ネタバレ全話|悪女は2度生きる【ピッコマ漫画】1話から最新話・最終回まで臨時まとめ!

漫画悪女は2度生きるは原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」6話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アルティゼアが教会へ向かう途中、馬車の車輪が外れて動けなくなりました。

そこでセドリックと出会います。

 

セドリックはアルティゼアが夢の中に出てきた人だと思い、気に掛けますが・・・?

≫≫前話「悪女は2度生きる」5話はこちら

悪女は2度生きる6話の見どころ・考察予想

これは偶然?それとも仕組まれた出会い?

セドリックとアルティゼアがついに再開しました!

これは偶然でしょうか?

 

天才的な戦略家で未来を知っているアルティゼアなら偶然を装いセドリックと会うことができるでしょう。

アルティゼアが動き出し、運命が変わる予感がします。

 

そして今回、メイドのアリスに頼んでいた例の件お弁当の使い道が明らかになるかもしれません!

悪女は2度生きる6話のネタバレ込みあらすじ

教会で祈りを捧げるアルティゼア

馬車に乗ろうとするアルティゼアに「どうぞ」と手を差し伸べるセドリック。

アルティゼアはうつむき切なそうな表情をしますが、そっとセドリックの手を取り馬車に乗り込みます。

 

そして手を離し、馬車の扉が閉まるまでセドリックの姿を見つめるアルティゼアはそのまま外を眺めるのでした。

 

馬車を走らせ、改めて教会へと向かいます。

外を覗き込むと馬の乗り、馬車に並走するセドリックの後ろ姿が見えます。

 

そうしている内に、教会に到着したことをメイドのアリスが教えてくれました。

教会に着くとセドリックと別れます。

 

深くフードを被った者がアルティゼアに気付くと、ローサン侯爵の姫君と呼び出迎えました。

アルティゼアは出迎えてくれたことに感謝の言葉を述べ、蜜蝋キャンドルを奉納します。

 

聖人様も喜ぶことでしょうと、案内されるアルティゼア。

教会の中へと入るとアルティゼアは神の像に跪きます。

 

魔法を使ったこと、対価として我が身を燃やしたことを伝え、許しを乞います。

更に、罪深く愚かな我が身が仕えようともエブロン大公(セドリック)にはご加護があるように、リシアをお守りくださるよう祈りました。

 

フードを被った者が司教様にお会いになるかと尋ねてきます。

アルティゼアは立ち上がり、休憩して帰ることを伝えました。

 

フードを被った者は庭園に案内しようとします。

アルティゼアは銀貨を差し出し、お願いごとを頼みました。

 

来る途中で助けてもらった騎士の方々にお礼がしたいので侍女を案内してほしい、と。

フードを被った者は、黙って頷き銀貨を受け取ります。

アルティゼアのお願い、それはセドリックからのプロポーズ?

夕方、庭園で1人お茶をしているアルティゼアの元にセドリックが現れました。

アルティゼアは立ち上がり、アルティゼア・ローサンと名乗ります。

 

その名前にローサン侯爵夫人の、と言うセドリック。

アルティゼアは、娘ですと答えます。

 

偶然を装いアルティゼアがセドリックに接近したとしたら、セドリックがアルティゼアの母であるローサン侯爵夫人を嫌っていることも承知のはずです。

そのことセドリックが尋ねると、気付いていましたかと答えるアルティゼア。

 

セドリックは、貴族の馬車があんなにもろいはずがないこと、まるで用意していたかのようなお弁当もおかしな話だと言います。

アルティゼアは、どうしても伝えたいことがある、とまっすぐな目で訴えました。

 

その顔を見て、確かに夢で見たおなごだと思うセドリック。

夢の中とは違って、アルティゼアは凛々しく澄んだ瞳をしています。

 

セドリックはアルティゼアに背を向け、話を聞くことにしました。

ただし、時間の無駄だと思わせないように、と。

 

お礼を言い、セドリックのお茶を用意するアルティゼア。

その間、セドリックはローサン家の娘が何の用なのかと考えます。

 

まずは様子を伺うことにしました。

アルティゼアの淹れたお茶を飲むセドリック。

 

突然アルティゼアがスタッと立ち上がり、大公殿下と話し掛けます。

アルティゼアはまっすぐな目でセドリックを見つめ、プロポーズしてほしいとお願いしました。

 

思わぬ話にセドリックはお茶を吹きます。

悪女は2度生きる6話の感想&次回7話の考察予想

アリスに頼んでいた例の件は馬車の車輪を細工すること、お弁当はセドリックへ会ったときのためにお礼に用意させたのですね。

全てアルティゼアの考えの中での再開となりました。

 

偶然でないことに気付いているセドリックもさすがですね。

しかしアルティゼアのプロポーズをしてほしいというお願いは予想外だったでしょう。

 

ポーカーフェイスなセドリックもさすがに動揺しています。

お茶を吹きこぼすのは仕方がないですね。

 

さて、セドリックはアルティゼアのお願い通りプロポーズをするのでしょうか?

もちろん簡単にプロポーズをすることはないと思います。

 

セドリックのこの後の反応と、アルティゼアがどのように説得するのか楽しみです!

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女は2度生きる」7話はこちら