かりそめの公爵夫人の韓国版ネタバレ

漫画「かりそめの公爵夫人」65話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人65話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

自分が昔イヴォナを捨てたという衝撃の事実を明かして逃げていったガスパールを追うクロードと、トリスタンとふたり取り残されたイヴォナ。

 

イヴォナは劣等感のあまり自分に攻撃的な言葉をかけるトリスタンに対し、なぜか自分とクロードと一緒に行かないかと提案します。

トリスタンの能力をガスパールのためだけにすり減らすのは勿体ない、という言葉はとても優しくトリスタンの心を動かします。

 

しかしこの言葉は全くイヴォナの本心ではありませんでした

 

彼女は自分と一緒に来るかと尋ねたときのトリスタンの態度から、ガスパールとの関係が上手くいっていないことを見抜きました。

この提案も、イヴォナにとってはトリスタンとガスパールに対する復讐の一部なのでした。

 

一方、ガスパールを追っていったクロードは逃亡しようとしたガスパールの馬車を剣で真っ二つに斬ります。

そして地面に叩きつけられたガスパールに向かって、話をしようと呼びかけるのでした。

イヴォナの悪口を言うガスパールを許せないクロード

ガスパールは昔から自分が何をしようと気にもかけず、自分を透明人間のように扱っていたクロードの態度の変化をあざ笑います。

しかしイヴォナのことを自分が捨てた中古品だと形容したガスパールは、何らかの強い力によって体が押さえつけられて動かなくなっていることに気が付きます。

 

クロードはガスパールの言葉通り、彼が何をしようと興味はないと言います。

しかし、イヴォナがクロードからの好意を恐れていた理由がガスパールだったことに気が付き、心の底から憎しみが沸き上がってきたのでした。

 

クロードは地面に転がるガスパールの頭を踏み、腕を折ります。

そこへ神獣へ乗って現れたイヴォナとともに、クロードはガスパールのもとを離れます。

 

残されたガスパールは自分をこれほど痛めつけたクロードへ復讐を誓うとともに、腕が折れていることで戦地で手柄を立てなくてもよくなったことに安堵するのでした。

クロードの手配で捕まったガスパール

宿へ戻る帰り道、前の婚約者であるガスパールの怪我を心配するイヴォナにクロードは嫉妬します

しかしイヴォナが本当に心配していたのはガスパールではなく、イヴォナのために彼を痛めつけたことでクロードが罰を受けるのではないかということなのでした。

 

クロードは、過去のことであれイヴォナを侮辱したことがどうしても許せなかったと言います。

ガスパールが復讐のため、クロードに薬草の密輸入の罪を被せるのではないかと心配するイヴォナでしたが、クロードは既に手は打ってあるから心配しなくてもいいと告げます。

 

クロードの言葉通り、クロードの回復魔法でガスパールの怪我はすぐに治っていました。

そして彼は捕らえられ、皇帝の前へと連れていかれたのでした。

かりそめの公爵夫人65話の読んだ感想

前回に引き続き、イヴォナを侮辱したガスパールに対するクロードの言動には恐ろしいものがありました。

そして感情に任せるだけではなくしっかり捕らえる手配も整えていた準備周到さに驚かされました。

 

次回はどのような展開が訪れるのでしょうか。楽しみです。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』65話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「かりそめの公爵夫人」66話はこちら