ある継母のメルヘンのネタバレ&感想

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」33話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

シュリーはその日、キツネ狩りから帰った子供たちと皇太子を交えて夕食を共にしていました。皇太子の自分に対する距離感が近いことに、シュリーは何とも言えない違和感を感じていたのですが、突然皇太子から愛の告白をされてしまい・・・。

≫≫前話「ある継母のメルヘン」32話はこちら

ある継母のメルヘン33話の見どころ・考察予想

ノラから愛の告白をされたシュリーは驚き、そして戸惑います。

 

一睡もできずに夜を明かし、翌日謝罪に訪れた皇太子と向き合いますが、そこでも皇太子はシュリーに対しての熱い思いをぶつけました。

 

最善の断り方をしたと思うのに、引かない皇太子に頭を悩ませます。

 

そしてもう一人気になる少年、ノラ。

せっかく訪れてくれた彼を、一人にさせてしまったことがシュリーの心をさらに重くするのでした。

ある継母のメルヘン33話のネタバレ込みあらすじ

思いもしない皇太子からの愛の告白に、シュリーは驚き、そして戸惑います。

翌朝、一睡もできずに朝を迎えたシュリー。

 

皇太子はまだ幼い。

それなのに言葉一つで振り回されていると感じていました。

皇太子としての奢り?

翌朝、屋敷を訪れた皇太子は昨日の告白について謝罪をしました。

しかしそこでも、シュリーに対する思いを打ち明けます。

 

皇太子妃選抜が始まり、数多の令嬢の肖像画が送られてきているけれど、心動かされることはないのだと言う皇太子。

 

でも、シュリーと一緒にいると心が温かくなり、どこか懐かしいような気持に包まれると続け、亡くなった母を思い出すほどだと思いを綴りました。

 

それを聞いたシュリーは、その感情は異性間の愛情というより母を懐かしむものからきているのではと言います。

 

それは愛ではなく・・・そう続けたとき、皇太子は思い違いをしているのではないと声を荒げました。

 

大声に驚いたシュリーが身を固くすると、我に返った皇太子は声を落としますが、尚も勘違いではないと念を押します。

 

返事はすぐにもらえるとは思っていないけれど、この気持ちだけは知っておいてほしい、そしていつかシュリーが誰かをその胸に抱くことになろうと、昨晩の告白を思い出してほしいと言うのでした。

 

帰りの馬車の中で、皇太子はシュリーの反応を意外に感じていました。

皇太子である自分の告白は喜ぶと思っていたのに、かえって距離ができてしまったことが不思議なのです。

 

しかし皇太子は問題ない、と考え直します。

自分が望めばいつだって誰だって自分を愛してくれるはずだ・・・。

 

シュリーに対しては、告白が早すぎたのかもしれないと結論付ける皇太子。

急ぐ必要はない、時間はたっぷりある・・・と悦に入っていました。

ノラの訪問に応えられなかったシュリー

シュリーもまた皇太子の反応に頭を悩ましていました。

自分にできる最善の断り方をしたつもりなのに、うまくいかなかったことに困惑しています。

 

現皇帝も決められていた皇后候補を差し置いて、男爵令嬢を選んで大きな波紋を呼んだけれど、それとは次元の違う話でした。

 

皇太子は、母親に対する懐かしさと愛情を混同しているとは思うものの、勘違いではないと訴える皇太子の顔は真摯であったとも思うシュリー。

 

何が正解かわからなくなっていました。

自分のことを考えても、本当の男女間の愛についてなんて何を知っているのだろうと思うのに・・・。

 

今のシュリーは、皇太子の自分に対する関心ができるだけ早く収まるのを祈るばかりでした。

 

そのとき、ロベルトからノラが来ていたことを知らされます。

待つよう勧めたが帰ってしまったと聞き様子を尋ねると、口元に小さな傷があったとロベルトが言いました。

 

いつでも力になると言ったのにノラを一人にさせてしまったことに心が重くなるシュリー。

 

翌日、シュリーは貴族院議会に出かけました。その日の議会は大荒れです。

協会が、今年の生誕祭準備から手を引くと言い出したのです。

ある継母のメルヘン33話の感想&次回34話の考察予想

皇太子のシュリーに対する気持ちが、男女間のものかどうかはわかりませんが、どうやら彼の中に闇がありそうです。

 

それが母を幼くして亡くし、父親にも十分な愛情を受けられなかったからのものなのかはわかりませんが、シュリーのこれからに大きな影響を与えそうな予感がします。

 

シュリーは、ただ前のようなノイヴァンシュタイン家の子供たちと憎まれたままの関係を改善したり、侯爵家の未亡人で仮ではあるけど当主として、今度こそしっかり生きていこうと思っただけなのに、いろいろなことが変わってきてしまいました。

 

子供たちとは良好な関係を築けて、気苦労はだいぶ減ったと思うけど、違う悩みや困難が降りかかってきそうです。

シュリーの人間として、母として、女性としての成長に期待したいです。

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』33話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

皇太子の気持ちは恋愛ではなく母を思うものに近いと諭すシュリーに、頑なに勘違いではないと言う皇太子。

シュリーはほとほと困り果てます。

それでも、自分自身男女間の愛情というものを知らないのだと思うのでした。

≫≫次回「ある継母のメルヘン」34話はこちら