その悪女に気をつけてくださいのネタバレ&感想

漫画「その悪女に気をつけてください」原作Soda 、作画Blue Canna、脚色Berryの作品でピッコマで配信されています。

今回は「その悪女に気をつけてください」12話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

公爵邸の屋根の上で、メリッサと弟のジェイクは、姉弟ケンカをしています。

メリッサの言葉は、ジェイクには暖簾に腕押しのようで会話がいまいち噛み合いません。

 

メリッサのイアンへの感情は見事に正反対へ勘違いしていました。

またメリッサの部屋への嫌がらせのような自室への勝手な装飾も、気持ちがジェイクに伝わりません。

 

そんな会話を屋根の上でしている最中、足元から馴染みのある声が聞こえてきます。

屋根の上から降りるようにと、叱りつけるようなものでした。

 

その声につられて、のぞき込むとメリッサとジェイクの乳母であった女性、マーサでした。

そのマーサからメリッサは衝撃的なことを伝えられます。

 

それはメリッサがもうすぐ結婚するということでした。

≫≫前話「その悪女に気をつけてください」11話はこちら

その悪女に気をつけてください12話の見どころ・考察予想

本人、寝耳に水

メリッサとジェイクの乳母であったマーサは、メリッサが皇太子であるイアンと結婚すると聞きつけて、公爵家に戻ってきました。

 

マーサによるとメリッサとイアンの結婚は、講師主催の春の舞踏会で発表されるようです。

しかしメリッサにとっては寝耳に水です

 

めでたいと喜んでいるマーサの横で、メリッサは頭を抱えています。

当然のことです

成人する前のメリッサしか知らないマーサは、メリッサの幼いころからの夢が叶うのですから、メリッサも幸せの中にいると思い込んでいます。

 

さらに皇太子の性格を知りません。皇太子の麗しい外見のみが、マーサのイアンに対する印象のすべてです。

わが子の成長を喜ぶ実の親のように、目に涙を浮かべるマーサに対して何も伝えることができません。

 

というより、メリッサはそれどころではありません。

頭がクラクラしはじめ、倒れてしまいました。

 

気絶の原因は、極度のストレスでした。

身から出た錆

マーサの前で気絶してから半日が過ぎました。

目を覚ましたメリッサは、マーサが聞いたという結婚話について冷静に考え始めました。

 

以前のメリッサは、来年の春にイアンと結婚したいとせがむように言っていました。今のメリッサならば、もちろん止めている所です。

しかし現実は、メリッサのわがままとメリッサの行動が引き起こした結果でしかありません。

 

本当に後悔しているようです

 

以前、メリッサが来年の春に結婚を迫った時、イアンはどうにかしてその場をやり過ごし、逃げ切ろうとしていました。

しかし今回、メリッサの婚約破棄が本気であると知るや否や、まるで別人かのように結婚を進めているようです。

 

もちろん婚約者のメリッサの望みをかなえてあげた優しい婚約者ということで、事を進めていることは明白です。

それもこれも、以前のメリッサが実際に言ったことが元になっていますから、下手なことはできません。

その悪女に気をつけてください12話のネタバレ込みあらすじ

舞踏会に行きません

現代の日本人大学生だったメリッサが読んでいた原作小説では、舞踏会にすら呼ばれませんでした。

 

おそらくほかの女性と行ったのでしょう。

メリッサの提案した婚約破棄は、舞踏会で結婚を公表することにおいてうやむやにする魂胆なのでしょう

 

それも本人であるメリッサには一言の相談もありません。メリッサを侮っているとしか思えません。

公爵であるメリッサの父親には事前に話が伝わっていたようで、メリッサが目を覚ました時には公爵邸に父親は不在でした。

 

メイドのヨナによると用事があり地方に出かけたそうです。

メリッサは、確実に逃げたと見ています。

 

さらにヨナによると、皇太子のイアンが街中で高価な服や宝石を買いまわっているというのです。

しかもその理由を、舞踏会で婚約者に一番輝いて欲しいと言っています。

 

どの口が言っているのでしょう。

いろいろと黒い部分がにじみ出るメリッサですが、建設的ではないと気づき、思考を転換します。

 

さてすでに広まってしまっているこの状況で、しかも評判の悪いメリッサがここから婚約破棄へと方向転換するためにとる行動はただ1つです。

 

舞踏会に参加しないという、これ一択です。

その悪女に気をつけてください12話の感想&次回13話の考察予想

婚約破棄についてメリッサは正式な手順を踏み、できるだけ大事にならないように行動してきました。

それは公爵家の今後についてを考えた結果ではありますが、自国の皇太子に恥をかかせないという理由も含まれていたと思います。

 

それなのに、メリッサには一言も伝えず、嘘の噂を世間に流してしまいました。

貴族も平民もみな聞くことのできる噂です。

 

多くの国民が聞いている噂が、悪い方向で裏切られた時の余波は計り知れないと思います。

この噂1つで、今までのメリッサの努力が全て水の泡となってしまいました。

 

今後、メリッサがどのような振る舞いをしていくのか。

メリッサはいろいろな所まで考えを巡らせているでしょうから、メリッサの言動に対してイアンがどのように反応するのか、というか反応できるのか?

まとめ

今回は漫画『その悪女に気をつけてください』12話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「その悪女に気をつけてください」13話はこちら