ボスは元カレくんのネタバレ&感想

漫画「ボスは元カレくん」は漫画 YU-RANG HAN先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ボスは元カレくん」6話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

コムシンはスーパーの副店長として勤めています。

コムシンは4年前に5歳年下の彼氏がいました。

 

当時30歳で、周囲の友達が結婚していくことが焦りにつながっていきます。

そんな中、当時の彼氏であったパク・ヨンハは徴兵されていきました。

 

初めは徴兵が明けることを待つつもりでいましたが、どんどん不安が積み重なっていき、手紙一通でヨンハに別れを告げてしまいました。

そんな過去を持ち、現在34歳になったコムシンは独身で仕事を続けています。

 

そのスーパーに店長として配属されてきたのが、ヨンハでした。

その翌日、コムシンは店長のヨンハに辞表を提出します。

 

すると代わりの従業員が見つかるまで、勤務を続けることになり、様々な人が採用試験を受けに来ます。

しかし一向に採用する気配がなく、大勢の受験者を不合格にしていきます。

 

コムシンに復讐したいヨンハは、自分に惚れてよりを戻したいと言ってきたコムシンを徹底的に振ることを目的にしていますが、コムシンはなびく気配もありません。

あまりにも自分に興味を持たないコムシンについて気になるようになっていくヨンハ。

 

話す機会を作ることで、コムシンの今の生活を知ろうと自然と行動していきます。

≫≫前話「ボスは元カレくん」5話はこちら

ボスは元カレくん6話の見どころ・考察予想

男の影

今まで物流倉庫に商品を受け取りに行くのは、店長が1人で行っていました。

しかしヨンハはコムシンも一緒に来るように指示します

 

その道中に、コムシンの電話が鳴り、親しげに話す男性との会話が始まります。

家族ぐるみの付き合いのようで、コムシンも笑顔で応対しています。

 

その様子を隣で見ていたヨンハは、面白くありません

彼氏なのか、婚約者なのか。だから自分に興味を示さないのかといろいろと考えます。

 

コムシンがヨンハと別れたいと書いた手紙には、理由として安定した男性と結婚したからだと書かれていました。

この手紙を徴兵中、年下の先輩たちの前で読まれ、恥ずかしく、惨めでつらい思いもしました。

 

ヨンハは、別れたから怒っているのではありません。

コムシンが手紙だけで別れを告げたことが礼儀に反していたためだとヨンハは思っています。

八つ当たり

コムシンに親しい男性がいることに機嫌を悪くしたヨンハは、物流倉庫に到着後、コムシンに荷物を運ぶように指示します。

しかも、コムシン1人にさせるつもりのようです。完全に八つ当たりです。

 

この八つ当たりは、休日のコムシンにも及びます。

ヨンハの横での電話で、休日の午後3時に電話相手である親しい男性を家族と一緒に住んでいる自宅に呼び、手料理をふるまう約束をしていました。

 

その時間を狙って、ヨンハからコムシンに電話がかかってきます。

コーヒーの自販機を買いに一緒に来るように指示します。

しかも自販機が壊れたわけではなく、古く見た目が悪いからという理由で急を要するものではありません。

 

それにもかかわらず、今日、今から実物を見に行って購入するので、ついてくるようにといううのです。

その上、すでに自宅前にいるので、10分で出てくるようにという時間制限付きです。

 

横暴にもほどがあります

ボスは元カレくん6話のネタバレ込みあらすじ

楽しかった日々

自販機の会社を3社回った2人は、自販機の話から愛社精神だの、休みが潰れただのと言い合いを始めました。

そんな中、今日コムシンの自宅で一緒に食事をする予定だったジノから電話が来ました。

コムシンは夕食に間に合わないので先に食べ始めるよ、という連絡でした。

 

ヨンハはジノとコムシンが恋人同士だと思っていますので、恋人の家族と恋人のいない状況で食事をするほどの仲であると思い込み不機嫌になってしまいました。

自棄になり、またコムシンを帰すことも嫌になったのか、また1社目に行くと言い出します。

 

そのため高速道路のサービスエリアで夕食を食べることになります。

一緒に食事をしていると、ヨンハは恋人時代に2人で行った旅行の時のことを思い出していました。

 

そのころ、コムシンも同じ時のことを思い出していました。

お互いにその旅行がとても楽しく甘酸っぱい思い出になっているようです。

ボスは元カレくん6話の感想&次回7話の考察予想

コムシンは自分の身勝手で別れを告げたヨンハに今更、よりを戻そうなどと言えるはずもないと思っています。

むしろ自分が働き続けることでヨンハが、働きづらくなることが気になり自ら目の前から消えようとしています

 

ヨンハはコムシンが礼儀を欠いた方法で別れを告げたことに憤慨していると本人は思っていますが、本当はただ悲しかっただけなのではないでしょうか。

またコムシンを思いっきり振って、コムシンに復讐すると誓っているようですが、コムシンがヨンハになびくそぶりもないため、逆に焦っているように思います。

 

本当はヨンハがよりを戻したいのに、素直に伝えることができないのでないでしょうか?

しかしコムシンはそんなことは想像もしていませんから、気づきません。

 

そう解釈すると、2人の関係がいじらしくて仕方ありません。

今後も可愛らしい2人の関係を、楽しみにしています。

まとめ

今回は漫画『ボスは元カレくん』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回「ボスは元カレくん」7話はこちら