その悪女に気をつけてくださいのネタバレ&感想

漫画「その悪女に気をつけてください」は原作Soda Ice先生、作画Blue Canna先生、脚色Berry先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「その悪女に気をつけてください」24話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ジャックが再びポジェブラト家にやってきました。

裏切り者のナインを引き渡してもらうために来たのです。

 

しかし、メリッサはナインを引き渡すことはしないと言います。

自分のものは渡さないのだと言ったのです。

≫≫前話「その悪女に気をつけてください」23話はこちら

その悪女に気をつけてください24話の見どころ・考察予想

またもや空から突撃してきたジャックですが、迎え撃つ準備をしていたメリッサに撃退されます。

メリッサが使う剣は、実は秘宝の剣だったのです。

 

何度も挑みますがメリッサには敵いません。

ジャックの来訪は、裏切り者のナインを引き渡してもらうためでした。

 

そこへ傷の癒えたナインが現れました。

メリッサは、ナインは自分のものだから渡さないと言ったのです。

その悪女に気をつけてください24話のネタバレ込みあらすじ

メリッサ専任執事ナイン

メリッサが使用人たちに夏休みを与えて欲しいと提案したとき、もう一つ提案をしていました。

 

それはメリッサ専任の執事を雇いたいというものでした。

 

しかも、平民からと言われ侯爵様は絶句してしまいます。

貴族が雇用する者は貴族の所有となって、その者に攻撃を加えると言うことは貴族への攻撃に値するのです。

 

ナインを雇用することに侯爵は、最初は反対でした。

部外者を屋敷に入れるのは危険だからです。

 

しかし、ナインが舌を抜かれて話すことができず、内部情報を漏らすことができないし、なによりメリッサが責任をとると言うのです。

 

反対したところで聞かないだろうと、侯爵はメリッサの提案を受け入れました。

こうしてナインはポジェブラト家に雇用され、メリッサの専任執事になりました。

 

つまり、ジャックはナインに手出しができなくなったのです。

メリッサが吐血

ナインの引き渡しがかなわず、ジャックは帰っていきました。

 

部屋に戻ってナインに鍵をかけさせたメリッサは、いきなり吐血をしてしまいます。

それを見て驚くナイン。

 

自分で吐血していることに気づいていないメリッサは、ナインの表情を訝しく思います。

 

メリッサの視界には慌てるナインの姿がかろうじて見えていましたが、そのまま視界が薄れ、メリッサは倒れてしまいました。

女の子

メリッサが気づくと、一人の女の子が泣いていました。

 

近づいてなぜ泣いているのか尋ねると、女の子は誰も抱きしめてくれないからだと言います。

しかし、メリッサが抱きしめてあげようとすると、あなたは嫌だというのです。

 

せっかくの好意を踏みにじられて文句を言うメリッサですが、どうしたら涙が止まるのか聞きいてみました。

女の子は未来の夫、イアンを連れてくるようにと言います。

 

メリッサには何のことかわかりません。

 

女の子はイアンが大好きだけどいつも忙しくて会えないから、夫になればいつでも会えるのだと言っています。

自分は子どもだから駄々をこねないとイアンに会えないけど、あなたは大人だから連れてこられるだろうと。

 

最後にイアンに会ったのは2年前だという女の子に、どんなに忙しくても放っておく男なんてクズだと言いました。

すると、イアンを悪く言うなと怒る女の子。

 

イアンを連れて来れないならあなたにも用はないと、メリッサを追い払おうとする女の子ですが、いつの間にか泣き止んでいます。

 

女の子は、誰が何と言おうとイアンが好きで、ジェイクとも仲良くしたいと話し始めました。

そして、愛されたいのだと。

 

メリッサは、女の子のかたわらで静かに話を聞いていました。

本物のメリッサ

女の子はメリッサに、あなたは私とは違うと言いました。

 

私たちはメリッサ・ポジェブラトだけど、あなたは空っぽの愛など求めずに自ら突き進んで欲しいと言います。

これからの人生はすべてあなたのものだからと。

 

ためらわずに行こうと二人、意気投合したところで目が覚めました。

 

部屋では使用人やナインが心配して集まっていました。

その悪女に気をつけてください24話の感想&次回25話の考察予想

心の中に潜んでいた本物のメリッサが出てきたんですね。

 

小説の中では常に悪役で、いつも愛に飢えて寂しく生きていたメリッサでした。

それが今のメリッサになって自分らしく生き生きとしているけれど、どこか小説のストーリーにとらわれていたように思います。

 

そこに気づいた本物のメリッサが背中を押しに来てくれたんじゃないでしょうか。

 

使用人たちからも疎まれていたメリッサが、こんなに慕われるまでになっているのだから、もう元のメリッサではないです。

 

小説「愛するアイツら」が今のメリッサの物語になって欲しいなと思います。

ここから少しずつ展開が変わってくるのではないでしょうか。

 

面白くなってきましたね!

まとめ

今回は漫画『その悪女に気をつけてください』24話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「その悪女に気をつけてください」25話はこちら