公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」53話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

トリプルスイートの新商品として、フレーバーティーを考えていたクロエ。アールグレイともうひとつは自分でブレンディングしたフレーバーティーにしようと決意しました。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ53話の見どころ・考察予想

自分でブレンディングした新しいお茶を自分の店で販売する・・・クロエにとってこんな嬉しいことはありません。

 

寝る間をおしんで作業をするクロエ。

ようやく黄金比率に巡り合い、大満足します。

 

アルフォンスに味見をお願いして反応をわくわくして待ちますが、アルフォンスはクロエと一緒に過ごすティータイムはそれだけで楽しいのでした。

 

発売されたフレーバーティーは夏限定ということと、クロエブレンディングでトリプルスイートでしか販売していないという希少性から最短期間え最高の売り上げを記録します。

 

問題があるとしたら・・・クロエのネーミングセンス・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ53話のネタバレ込みあらすじ

クロエは早速お茶のブレンディングに取りかかりました。

 

イチゴのフレーバーティーをベースにして、集めた材料を望む通りの香りになるまで比率を変えて混合する作業を繰り返します。

あてにならない?アルフォンスの試飲

クロエの作業は深夜にまで及びました。

何度も試飲を繰り返し、やっと完成します。

 

黄金比率にたどり着いたと大満足するクロエ。

さっそくアルフォンスに試飲してもらうことに。

 

トリプルスイートの新商品で自分がブレンディングしたお茶だと嬉々として話すクロエは、ついつい熱が入ってしまいます。

 

アルフォンスは一口飲んで、甘いと感じました。

正直なところ自分には甘すぎると感じますが、この時間が嫌じゃないと思うのです。

 

胸躍らせて様子をうかがうクロエを見て、いつからこうなってしまったんだとアルフォンスはぼんやり考えていました。

 

アルフォンスが何も言ってくれないので、クロエがお茶はどうですかと尋ねると、「いいですね」とアルフォンスが答えます。

 

お茶ではなく君が・・・というのはアルフォンスの心の声ですが・・・。

 

とても美味しいとアルフォンスに言われて、クロエはほっとした顔を見せます。

甘いものを苦手なアルフォンスに美味しいと言ってもらえて安心だとクロエは言いました。

 

アルフォンスは、自分の口には合わないけれど、バランスよく調和の取れている風味だと感じます。

クロエの努力もちゃんと見抜ているのでした。

クロエ・ブレンディング『赤い唇』

次にクロエは使用人たちにも飲んでもらいます。

みんな美味しいと褒め、お茶の名前を聞きました。

 

そのときはまだ名前を考え中で、赤を連想させる名前がいいと思うクロエ・・・。

 

8月初旬にトリプルスイートで新商品の発売がされました。

クロエのブレンディングしたの名前は「赤い唇」と名付けられました。

 

見た目にも華やかで、甘い香りのするお茶に、婦人たちは興味を示します。

新商品で夏の限定品、ましてクロエのブレンディングしたお茶だと聞いて、商品は瞬く間に売れていきました。

 

アールグレイに対する関心も高まりアールグレイの売り上げも上がります。

おおむね大成功を収めた新商品ですが、ひとつだけクロエが『しまった』と思うことがありました。

 

それはクロエ・ブレンディングのネーミング・・・。

『赤い唇』という商品名は婦人にとって口にしにくいものだったようで・・・。

 

次からは普通で無難な名前にしようとクロエは思うのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ53話の感想&次回54話の考察予想

アルフォンスはクロエに甘々だから、本当にあてにできないと思うのですけどね・・・。

ただ、好き嫌いの問題だし、アールグレイは甘いものが苦手な男の人にも好評のようだからいいのかな?

クロエに見とれていないで、次回からはちゃんと感想も言ってあげてほしいですね。

 

フレーバーティーは女性に人気が出ることは想像できます。私も好きです。

確かに、イチゴやりんごといったわかりやすいものは抵抗感も少ないでしょう。

 

クロエがブレンディングしたのは、甘いベリー類をメインにチェリーとレッドカラントがすっきりと香り豊かにし、最後に入れたバラの花びらが果物の香りを優しく包み込んでくれる、と表現しています。

 

どんなお茶だったのか、飲んでみたくなりますね!

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』53話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

徹夜して黄金比率にたどり着き、大満足のクロエ。さっそくアルフォンスに味見してもらいます。

でも、アルフォンスはクロエとのティータイムそのものを楽しんでいるのでした。

それでもクロエのブレンディングしたお茶は好評で、あっという間に売上を伸ばしていきます。

その商品名だけが残念なのですが・・・。

 

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら