか?」と尋ねます。

 

「今日はちょっと・・」と断るユナに「明日はどうですか?」と攻めるジフ。

ユナは「私から両親に説明してから日取りを決めませんか?」と提案します。

 

それを聞いて、また先走ってしまったと反省するジフ。

ユナは慌てて「私も早く結婚したいので、なるべく早くきめましょう!」と伝えるのでした。

 

エレベータに乗った2人は8階のユナの部署に着いたのですが、ジフがユナの手を離してくれません。

離してもらえないと行けませんと言うユナに、ジフは自分の頬を指指します。

 

気づいたユナは、ジフの頬にキスをしエレベーターから降りようとしたのですが、ジフにまた止められキスをされてしまいました。

笑顔で見送るジフの乗ったエレベータのドアが閉じた瞬間、倒れこむユナは「今すぐ結婚しなくては!」と思うのでした。

スアからの祝福

仕事が終わり、スアと待ち合わせしたユナは焼肉を食べることに。

もちろんスアのおごりです。

 

凄い嬉しそうなスアを見て「そんなにも嬉しいの?」と聞くユナ。

スアは「最高に嬉しい!」とユナの手を取り2人喜びます。

 

スアはユナの頑張りを褒め、ユナの結婚を待ったスア自身も褒めます。

そのスアを見ながら、スアの大変さがわかったと言うユナ。

 

スアはユナに、式の日取りや時間、そして合同結婚式なんてどうかと、次々と提案し興奮状態に。

とりあえず親に挨拶してからと、ユナはスアをなだめるのでした。

 

お母さんは知ってるから問題ないけど、問題はお父さんと言うユナ。

その言葉を聞いてスアも、確かにうちのパパもいざ結婚相手連れて行ったら猛烈に反対したと語ります。

 

でも、ジュンちゃんは優しくて可愛いからすぐ承諾してもらえたと、のろけだすスア。

本物の愛と苦難を共に乗り越える意志を見せればOKだと、ユナにアドバイスしました。

 

そして時が経ち、ユナが住んでるマンションにやってきたジフ。

やはり緊張すると身構えるジフはネクタイを締めなおし「ここがユナさんの家・・」と気合を入れるのでした。

お見合い相手はうちのボス97話の感想&次回98話の考察予想

ついに結婚秒読みというところまで来ましたね!

スアとジュンも待ちに待ち焦がれただけあって、すごい大喜びなのが印象的でした。

 

そして、どんどん素直になっていくジフ。

見合いの時から考えると、本当に変わったなと実感できるし、チェ専務がびっくりするのもわかります。

 

そして、ユナがジフの純な部分にノックアウトされる具合もどんどんヒートアップするのが、ジフと時を共にするごとに愛情が強くなっていってるのが伝わりました。

 

次回ジフにとっては決め所ですね。

楽しみにしています。

まとめ

今回は漫画『お見合い相手はうちのボス』97話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「お見合い相手はうちのボス」98話はこちら