その悪女に気をつけてくださいのネタバレ&感想

漫画その悪女に気をつけてくださいは原作Soda Ice先生、作画Blue Canna先生、脚色Berry先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「その悪女に気をつけてください」22話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ジャックとジェイクの戦いで屋敷は壊れ、使用人は傷ついています。

 

怒ったメリッサは二人を叱り、騒動を治めました。

使用人たちはメリッサに守られ、温かい言葉をかけられて感激の涙を流します。

 

そしてメリッサは、ジャックの再来の対策として剣術の指導を受けることにしたのです。

≫≫前話「その悪女に気をつけてください」21話はこちら

その悪女に気をつけてください22話の見どころ・考察予想

ジャックとジェイクの戦いで、ポジェブラト家は破壊され、使用人たちは負傷するという騒ぎになりました。

それでもお構いなしに戦いを続ける二人に、とうとうメリッサが怒りました。

 

メリッサの怒鳴り声に、凍り付くジャックとジェイク。

メリッサは、力の強い二人が戦えば周りを巻き込んで大きな被害が出ることを自覚するようにと叱ります。

 

そしてジャックには正式に出直すこと、ジェイクには破壊した屋敷の後始末を命じたのです。

 

使用人たちの間では、傍若無人な二人を制し、自分たちに気遣いをしてくれたメリッサの株が急上昇しています。

日頃から気難しいポジェブラト家の3人の世話をするのは大変だったのだろうと、思い至ります。

 

改めてねぎらいの言葉をかけるメリッサに、使用人たちは感激の涙を流すのでした。

 

そしてメリッサは屋敷を守るために、ジャックが訪ねてきた時の対策として剣術の腕を磨こうと決意しました。

その悪女に気をつけてください22話のネタバレ込みあらすじ

青い狼と剣術指導

雨の夜、愛犬リエーフからねだられて、メリッサは庭へ散歩に出ていました。

こんな天気の悪い中、外へ行きたがるのは珍しいことです。

 

リエーフはしきりに吠え立ててメリッサを誘導します。

リエーフが吠えるその先に、傷ついた青い狼が倒れていました。

 

時が変わって邸宅の庭。

帝国一と言われる剣術の指導を受けて、メリッサは鍛錬に励んでいます。

 

初めてまだ1カ月でその上達は目を見張るほど素晴らしく、指導者も驚いています。

実はメリッサ自身も驚いていたのです。

 

魔力はほとんどなく、何をやっても中の下だったメリッサですが、剣術の才能があったなんて小説にはなかったのです。

 

結婚を控えた貴族令嬢が剣術を始めたとなると、周りの人たちはよく思わないでしょう。

しかし、今回こんな機会が無ければ気づけなかった才能です。

 

天才になったようで気分のいいメリッサ。

「アレ」を習得したかったと考えますが、剣も上手いに越したことはありません。

ジャックからの公式書簡

訓練に励んでいると、ジャック・フォトンから公式書簡が届きました。

「フォトン」とは、狼人間に共通する名字です。

 

書簡は赤い尻尾の毛でくくってあり、赤毛のジャックが出した公式書簡であることを証明しています。

 

正式に送るとなると、距離もあるのでかなり時間がかかります。

1カ月かかったと思われますが、ジャックの性格からそれだけの時間を待てたことに驚いています。

 

書簡にはナインの居場所を尋ねる内容が書かれていました。

助けられた青狼

ポジェブラト家の庭で発見された青狼は手当てを受けてベッドで寝ています。

しかし、青狼はまだ目を覚ましません。

 

動物を診ることもできるという侍女のヨナは、もう少しかかるだろうと言いました。

 

この状況からして、この青狼がナインで間違いないでしょう。

しかし、目を覚まさないので確かめることができません。

 

仕方ないので、メリッサはジャックをおもてなしするために夜のトレーニングの準備をすることにしました。

ジャック2度目の来訪

メリッサは父親である侯爵様の部屋にいます。

 

皇太子との破断の邪魔をしたことをネタに、自分の望みを聞き入れてもらおうとしているのです。

 

メリッサの希望は、夏のバカンスに最小限の使用人を残して、ほかの者全員に夏休みを出してほしいと言うことでした。

 

そしてもう一つ、侯爵が度肝を抜かれるような希望を出したのです。

 

侯爵はメリッサからの二つの提案に納得し、受け入れてくれました。

 

メリッサは、前回ジャックが急襲を仕掛けたときと同じセッティングをして庭で待っています。

今日はジャックの二度目の来訪日なのです。

 

使用人たちはメリッサから夏休みをもらい、ありがたく休暇を取っています。

ジャックが来た時に被害を最小限にするため、できるだけ人払いをしておきたかったのです。

 

屋敷に残ったのは若手の侍女ヘイニ―一人です。

一人屋敷に残る侍女として抜擢されたことで、ヘイニ―は張り切っています。

 

今日もやはり空からやってきたジャック。

しかし今回はメリッサが落ちてくるジャックを剣で迎え撃ちました。

その悪女に気をつけてください22話の感想&次回23話の考察予想

ナインはメリッサの庭園で、ジャックより先に見つけてもらって良かったです。

ジャックに襲われたとき、逃げ切れたものの深手を負っていたのですね。

 

でも、屋敷に保護されて手当てを受けているからもう安心です。

ヨナが動物を診ることもできるって…、彼女はいったいどれだけ多才なんでしょう。

 

メリッサが剣術の腕を上げて、突撃してきたジャックを返り討ちにしたのには、ジャックも驚いたでしょう。

 

それにしても、メリッサが剣術ではなく習得したかった「アレ」をとはいったい何でしょう?

それに、侯爵に出したもう一つの提案とは?

 

すごく気になりますね!!

次回、分かるのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『その悪女に気をつけてください』22話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「その悪女に気をつけてください」23話はこちら