異世界剣王生存記ネタバレ

漫画異世界剣王生存記は原作SOON-G先生、漫画YKB先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「異世界剣王生存記」32話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

竜の巣へと続く長蛇の列。
採用試験に、参加するハンターのレベルは意外と低いと不信に思うエリーゼ。

 

女装したアーティストの試験相手に、エリーゼが挑みます。
二人を割って入る大男を一撃で倒す相手とは・・。

≫≫前話「異世界剣王生存記」31話はこちら

異世界剣王生存記32話の見どころ・考察予想

竜の巣の存在を公表したことで、各業種の応募に人々は集まり我先にと採用試験を受けるハンターたち。

採用試験に参加しているハンターのレベルが20~30の低レベルに疑問を抱くエリーゼ。

 

試験前のアーティストは・・。

神官に言われて女装をするアーティストは、何故このような調査を教団が行うのか?他の教団は手伝ってくれないのかと尋ねます。

 

神官は、水・火・風・地の教団は、教団以外での活動を嫌い、闇の教団だと異端審問官を呼び寄せて野原すべてを焼き尽くしてしまうと・・。

 

馬車から現れたアーティストは、光り輝く美しさに神官は自分のメガネを渡して別人だと感激し涙を流します。

 

そんな参加者の中で一際目立つ女装したアリアナ・スティア(アーティスト)が、本来のレベル40をレベル30と偽りの書類を持っていることに不信感を隠せないエリーゼ。

 

そのアリアナ(アーティスト)が、実践の試験なしに合格の判定に周囲から文句がでるが試験官のハンディは職種が違うので判定の基準が違うと説明します。

 

エリーゼは、何も聞かされていないしアレハンドロさまの不平等の害になると自ら相手を志願します。

自分の知らない間に、何かが企てられていると感じるエリーゼ。

 

いきなり戦闘モードに入るエリーゼを氷の魔法で、一方の剣を凍らせて使えなくするアリアナ(アーティスト)に「研究目的なのに、戦いなれているのね」と言われ「思わず、できただけ」と正体が分からないように戦うアリアナ(アーティスト)でした。

 

二人が戦っていると突然、大男が巨大なハンマーで襲って来ます。

その大男は、クレタ収容所から釈放されレベル45の奇食家ポリフォークでした。

 

なおも二人を襲ってくるポリフォークを一撃で倒したのは、試験官のハンディでした。

その一撃の瞬間に血のような赤い玉を感じたアーティストは、ハンディはオーラが使えるのだと感じたのです。

 

合格したアリアナ(アーティスト)は、竜の巣へと・・。

異世界剣王生存記32話のネタバレ込みあらすじ

竜の巣へ入るための長い行列が続く・・。

その中に、家族と別れて出稼ぎに向かうカロンドロの姿がありました。

 

護衛担当のエリーゼは、カロンドロを見つけると竜の巣へ入ってしまうと作業が完了しないと竜の巣から出られないと家族の心配をします。

 

モンスターの心配をするカロンドロでしたが、アレハンドロさまがハンターを手配してくれたので肉体労働者として並んでいると話します。

 

行列の先では、ハンター同士で試験が行われていました。

エリーゼは「参加者のLv.25~30が、ほとんどかぁ・・。」と期待しているより低いレベルに不信感を抱きます。

 

エピルは、レベルが高い方がダンジョンに活躍できるからではと言います。

エリーゼは、良く見えないからエピルの上に乗せてと言いエピルの頭に乗せてもらうのでした。

 

試験官のハンディが「次の参加者は、59番いませんか?」と何度も呼んでいると、そこへ女装したアーティストがやって来ます。

 

採用試験前に、アーティストは馬車の中で着替えをしています。

急に、神官から女性用の服装に着替えるように言われて悪戦苦闘していました。

 

神官は、時間がないと言いながらアーティストの着替えている馬車に入って来るも追い出されます。

アーティストは「ここまでする必要があるのか?この様な作戦を他の教団は、応援してくれないのか?」と神官に尋ねます。

 

神官は「水・火・風・地の教団は、教団以外に関わりを持つことを嫌い、闇の教団と手を組んだとしても異端審問官を連れて生きて野原を破壊するでしょう。」と慎重に今回の作戦を進めなければと答えます。

 

そこへ変装をすませたアーティストが、馬車から降りてきます。

あまりの美しさに感動する神官は、自分のメガネをアーティストに渡します。

 

メガネをかけた方が、別人になると微笑みながらメガネを渡す神官でした。

 

メガネがないと不便では?」とアーティストが言うと、目は大丈夫とあまりの美しさに感動して涙を流す神官。

 

神官は「今回の依頼は、竜の巣を確かめることです。」と試験に必ず合格する様に言われます。

 

ハンディは、書類を確認したいと言うが・・。

周囲の男たちは、変装したアーティストの美しさに視線が自分に向けられて緊張するアーティストでした。

 

「お姉ちゃん、帰り道は危ないから一緒に帰ろう。」とヤジを聴きながら、フェラードのことが頭をよぎって「自分だって、このくらいの依頼はできる・・。」とハンディに書類を渡すアーティスト。

 

ハンディは、アーティストの書類に目お通し「アリアナ・スティア(アーティスト)、魔法使いLv.30ですね?」と書類に不備がないか確認すると実技なしで合格をさせるのでした。

 

その様子を見ていたエリーゼは、Lv.45の魔法使いなのにLv.30の書類を持って現れたのを不審に思っていました。

 

周囲の男たちはズルいと騒ぎ出すと、魔法使いも募集しているし研究職なので実技はないと説明をします。

 

すると「何も聞いていない、アレハンドロさまは不公平を嫌います。」とエリーゼが、試験の相手を申し出るのでした。

 

エリーゼは、自分の知らない何かが起こっていると疑り、これ以上アレハンドロの力になる者なら阻止しなければとアリアナ(アーティスト)に向かって行くのでした。

 

向かって行くエリーゼの剣を、一瞬で凍らせて攻撃を避けるアリアナ(アーティスト)。

「研究者にしては、戦いなれているわね!」とエリーゼが言います。

 

「たまたまです。」と答えるマリアナ(アーティスト)。

ここで高度な魔法を使うと疑われると氷結魔法で切り抜けると、エリーゼは凍った剣を捨てさらに向かって来ます。

 

魔剣士は、1本の剣では魔剣式を使えないのではと驚くアリアナ(アーティスト)

アリアナ(アーティスト)とエリーゼが衝突する瞬間、突然大男が乱入して巨大なハンマーを叩きつけます。

 

そして、モンスターの肉にかぶりつく男はクレタ収容所から釈放され大男だった。

今の攻撃で大勢が死んだので、俺が合格だと言うその男は奇食家ポリフォークLv.45でした。

 

美味い匂いにつられてやって来たらしいが、ポリフォークのハンマーの先は溶けていました。

それは、アリアナ(アーティスト)が火炎魔法で溶かしたからです。

 

エリーゼは「まだ、運が良かったと言うつもり?」と詰め寄ってきます。

「ハンマーの重心が狂っていたから・・」とアリアナ(アーティスト)

 

だが、あの肉塊はムリだと言います。

今度は、ポリフォークが持っていたモンスターの肉の塊で2人を攻撃を・・。

 

その攻撃を阻止したのは、試験官のハンディでした。

「生きていたのか?!」とポリフォークが言うと「今日の合格者は、締め切りました。」と笑って答えます。

 

では、俺は合格したってことだなとポリフォーク。

ハンディは、説明が不十分でしたねと高笑いしながらポリフォークに一発お見舞するのでした。

 

そして、事故死1名とレベルをごまかしていたのかと笑いながら報告書に記入します。

マリアナ(アーティスト)は、ハンディが攻撃する瞬間に血のようなオーラが見えました。

 

ハンディは、オーラの使い手だと驚き、竜の巣へと向かうマリアナ(アーティスト)でした。

異世界剣王生存記32話の感想&次回33話の考察予想

少し驚いている人物が「カロンドロ」です。

忘れた頃に登場するカロンドロは、今後どんな役処となるのでしょうか?押さえておきたい人物とわたしの中ではなっております。

 

それにしても、アーティストの女装はあのエリーゼも騙せるくらい女性なのだと感心しました。

 

意外に感じたのは盲目のエリーゼが、他の感覚は鋭いにも関わらずアーティストを女性として認知しているのはアーティストの女装は、女性と変わらないということですね。

 

ただ、驚きでしかありません。

驚かされたのは、試験官のハンディもです。

 

オーラ使いとは・・?!ハンディの存在は、いったいどちら側なのでしょう。

敵なのか?味方なのか?潜入している仲間なのか次回、その真実が分かります。

 

そして、アーティストの運命は・・?!

まとめ

今回は漫画『異世界剣王生存記』32話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「異世界剣王生存記」33話はこちら