ネタバレ全話|悪女は2度生きる【ピッコマ漫画】1話から最新話・最終回まで臨時まとめ!

漫画悪女は2度生きるは原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」10話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇帝の娘・ユニース伯爵夫人が屋敷に乗り込み、愛人であるアルティゼアの母を出すようにと騒ぎます。

それに対し、父親の愛人と競い合うことは浅はかだとアルティゼアは言います。

 

愛を勝ち取るとには別の方法をするべき話すアルティゼア。

≫≫前話「悪女は2度生きる」9話はこちら

悪女は2度生きる10話の見どころ・考察予想

皇帝から娘として愛されること

アルティゼアが皇帝の愛を勝ち取る方法をユニース伯爵夫人に伝えます。

皇帝の実の娘ですので、親の子の情に訴えるのが良さそうですが納得してくれるでしょうか。

 

アルティゼアがユニース伯爵夫人のために助言をしているかのように思いますが、これも全て作戦の内です。

次に動く先はどこになるのでしょうか。

 

そしてセドリックも動き出します。

悪女は2度生きる10話のネタバレ込みあらすじ

愛人から勝ち取る方法は親子の愛

ミライラを追い出したいのであれば、別の方法で愛を勝ち取るべきだとユニース伯爵夫人に話すアルティゼア。

皇帝はユニース伯爵夫人を娘として愛していたはずです。

 

その時のことを思い出してもらうことが大切だと話します。

なぜアルティゼアが助言してくれているのか、ユニース伯爵夫人はわかりません。

 

今日のことは忘れることにして、ユニース伯爵夫人に帰ってもらうようお願いをします。

皇帝といえど自身の子供には愛人のことはバレたくないはずです。

 

侍従にユニース伯爵夫人を丁寧に見送るよう指示します。

戸惑う侍従にアルティゼアは、皇帝陛下のと母の邪魔をしないようにすることが目的だと話しました。

 

そしてユニース伯爵夫人に、アルティゼアの言葉と真の親孝行が何かということを忘れないようにと忠言します。

ユニース伯爵夫人は何も言えずに帰って行きました。

 

母を追い出し、母より影響がない人物にはユニース伯爵夫人がピッタリなので、皇帝に嫌われないようにしないといけないと考えるアルティゼアです。

ユニース伯爵夫人に叩かれた頬が痛みます。

 

そこへ皇帝陛下と母がやってきました。

皇帝はシャーロット(ユニース伯爵夫人)が来ていたのかと尋ねます。

 

アルティゼアがチラっと見ると、それに気付き納得した皇帝はお礼を言いました。

滅相もないと頭を下げるアルティゼア。

 

ユニース伯爵夫人がしたことは父親を恋しいと思う気持ちからの小さな過ちで、皇帝陛下と夫人を恨んでいないと話しました。

ミライラは自分の屋敷で娘に手を出されたことに見くびられたと怒ります。

 

アルティゼアは父親のいない身としてユニース伯爵夫人の気持ちがわかると伝えました。

父親を恋しく思うあまりの嫉妬が自分に向いただけです。

 

それに小さなことで騒いでは侯爵家の次期当主は務まらないと言うアルティゼア。

皇帝は関心したと笑います。

 

シャーロットは子供を3人産んだので落ち着いたと思っていたようです。

甘やかしてきて悪かったと話す皇帝。

 

そして年頃の少女なのに傷を付けてしまったことを謝り、お詫びとして誕生日に何かほしいものがないかと尋ねます。

アルティゼアは遠慮しながら受け取っていただきたい物があると答えました。

アルティゼアが用意していたペアのプレゼント

母のミライラへの感謝としてプレゼントがあるのです。

それはペアの物で1つは皇帝陛下を思って用意したもの、とモジモジしながら打ち明けるアルティゼア。

 

なかなか献上することができなくて、母にも渡せなかったので受け取っていただけたら幸せだと話します。

皇帝は、両親へのプレゼントということならミライラと一緒の贈り物ということで、拒否する訳がないと伝えました。

 

アルティゼアが用意したものは大きく輝くブローチです。

皇帝とミライラがさっそく胸元に身に付けます。

 

綺麗だと満足そうな皇帝陛下と、とげとげしい対応をするミライラ。

頭を下げるアルティゼアに、皇帝は構えることはないと言います。

 

ミライラの娘ということは自分の娘も同然だと話す皇帝陛下。

頭を下げるアルティゼアは無表情です。

 

皇帝とミライラは楽しそうにオペラへと出掛けて行きました。

2人が去った後、アルティゼアは過去の自分を思い出します。

 

「私の娘」という言葉が聞きたかったアルティゼア。

今となっては家族なんてただの甘い幻想です。

 

しかし収穫はありました。

皇帝がアルティゼアに少しでも負い目を感じたことです。

国民のため動き出すセドリック

その頃セドリックは夜空の下、1人考えていました。

アルティゼアが言っていた「国民の平和のために皇帝になる」ということを。

 

セドリックの両親は20年前に反逆罪で処刑されたのです。

周りの人々は復讐のため皇帝になれと言ってきましたが、あえて政界を遠ざけたセドリック。

 

権力に抗うように国の盾となった理由は残った人々を守るためでした。

アルティゼアが発したことは「国民の平和」です。

 

生存でも復讐することでもありません。

国民を守って皇帝になる、ということを深く考えるセドリック。

 

眠れないまま夜が明けました。

側近が心配して声を掛けます。

 

少し横になることを勧められたセドリックは寝ている時間はないと答えます。

宮殿に行くことを決意するセドリック。

 

もう一度アルティゼアを話しをするためです。

悪女は2度生きる10話の感想&次回11話の考察予想

皇帝の娘を取り込みつつ、皇帝にも負い目を感じさせることができたアルティゼア。

過去の自分が求めていた皇帝からの自分の娘という言葉を受けることができました。

 

今となっては虚しい言葉のようです。

収穫を獲たアルティゼアが次に動く先はどこになるのでしょうか。

 

そしてセドリックもついに動き出したので更なる展開にドキドキです!

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』10話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女は2度生きる」11話はこちら