俺だけレベルアップな件のネタバレ込みあらすじ&感想

漫画「俺だけレベルアップな件」は原作Chugong先生、漫画H-goon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「俺だけレベルアップな件」31話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

協会の監督役であるはずの道門が囚人やハンターたちを次々と殺害していきました。

その現場を目撃した水篠たちにも襲い掛かります。

 

馬渕は自分が実力的に劣っていると、わかっていますが、今度こそ誰も見捨てないために道門に立ち向かいました。

≫≫前話「俺だけレベルアップな件」30話はこちら

俺だけレベルアップな件31話の見どころ・考察予想

殺人鬼であった道門から仲間を守るために、馬渕が剣を手にします。

魔法使いであるはずの彼には勝算があるのでしょうか。

 

囚人や真島を無傷で倒した道門の実力は恐ろしいものがあります。

ダンジョンでの戦いを通して強くなってきた水篠は、どのような動きを見せるのか目が離せません。

俺だけレベルアップな件31話のネタバレ込みあらすじ

剣士馬渕!熟練の技!!

馬渕は観月に肉体強化魔法をかけてもらいました。

本来、肉体強化魔法は魔法使いには不要なものです。

 

魔法使いは覚醒しても身体能力はそれほど向上しません。

魔法の力を借りても、上昇した身体能力に振り回されて自滅するだけです。

 

笑みを浮かべたまま襲い掛かる道門は、己の有利を疑いません。

剣を握ったのは正解だ。

 

しかし、魔法系の身体能力では剣を取ったところで勝てるはずもない。

その予想を覆し、馬渕は熟練の剣技により道門へ迫ります。

 

道門を切り裂いたかに見えましたが、それは残像でした。

道門は、圧倒的な身のこなしで馬渕の斬撃を躱していきます。

 

一瞬だけではあるが、道門の速度に追い付けました。

ですが、ランクも上で、対人戦闘の経験も豊富な道門には敵わず、肩を切り裂かれます。

残酷なランク差!馬渕の戦術とは?!

魔法使いと剣士の両立は容易ではないようです。

傷ついた馬渕を観月が即座にヒールで癒しました

 

このままでは、得意の消耗戦に持ち込めないと考えた道門は、観月からつぶそうと襲い掛かります。

そんな道門に、馬渕は背後から切りかかりました

 

道門は、普通のハンターではなかなかできない判断力を見て、馬渕が実力者であることを認めます。

何を隠そう馬渕はS級ハンターに剣術を教えるほどの腕の持ち主だったのです。

 

ですが、覚醒により与えられた身体能力にも限界があります。

いくら熟練した技があろうとも、魔法使いの速度では暗殺系ハンターについてこられません。

 

道門は、洞窟内を縦横無尽に駆け回り馬渕の全身を切り裂きます。

全身から血を流し膝をつく馬渕に観月が駆け寄ろうとしますが、馬渕がそれを許しません。

 

勝つことを諦めたように見える馬渕に、とどめを刺そうと道門が迫ってきました。

絶体絶命かに思われましたが、全ては馬渕の作戦通りだったのです。

 

剣を振り上げていた道門の足元から巨大な火柱が吹き上がります。

魔法を捨て剣での戦いに懸けたように見せかけ、避けられないところまで近づいたら渾身の魔法を撃つ。

 

見事な戦術に道門は炎の直撃を受けました。

道門を打倒したかに見えましたが、覚醒者のランク差はどこまでも残酷です。

 

道門は少し身を焦がした程度のダメージしか負っていません。

万事休す!水篠の本当の実力!!

これ以上打つ手がない。

私は誰も守ることができないのかと、諦めかけた時、水篠が道門の剣をはじきました。

 

道門は、再び自分の攻撃を防いで見せた水篠の実力に、疑問を覚えます。

水篠はE級だと名乗りました。

 

ですがそんなことはあり得ません。

E級がB級の攻撃を防げるはずがないのです。

 

E級でもパワーに優れたタイプなら道門の攻撃を押し返せるかもしれません。

そうなると、一瞬で馬渕を助けて見せたスピードに説明がつかないのです。

 

ならば可能性は一つ。

水篠が本来の力を隠している。

 

不正登録者であることも疑いましたが、そういった人たちは、力を見られた場合、相手を殺すでしょう。

そうしないということは、再覚醒以外にはあり得ないのです。

 

水篠が再覚醒をしたと聞き、馬渕と観月は驚きを隠せません。

二人の反応から、水篠が再覚醒をしたのはつい最近であると気が付きます。

 

水篠の身体能力は驚異的だが、経験に勝る自分のほうが有利だ。

己の優位を自覚した道門は余裕の笑みを浮かべ、両手に剣を構えます。

俺だけレベルアップな件31話の感想&次回32話の考察予想

馬渕と道門の戦いが始まりました。

隻腕で熟練の剣士である馬渕はかっこよすぎです。

 

圧倒的なランク差を埋めかねないほどの技術は、魔法使いとして覚醒しても剣を捨てなかった、馬渕の人生そのものと言っても過言ではありません。

それほどの努力も踏みつぶしてしまうランク差は、どれほどの人の人生を狂わせてきたか、考えるだけでも恐ろしいです。

 

道門も覚醒で得た力に狂わされた一人なのかもしれません。

水篠も自身のランクの低さに振り回されてきました。

 

得た力に酔う道門と、力の弱さに嘆いていた水篠の戦いがどうなっていくのか楽しみです。

水篠は強くなっても道門のようになってほしくないですね。

まとめ

今回は漫画『俺だけレベルアップな件』31話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

今回の話をまとめると、

1、熟練の技で道門と戦う馬渕

2、老獪な戦術で道門を追い詰める

3、水篠の実力がばれてしまう

 

ダンジョンで死闘を繰り返し、鍛えた水篠の力は、B級ハンターにどこまで通用するのでしょうか。

 

≫≫次回「俺だけレベルアップな件」32話はこちら