悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は変化する」47話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

避暑にやってきた皇子たちと例年になく積極的に関わるレン。皇太子との距離も縮まることになります。ラシアは相変わらずエルザに対して敵対心を抱いていて、なんとか皇子皇女からの評判を落とそうとしますが・・・。

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら

悪女は変化する47話の見どころ・考察予想

ラシアはロベリア時代のエルザの悪評を持ち出して貶めようとしますが、レオドリックに窘められ、エルザにもかばわれるような形になって余計に反感を持ちます。

 

皇族たちの避暑も最終日になり、ボート遊びをすることに。そこでラシアはエルザと同じボートに乗りたいと言い出します。

何か企んでいるのは間違いないでしょう。

悪女は変化する47話のネタバレ込みあらすじ

レンとエルザは朝食と共にしています。

 

突然レンが、最近エルザがアナスターシャとばかり一緒にいるので寂しいと言い出しました。

 

今日は皇女たちと過ごす最終日。

明日には見送るのだからとレンを慰めるエルザ。

仲睦まじい朝のひととき・・・。

エルザとボートに乗り込むラシア

その日、ボート遊びをすることになっていました。

 

ニコライ皇太子とレンは公務があって参加せず、バルディミールとレオドリック、アナスターシャ、ラシアそしてエルザで湖に向かいます。

 

2艘のボートに分かれることになり、ラシアがエルザと乗りたいと言い出しました。

エルザとあまり仲良くなれていないから心残りだと言うのです。

 

エルザは快諾し、二人でボートに乗ることになりました。

 

兄弟3人で乗ったボートでは、アナスターシャが明日の帰城を残念そうに話しています。

ここを離れたくないと言い出すほど。

 

バラディミールがそんなに大公妃のことを気に入ったのかと聞くと、素直にそうだと答え、エルザに手を振りました。

その声が届いてエルザが笑顔を返します。

 

ラシアがアナスターシャの一番の仲良しは自分だと思っていたのに、エルザに取られてしまったみたいだと棘のある言い方をしました。

 

エルザは、ラシアが自分のことを好きでないのはわかっていると切り出し、こうして二人だけになる機会を作ったのは何か話があるのでしょうと尋ねます。

 

ラシアはそれは誤解で、大公の心を掴んだ南方の女性とやらに直接会ってみたかったと言いました。

 

直接会ってみてどうだったかとエルザがもう一度質問を投げます。

 

ちょうどレンが公務を終えて駆けつけたところでエルザに声をかけました。

ラシアの子供っぽい嫌がらせ

エルザがレンに手をあげて答えた時、ラシアが急にエルザに近づいてきました。

 

ブレスレットを褒め、エルザの腕をがしっと握り、当たり前のように人を見下すところが気に入らない、家柄のおかげで苦労もなく暮らしてきたくせにと小声で悪態をつくラシア。

 

エルザが冷静に嗜めると、ラシアは指輪に仕込んであった針でエルザの腕を刺しました。

思わずラシアを払いのけるエルザ。

 

ラシアは大げさに叫び声をあげて湖に落ちました。

 

湖から引き上げられたラシアは、エルザが払いのけたはずみで落ちたと震えながら言います。

 

そして、ピクニックのときに軽率なことを言ってしまったので詫びようと思ったのに、エルザがそのことを根に持っているようなことをでっち上げるのでした。

 

エルザは、ラシアの指輪が無くなっていることに気付き、何か細工をしてあったのだろうと察しています。

 

自分に嫌がらせをしたかったようだと思うけれど、毒を使うほど度胸もなさそうだと冷静に受け止めますが呆れてもいました。

 

ラシアはエルザを貶めようとうった芝居がうまくいきそうでほくそ笑んでいます。

しかしレンは険しい顔でラシアを睨むのでした。

悪女は変化する47話の感想&次回48話の考察予想

ラシアはしてやったり!という感じなのでしょう。

エルザは子供っぽい嫌がらせだと思っているだけのような気がしますが・・・。

 

ウィンターナイトってアルンデルと命がけで戦う家門ですからね。

針で刺されたくらいどうってことないし、エルザが毒を仕込まれていたらやっかいだと思うくらい次元が違うように感じます。

 

でも、皇子たちも今までの言動からラシアの人となりを見破ってもいいと思うのですけど。

器の小ささとか・・・。

 

レンは相当怒っているようです。

エルザに関わるなと言ったのに、ここまで評判を落とすようなことを仕出かしたのですから放っておけないのもわかります。

 

ラシアも、本当に賢い人なら大公妃に対してあれはどうかと思います。

皇子の婚約者と言ってもまだ結婚したわけじゃないし、皇太子妃になるわけじゃないですしね。

あくまで第2皇子の婚約者の男爵令嬢ですから。

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』47話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ラシアはエルザの評判を貶めるために、ボートからわざと落ちます。

そのやり方は卑劣で幼稚なもので、エルザは呆れますがレンは怒り心頭という表情をラシアに向けるのでした。

 

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら