ある継母のメルヘンのネタバレ&感想

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」9話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

病み上がりのシュリーは、家の中の雰囲気が変わったことに気付きますが確信がないのでしばらく様子を見ることにします。

 

一方でルクレツィアとヴァレンティノは屋敷を飲み込もうと話しをしていました。

そのことを知らずにいるシュリーは・・・?

 

≫≫前話「ある継母のメルヘン」8話はこちら

ある継母のメルヘン9話の見どころ・考察予想

家を守るため話し合うシュリー

シュリーの知らないところでルクレツィアとヴァレンティノが不穏な動きをしています。

このままだと子供たちが心身ともにやられてしまいそうです。

 

そこでシュリーはある人たちを呼び出し、奇妙な違和感の正体を明らかにしようとします。

集められた人たちは誰でしょう?

 

シュリーは家を守ることができるのか、必見です!

ある継母のメルヘン9話のネタバレ込みあらすじ

追悼招宴に向けて仕事に燃えるシュリー

屋敷にルクレツィアとヴァレンティノが来てから数日。

過去のシュリーは全ての親戚をこの屋敷から追い出しました。

 

そのときの物寂しい静けさとは異なる、平凡だけど妙な違和感があります。

シュリーはもしかしたら間違った選択をしたのではないかと考えていました。

 

葬儀に必要な決済の処理を全て終えたシュリー。

次に必要な急ぎの案件は追悼招宴です。

 

シュリーは生まれ変わる前の議会を思い出します。

陛下を助け、国家のために全力を尽くしてきた亡き夫のために追悼招宴会を開くことを提案したのはニュルンベル卿です。

 

ノイヴァンシュタイン家は葬儀や財産権の管理で余裕がないためニュルンベル家が必要な場所と資金を負担すると言います。

聖誕祭前に手短に行うなら、と了承する貴族議員会のハインリッヒ公爵。

 

他の議員も賛成しますが、最重要人物であるシュリーにも問います。

シュリーは静かにニュルンベル卿の意見に同意しました。

 

そんな過去をポイと捨てるシュリー。

招宴の開催は当主の決定能力を証明し、家の全てが主人の管理の下で安定した役目を果たしていることを示す絶好の機会です。

 

ニュルンベル卿は心配してくれたのでしょうが、今のシュリーは1人でやり遂げられる自信があります。

やることが山積みだと仕事燃えるシュリー。

 

その様子を目を点にして見つめるのは執事長のロベルトでした。

闇夜に噂をする影あり

夜、ランタンを灯し1人屋敷内を散歩するシュリー。

気合いが入り集中し過ぎて、使用人のグウェンが来なければ徹夜していました。

 

どこからかヒソヒソと話し声します。

どうせ間もなくいなくなる人間で、既に多数の者が背を向けているので誰の下につくべきか考えるべきだ、と聞こえてきました。

 

声の主はランタンの灯に気付きその場を去ります。

唖然とするシュリー。

 

翌朝、家族みんなで朝食をとります。

ルクレツィアは、サロンでマダム・ルアゼルの今季のドレスの話で盛り上がっていることを楽しそうに話していました。

 

子供たちは静かに食事をしています。

レイチェルとエリアスに授業の様子を尋ねるシュリー。

 

別に、普通、と話す2人にルクレツィアは、ヴァレンティノが剣術を熱心に教えてくれている、レイチェルは厳しい先生が怖いのかとフォローします。

 

食事の後、屋敷の廊下を歩くシュリーに声を掛けてくる騎士がいます。

落とし物だと白いレースのハンカチを手渡す際、コソッとアルベルン団長が内密に謁見を望んでいることを伝えられました。

 

そしてアルベルンがシュリーの部屋へと伺います。

そこには使用人のグウェンと執事長のロベルトもいました。

集められたのは屋敷の重要責任者

シュリーは白いレースのハンカチは誰の趣味かとアルベルンに尋ねます。

謁見は執事長を通すのが正式な方法なはずですが、他の手を使った理由は何か問題があるのかと問うシュリー。

 

ここにいる3人はシュリーが最も信頼している主任者です。

今のこの状態では信じていくのが難しいと話します。

 

口を開くアルベルン。

剣術の訓練の際、ヴァレンティノのエリアスへの躾レベルが心配されているという騎士団内の報告が上がっています。

 

そしてそれをシュリーが黙認しているのではないかということです。

そのことを知らないシュリー。

 

子供たちの教育はシュリーに権限があります。

騎士団が介入できることではありませんが、状況が悪化していることを執事長を通して報告していたのです。

 

ところが返事をもらえていない状況だと説明します。

騎士団からそんな報告を受けていなく、エリアスのことについても初耳だと話すロベルト。

 

今日ここに呼び出されたのはシュリーが間もなく屋敷を離れるという話のためだと思っていたようです。

その発言にグウェンは驚きます。

 

使用人たちの間の噂のようですがグウェンはその話を知りません。

3人の重要責任者の疎通ラインが遮断されています。

 

ロベルトに落ち着くよう話すシュリー。

そしてすぐに他の人に知られないように使用人全員を集合させるよう指示します。

 

使用人たちの違和感、奇妙な動揺、昨晩のルクレツィアの光景を全て理解したシュリーです。

ある継母のメルヘン9話の感想&次回10話の考察予想

ついに違和感の正体がわかったようです!

その正体は、もちろんルクレツィアとヴァレンティノですよね?

 

もしそうでないとしたら誰でしょうか。

使用の中にも怪しい人がいそうです。

 

これでは誰もが信じられなくなりそうです。

生まれ変わる前のシュリーはきっとこんな感覚だったのでしょう。

 

使用人全員を呼んでシュリーが何をするのか期待です!

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』9話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「ある継母のメルヘン」10話はこちら