ボスは元カレくんのネタバレ&感想

漫画「ボスは元カレくん」は原作・漫画YU-RANG HAN先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ボスは元カレくん」41話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

コムシンとヨンハの職場に新入社員として新しい男性が来ることになりました。

その男性とは、ヨンハの母親を殺害した男の弟。

何かを企み入社してきたようです。

≫≫前話「ボスは元カレくん」41話はこちら

ボスが元カレくん41話の見どころ・考察予想

付き合うことになったコムシンとヨンハ。

ヨンハは今までの思いが叶い、嬉しくて常にコムシンと一緒にいたいと思っています。

新入社員ラビが入社してきますが、若くてイケメンというだけで、独占欲丸出しでラビに冷たく当たります。

 

ラビの歓迎会を開きますが、車で帰る途中、惹かれた猫を見てしまうヨンハ。

血を流している猫に過去の事件がフラッシュバックし、急ブレーキを踏んでしまい後続車と衝突事故を起こしてしまうのでした。

ボスは元カレくん41話のネタバレ込みあらすじ

新入社員として新しい男性がコムシンとヨンハの働く1号店へ入社してきました。

ヨンハは男と言うだけでコムシンに近づかないか心配です。

 

ヨンハは、店長室へコムシンを呼び出します。

コムシンをひょいと抱き上げデスクへ座らせるヨンハ。

突然の事にコムシンは恥ずかしくなってしまいます。

 

ヨンハは、『会社でこっそりとこんなことするのワクワクしませんか?』とコムシンを誘います。

『新入社員もいるのにそんなことダメだ』と断るコムシンですが、ヨンハも引きません。

 

『チューしてもいいですか…?』

突然のヨンハの発言にコムシンはドキドキが隠せませんでした。

 

『黙っていたらOKだとみなしますよ?』と言いながらチュッとコムシンにキスをしました。

『またキスしてもいいですか?』と言いながら、さらに熱いキスをするヨンハ。

新入社員も外にいる所でこんなに激しいキスをして、どうにかなりそうなコムシンでした。

 

ヨンハは、『4年前付き合っていた頃はリードしてもらっていたけど、今は大人になって上手になったと思いますが…』とさらにコムシンを誘います。

 

ですが、コムシンは我に返り、新入社員に長時間レジを任せるわけにはいかないとストップをかけるのでした。

敵意むき出しのヨンハ

その夜、焼肉店でラビの歓迎会をすることに。

ラビは、ヨンハに『最初は一気ですよ!』とけしかけます。

ヨンハは車があるからと断りますが、『僕の歓迎会なので1杯だけ!』と笑顔で勧めます。

 

ですが、ヨンハは、無理やり飲ませるのは好きではないときっぱり断り、コムシンとイチャイチャしようとするのでした。

 

ラビは、コムシンに年齢を尋ねます。

34ですと答えるコムシンに、自分は26歳だと答えます。

『20代なんて、道理で若く見えますね』と言うコムシンに、30代のヨンハはヤキモチを焼くのでした。

 

ラビはさらにヨンハへ仕掛けます。

焼肉でヨンハが食べようとしたものを、寸前でひょいと取り上げます。

しかも、1度だけではなく何度も何度も。

 

明らかにわざとやっていると思ったヨンハは、ラビに『マイナス3点です』と言い渡しました。

ヨンハは、言い忘れていたけど、うちの会社は飲み会も残業に含まれるから、君は今残業扱いです、と取ってつけたように付け加えるのでした。

 

バチバチした雰囲気に、コムシンはトイレに行ってくると席を外しました。

トイレで、今日の昼間の熱いキスを思いだすコムシン。

”ヨンハが大好き”と思う気持ちが、お酒も入ってとてもいい気分になりました。

ラビがコムシンに手をかける…?

トイレを出ると、ラビが立っていました。

コムシンにちょっと話があると言うラビ。

 

いきなり、コムシンを突き飛ばし、転倒させ、馬乗りになってコムシンの首を絞めます。

コムシンには何も恨みはないけど、一番大切なアンタを傷つけ、悲しがるヨンハを見なきゃいけない。

コムシンが死んでくれたら、兄さんと別れずに暮らせるんだと首を絞め続ける・・・・。

 

となる状況をラビは想像しますが、実際はまだ実行するのは早いので何事もないように話しかけます。

ラビは、今はいい人のフリをしているけれど、ヨンハが自分の悪の部分を引き出したんだと、ニヤリと笑うのでした。

 

食事後、2次会に行こうと誘うラビに、ヨンハは早く帰宅するように言います。

ラビは、僕の家に行きましょう!と引き下がりません。

 

ヨンハは無視し、コムシンに送るから車に乗るように言いますが、ラビも無理やり後部座席に乗ろうとします。

ヨンハはタクシーで帰りなさいとラビにお金を渡し、コムシンと帰ってしまうのでした。

 

ラビは、家で一人になりたくないのに…と深いため息をつくのでした。

ヨンハが事故を起こしてしまう

帰りの車の中で、コムシンは、ラビも乗せてあげればよかったのに、と言いますが、自分はコムシン専用の運転手だから他の人は乗せませんときっぱり言い切ります。

 

そして、今日は一日中3人だったから二人きりになりたかった、と手を繋ぐのでした。

 

運転していると、道に猫が惹かれて血を流して倒れていました。

ヨンハは血を見てしまい突然急ブレーキを踏んでしまい、後ろから来ていた車と接触してしまいました。

 

血を見たヨンハはブルブルと震えていて、異常な位おびえています。

コムシンはもしかして病気なのかもしれないと心配になるのでした。

ボスは元カレくん41話の感想&次回42話の考察予想

ラビが入ってきて、一気にヤキモチの塊となってしまい、独占欲丸出しになってしまったヨンハ。

ちょっと行き過ぎでは…と思うくらいラビに冷たかったですね。

ですが、ラビはコムシンの事を殺そうと狙っているのでそれくらいでちょうどいいのかもしれません。

 

最後に玉突き事故を起こしてしまいますが、大丈夫でしょうか。

変なトラブルにならない事を祈ります。

まとめ

今回は漫画『ボスは元カレくん』41話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ラビの殺害する想像のシーンはリアルに怖かったですね。

実現しないといいのですが…。

これからの展開で和解するといいなと思います。

 

≫≫次回「ボスは元カレくん」42話はこちら