俺だけレベルアップな件のネタバレ込みあらすじ&感想

漫画「俺だけレベルアップな件」は原作Chugong先生、漫画H-goon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「俺だけレベルアップな件」30話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

馬渕達カルテノン神殿で生き残ったハンターや、囚人たちと共にダンジョンに潜ることになった水篠。

分かれ道で水篠・馬渕・観月チーム、他の生き残りチーム、囚人たちと道門チームの3手に分かれました。

 

生き残りの一人である真島は、あの時のことを謝りたいと仲間に話していました。

そんな時、驚愕の光景に出くわします。

≫≫前話「俺だけレベルアップな件」29話はこちら

俺だけレベルアップな件30話の見どころ・考察予想

真島たちはカルテノン神殿で、水篠を見捨てたことを後悔していました。

今回のダンジョンで再開したことを機会ととらえ、あの時のことを謝ろうと決意を固めました。

 

そんな時、監督役であるはずの道門が囚人たちを殺しているところに出くわします。

悲鳴を聞きつけ水篠たちが駆け付けると、そこには血を流して倒れるハンターたちの姿がありました。

 

不意を突き、襲い掛かる道門との戦いが幕を開けます。

俺だけレベルアップな件30話のネタバレ込みあらすじ

驚愕の光景!血を流して倒れる囚人たち!?

ダンジョンの奥に進む真島たち生き残りハンターは、恐ろしい場面に出くわします。

先ほど分かれ道で別れたはずの道門が囚人たちを殺していました。

 

どうやら2つの道はつながっていたようです。

ボスへとつながる道は左だったようだと、軽い調子で語る道門は、剣を抜き残りの囚人の首をはねます。

 

理解不能な出来事に真島たちは動くことができません。

道門は、予定は狂ったが、やることに変わりはないと、真島たちに襲い掛かります。

ダンジョンに響く悲鳴!駆け付ける水篠!

一番左の道を進んでいた水篠たちは悲鳴が聞こえたところに駆け付けます。

凄まじい殺気を感じて焦る水篠たちに、襲い掛かる影がありました。

 

道門が観月を狙っていたのです。

観月に短剣が刺さる直前に、水篠が気付き攻撃を受け止めました。

 

攻撃を受け止められた道門は、水篠の力に驚きます。

道門はB級のヒーラーから仕留めるつもりでした。

 

しかし、水篠が予想以上の実力を持っていたため、作戦を変更します。

協会の職員である道門が、何故自分たちを殺そうとするのか。

 

予想外の事態に、馬渕と観月は動揺を隠せません。

そんな時、水篠は血だらけで座り込む真島に気が付きました。

 

観月が慌ててヒールを掛けますが、真島は血を吐きながら止めさせます。

足元を見ると一目で手遅れだとわかるほどの血が流れていました。

 

それでも、諦められない水篠は生きてくれと願います。

自分を見捨てたあの時、家族のために死ねないと言っていたはず。

 

それに、生きていなければ、恨むことすらできなくなってしまいます。

水篠の言葉を聞いた真島は、力尽きそうになりながら言葉を必死に紡ぎました。

 

本当は、ちゃんと謝りたかった。

こんな状況ではなく、目を見て、頭を下げ、心の底から謝りたかった。

 

本当にすまない。

真島は、そう言い残し事切れました。

 

水篠は怒りで身を震わせながら、なぜこんなことをするのか問いただします。

道門はヘラヘラしながら災害のようなものと言いました。

 

本当はゴブリンに皆殺しにされるというシナリオを立てていました。

しかし、逃亡を企てた囚人たちがお前らを殺したことにしよう。

 

それに気づかずボスと戦う自分に背後から襲い掛かる囚人たち。
しかし、B級の僕にはかなわず、一人だけ生き残る。

 

完璧な計画だろう?

そう語った道門は、おぞましい笑みを浮かべました。

馬渕立ち上がる!命をかけた戦い!

水篠は、道門の言動にごみのような奴だと吐き捨てました。

冷静さを失いそうな水篠を抑え、馬渕が前に出ます。

 

馬渕はC級の自分では、勝ち目がないことをわかっていました。

速度に秀でた相手でもあるので、自分の魔法では当たることはないでしょう。

 

しかし、一撃でも当てることができれば可能性はあります。

馬渕は、真島の剣を拾い上げ構えました。

 

道門は、魔法使いである馬渕の行動を嘲ります。

接近戦と見せかけ、避けられない距離から魔法を当てる。

 

B級の道門に勝つ方法はこれしかありません。

観月に肉体強化魔法をかけてもらい、一か八かの賭けに出ます

俺だけレベルアップな件30話の感想&次回31話の考察予想

道門の凶刃に、真島が倒れていしまいます。

水篠は、自分を見捨てたことを恨んでいました。

 

しかし、真島の家族思いで優しい部分も知っています。

真島のことを恨み切れず、死んでほしくないという気持ちが溢れ出ました。

 

死の間際に残した言葉が、家族のことではなく、水篠への謝罪だったことから、彼の後悔が伝わってきます。

 

馬渕は水篠と観月を救うため、魔法使いに覚醒したときに捨てた剣士としての戦いを選びました。

絶対に退けない覚悟を持った馬渕の姿はとてもかっこいいですね。

 

暗殺タイプのハンターである道門と、本来は魔法使いであるのに剣士として戦う馬渕

どのような戦いが繰り広げられるか楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『俺だけレベルアップな件』30話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

今回の話をまとめると、

1、囚人とハンターが道門に殺される

2、道門の狂気

3、立ち上がる馬渕!一発逆転の賭け

 

襲い掛かる道門に対抗する馬渕の策とは?!

馬渕は二人を守り切ることができるのでしょうか。

 

≫≫次回「俺だけレベルアップな件」31話はこちら