ある継母のメルヘンのネタバレ&感想

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」32話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

一度目の人生とは違う未来にすると決意したシュリーは、自分のことを金づるとしか思っていない実家と縁を切ろうと、訪れてきた母と兄を追い返しました。それを見ていたノラに慰められ、少し距離が縮まったと感じているシュリー・・・。

≫≫前話「ある継母のメルヘン」31話はこちら

ある継母のメルヘン32話の見どころ・考察予想

シュリーが家族と決別をした日、ノイヴァンシュタイン家の騎士団長アルベルンは別の業務に出かけていました。

それは教会の救援物資の配給作業。

 

取りし言っている司祭のウォルフはアルベルンの旧友。

ウォルフはリシュリュー枢機卿に心酔しています。

 

話はシュリーに及び、アルベルンは以前とは変わったと思っていると打ち明けます。

 

その頃、シュリーはキツネ狩りから戻った子供たちと皇太子を交えて賑やかな晩餐を。

シュリーは皇太子が自分との距離が近いことに違和感のようなものを感じていました。

そして、皇太子からまさかの告白が・・・!

ある継母のメルヘン32話のネタバレ込みあらすじ

シュリーが母親と対峙しているとき、騎士団長のアルベルンは教会の救援物資の配給作業に行っていました。

アルベルンを待ち受けてこき使おうとするのは友人のウォルフ。

さっさと働け!騎士団長!と背中をたたきました。

騎士団長アルベルンの親友

作業が終わり、アルベルンとウォルフはお茶を飲みながら話をしていました。

 

ウォルフが来年は教会からの救援金がさらに少なくなるかもしれないと言います。

サファヴィーの税金徴収が難航しているみたいだと言うのでした。

 

これも聖者の地を乱そうとする属国の異教徒どものせいだが、こんな時こそ積極的に救援活動を行うべきだと教皇庁内部の評議会いに建議するつもりだと言うウォルフ。

 

神は苦しみ飢える者の側におられる。

少しでも多くの人たちが聖なる恩寵を感じることができるように努力するんだ、俺が枢機卿からいただいたご恩のように、と熱のこもった声で語りました。

 

アルベルンが、リシュリュー枢機卿のことか、いつもその話をすると言うと、当たり前だろ!とウォルフは興奮した声で答えました。

 

枢機卿に対して強い尊敬と憧憬を抱いているウォルフ。

枢機卿への賛辞をぺらぺらと語り始めました。

 

一通り話すと、今度はアルベルンに近況を訪ねるウォルフ。

問題の侯爵夫人は相変わらず汚点の塊なのか?と・・・。

 

ウォルフにシュリーのことを聞かれたアルベルンは、今のあの親子を思い描き、わからないと答えます。

 

どこか変わったような気がする、と言うとウォルフは前の奥様のようにお前の心をつかんでしまったみたいだと口を滑らせました。

 

アルベルンに尊敬の念を侮辱されたと怒られて、ウォルフはすぐに謝ります。

隠し事しないで何でも話してほしかっただけだと言い訳をしました。

 

アルベルンも、お前はたった一人の友達だから、隠し事なんてするわけないと言うのでした。

皇太子からの愛の告白!?

その夜シュリーたちは賑やかすぎる夕食を皇太子とともに過ごしていました。

キツネ狩りに行っていたのです。

 

その日は皇太子から子供たちの行動を止めないように言われていたので、それはそれで気が気じゃないシュリー。

そのとき、シュリーは皇太子に対して距離が近いなと思う瞬間がありました。

 

食事が終わり、皇太子を見送るために屋外に出たシュリー。

向かい合い、挨拶を交わしているとき、シャリーはまた居心地の悪さを感じます。

 

思い切って、皇太子に何か話があるのかと尋ねました。

皇太子はビクッとして、ただ今日1日楽しかったと考えていただけだとごまかします。

 

しかし、シュリーの横顔を見ているうちに想いが込み上げてきて、口をついて出てしまいました。

僕があなたを愛していることを気づいているのでしょうか?と・・・。

ある継母のメルヘン32話の感想&次回33話の考察予想

皇太子はシュリーに愛の告白をしますが、いきなり!?という感じです。

若いからか、それとも皇太子としての奢りからか、この状況でそんなことを告げても進展のしようがないと思うのですが・・・。

 

シュリーは年は若くても未亡人ですからね。

それも侯爵夫人です。

 

この二人に恋愛フラグが立つとも思えないのです。

やっかいなことがまたひとつ増えた感じですね。

 

騎士団長のアルベルンはシュリーに対して好意的に見るようになったと思っていいのでしょうか?

以前のシュリーのことは疎ましく思っていたようですね。

 

子供たちに寄り添い、当主としての責任を果たそうとしているシュリーの味方が増えることは良いことです。

恋愛は・・・しばらく要らないと感じてしまいます。

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』32話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

騎士団長アルベルンも、シュリーの変化に気づき、少なからず好意的な目で見るようになってきました。

そんなとき、皇太子からまさかの告白を受けたシュリー・・・。

 

≫≫次回「ある継母のメルヘン」33話はこちら