怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画怪物公爵と契約公女は原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「怪物公爵と契約公女」64話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

サルバトール公爵に敵対心を持つマディア太后は、封印されている伝染病エピアルテスを手に入れようと企んでいました。さらに、アラベーラの最有力候補であるレスリーがそれに触れたら、という内容の挑戦的な手紙を公爵に送りつけてきたのです。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

怪物公爵と契約公女64話の見どころ・考察予想

レスリーは二次試験も絶対合格してアラベーラになると意気込んでいますが、アラベーラ祭のことも気になります。

 

その日は家族皆で見に行きたいと思っていました。

もじもじと話し出すレスリーに、アシュラは快諾します。

 

レスリーは本当にアシュラのことが大好きなんだなぁ、とほのぼのする描写がいくつもあります。

二次試験が近づいて、エリーとも顔を合わせることになるような気もしますし、なによりマディア太后の企てが気になりますが、嵐の前の静けさで・・・。

怪物公爵と契約公女64話のネタバレ込みあらすじ

サルバトール公爵は、せっかく笑顔になったレスリーにマディア太后の企み知らせることはできないと思っています。

何か他に方法がないか考え巡らせていました。

レスリーの可愛いお願い

アシュラ公爵はあらゆるつてを使ってエピアンテスのことを調べようと思いました。

皇帝やアイテラ大公にも協力をしてもらおう、他国の記録も調べつ必要がある・・・考えることが山積みです。

 

そのときレスリーが執務室にやってきました。

レスリーはアラベーラ祭のことでお願いがあって顔を出したのです。

 

レスリーはもじもじしながら、お祭りを家族皆で見て回りたいと言いました。

アシュラは、なんだそんなことかと快諾します。

 

当日は仮面を付けると聞いて、レスリーはアシュラと同じ仮面がつけたいと言い出しました。

そして服もマントも腰に剣もさして・・・と普段のアシュラの格好をしたいと希望を膨らませます。

 

それじゃあ目立ちすぎるとアシュラに言われてしょんぼりするレスリー。

でも、他の仮面と服で揃えて行こうと言われて、レスリーは嬉しそうな笑顔を見せました。

 

そんなレスリーをシーナは微笑ましく見ています。

 

アシュラがレスリーを部屋まで送るよう頼みました。

それから来る時に・・・とアシュラが言うと、シーナは紅茶とサンドイッチですねと答えます。

 

さらに「それと・・・」「あと・・・」とアシュラが一言言うだけでシーナは的確に答えていきました。

そんな二人のやりとりを、レスリーは不思議そうな顔で見ているのでした。

アシュラとシーナ

二人になったとき、レスリーはシーナにアシュラとどのくらい一緒にいるのかと聞きます。

アシュラが言おうとしていることがわかることが不思議だったからです。

 

すると40年以上だと聞いてレスリーは驚きました。

アシュラが10歳になる前にこの屋敷にきたから、自分の娘のようだとシーナは言います。

 

そして、最初は侍女としてここに来たと聞いて目を丸くするレスリー。

なぜ執事になったのかとレスリーに聞かれ、シーナは当時のことを思い出しました。

 

ある日アシュラから侍女より向いている仕事があるかもしれないと言われたシーナ。

今思えば、以前から執事の仕事に興味があることを知っていたのだろうと分かっています。

 

まんまとアシュラの術中にはまったということなのだけど、それに気づかないふりをしている自分も分かっているのでした。

 

そしてシーナはアシュラが好きだからここに残ったとレスリーに伝えます。

レスリーの顔がぱあっと明るい笑顔になりました。

二次試験に不安をおぼえるレスリー

レスリーとコンラッドは庭園を歩いていました。

 

コンラッドがアラベーラ祭について説明をします。

他国のアラベーラ祭は8年ごとに開かれるのに対して、ルーカディウス帝国は4年ごとに開催していると説明するコンラッド。

 

次の二次試験を通過した20名の候補者たちが最初の司祭としてアラベーラ祭の最終日に儀式を行うのです。

 

レスリーは二次試験についてどんな試験か想像がつかないと不安を口にしました。

15日間も何をするのかと尋ねると、今回の試験はいつもと違った内容だとコンラッドが言います。

 

最初の司祭たちが示した「献身」を見ると聞いたレスリーは、可視化できない評価基準で公正に評価できるのかと疑問を呈しました。

 

コンラッドはそれは問題ないだろうと答えます。

そして、今回の二次試験はかなり厳しいと聞いていると言うのでした。

 

案内通知に、辞退できると書いてあったことを思い出し、どんな試験なのかと不安を拭いきれないレスリー・・・。

怪物公爵と契約公女64話の感想&次回65話の考察予想

レスリーはアシュラのためにアラベーラに絶対なってみせると意気込んでいますが、自分の身に降りかかることは知りません。

 

多分、レスリーが選ばれると思いますが、それがどれだけ危険なことなのか、知った時どう思うのでしょうか。

レスリーのことだから、サルバトールの一員として自分も戦うと言うと思いますが・・・。

 

行方不明になっているスペラード侯爵も気になるし、エリーとも顔を合わせるような気もするし、次の展開が待ち遠しいですね。

レスリーの闇の力も見てみたいです。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』64話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

レスリーは最初の司祭の二次試験も意気込んでいますが、アラベーラ祭も楽しみにしています。

でも二次試験は15日間という長い期間をかけてどんなことをするのか、想像もつかないレスリー。

やはり不安を覚えているのでした。

 

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら